股関節をほぐして脚やせ!「猿王のポーズ」

股関節の柔軟性が求められる「猿王のポーズ」。
サンスクリット語では「ハヌマーンアーサナ」と呼ばれています。
今回はヨガインストラクター岡清華監修の動画で「猿王のポーズ」の効果とやり方をご紹介します。

 

股関節の柔軟性が求められる「猿王のポーズ」。
サンスクリット語では「ハヌマーンアーサナ」と呼ばれています。
今回はヨガインストラクター岡清華監修の動画で「猿王のポーズ」の効果とやり方をご紹介します。

「足腰が疲れやすい」
「下半身のむくみが気になる」

「猿王のポーズ」はそのような方にオススメです。

「猿王のポーズ」の効果

足腰の疲れ・むくみ解消

脚を前後に大きく広げる「猿王のポーズ」。
ヒップと脚の筋肉が刺激されることで、溜まっていた老廃物が流れ出します。
股関節の柔軟性は脚やせの第一歩です。

骨盤の歪み改善

骨盤を立てることで日常生活で歪んでしまった骨盤の位置を元に戻していくことができます。
骨盤の歪みはスタイルの崩れなど、身体全体に影響を及ぼします。
少しずつ骨盤の歪みを解消していくことが大切です。

How To

STEP1

四つん這いになり、膝を伸ばしてかかとを床につけます。
手で床をつよく押し、お尻を頂点に身体でくの字を作ります。
「ダウンドック」のポーズです。

STEP2

右脚を天井に向けて高く上げます。

STEP3

ひざをお腹に引き寄せ、足を手と手の間に入れます。
膝を伸ばして骨盤を立てます。

<POINT>
膝裏を痛めやすい姿勢です。
最初から完璧を目指さず、痛みのない範囲で徐々に柔らかくしていきましょう。

STEP4

姿勢を正して胸を張り、合唱して腕をあげます。
目線は上を向き、猿の王様のポーズです。

STEP5

手をついて右足を後ろへ戻し、再び「ダウンドック」のポーズ。

STEP6

右足を再び高く上げてストレッチ。

STEP7

反対も同様の手順で猿の王様のポーズを取ります。

STEP8

最後に四つん這いに戻り、身体を前に倒します。
「チャイルドポーズ」でリラックス。


 

いかがでしたか?
最初のうちは股関節がうまく伸びないかもしれませんが、続けて練習していくことで徐々にほぐれていきます。
股関節がほぐれると日常生活でも足が疲れにくくなり、元気に活動することができるでしょう。

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード