ヨギー必見!おしゃれヨギーのオススメヨガマット3選とヨガウェアオススメ

ヨガマットやヨガウェア、ちゃんと選んでますか?
ヨガを始めるなら、まずはしっかりとマットとウェアを選びましょう。
ヨガや筋トレ、ダイエットを自宅でする場合、怪我ややりやすさ、モチベーションも考えて、ヨガマットやヨガウェアを買うことをオススメします。
楽しくヨガをするためにも!ヨガマット選び、ウェア選びをしっかりと。

ヨガをやってみたい!自宅でダイエットしたい!筋トレを始めたい!
そうなっても悩むことといえば。。。

・ヨガマットの選び方がわからない
・ウェアはどんなものがいいの?

始めてみたいけどどうしたらいいのかわかりませんよね。
そこで今日は、ダイエットに最適でおしゃれなヨガマットやウェアの選び方を紹介していきます。
ヨガや筋トレ、ダイエットを自宅でする場合、怪我ややりやすさ、モチベーションも考えて、ヨガマットやヨガウェアを買うことをオススメします。
楽しくダイエット・ヨガをするためにも!ヨガマット選び、ウェア選びをしっかりしていきましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード
初めてのヨガにオススメ。ヨガの動きが満載。

ヨガマットの選び方とオススメヨガマット

まずはヨガマットの選び方から勉強していきましょう!
目的や実施内容によっても変わっていきます。

 

なんでヨガマットがいるの?

ヨガマットは怪我をしないため、ポージングの安定性、自身のモチベーションを考えるとあると頑張れると思います!
また、汗を吸収してくれるのも良いところですね。
使っていると臭くなってしまうこともあるので、自宅中心であれば、アルコールを用意するようにしましょう。

とにかく命は「滑らないこと」

・筋トレの場合
衝撃が強かったり、当たっている箇所が悪いと身体を痛めることもあります。
強い筋トレをしていると、身体が滑って変に曲がってしまったり、力の入り方が変わってしまうので、気をつける必要があります。
・ヨガの場合
座りのポーズでいくと坐骨(お尻のコリコリした部分)がそのまま床に当たるので、痛めてしまうこともありますし、立ちのポーズやヨガのポーズの安定性の観点でも必要です。
キープする動きが多いので、特に滑らないマットを慎重に選ぶ必要があります。
多少高くても、グリップ力が高くて良いものを選ぶことが大事!

どれくらいの厚さが必要?

一般的には、5mm前後のマットを選ぶのがベターかと思います。
1mmだと軽量で持ち運びはとっても便利ですが、自宅の床が硬いとちょっと痛いかもしれません。
軽さと重さの両立の意味では、5mmいかないくらいがちょうどいいかも。

 

ヨガマットのオススメ3選

グリップ力・価格・滑らないマット。
コスパも考えると一番のオススメです。

 

動画を見ながらヨガマットを購入できます。

その⒈ おしゃれヨギーのYoga Design Lab

まずはYoga Design Labのおしゃれマット。
ポリゴン柄でレインボーカラーがおしゃれ。
機能面も優れているのが特徴で、ちょっと値は張りますが、オススメです。

フォトジェニックなデザイン性

比較的軽くて持ち運びやすいので、置きマットではなく、外行きでも使えるマットになっています。
また、そのデザインの豊富さは素晴らしいです。
写真のようなフォトジェニックなデザイン性が特徴になっています。
馴染むまでは滑りやすいのでちゅういは必要ですが、馴染んでくればYoga Design Labのマットは滑りにくいのも特徴です。

洗濯もできるヨガマット

ヨガをやっていると汚れたり、筋トレで汗を書いたりしますよね。
そんなときでも洗ってまた使えたりします。
吸水性も高いので、汗を吸ってくれるのも特徴です。

 

 

その⒉ 本格派ヨギーのManduka

ヨガの先生もよく使っているManduka。
Mandukaは世界中で有名なヨガブランドの1つです。
本格派のヨギーが使っていますし、選んで間違いなしです!

 

圧倒的なグリップ力

Mandukaのマットの特徴はその軽さにあります。
少し重みはありますが、グリップ力も高いので「持ち運べるプロマット」ですね!
有名なスタジオには結構置いてあります。
自分のマットを持ちたいならこれもとってもオススメです。
1mmですと床が薄いと痛いので、3.5-5mm程度の範囲がオススメ。

 

 

その⒊ 初めての方のヨガマット

ヨガマットを選ぶのに、まずは安価なものから!ということであればこちらがおすすめです。
非常に安い、、、!
色が綺麗で厚みがあるのが特徴です。
普通のヨガマットを使っていて膝が痛い!という人にはオススメです。
ただ、足が沈んでしまうので、ポージングはちょっとしづらいので、コスパで選ぶなら!というところですね。

 

ウェアーもおしゃれに

ヨガウェアーの選び方

ヨガウェアで大切にしたいのは「サイズ感」「着心地」「タイトさ」です。
サイズ感は洋服と一緒ですね。
着心地は意外と大事で、服は自分が着ていて気持ち良いこと、テンションが上がることも大事です。
動いててめくれたりするのが気になることも多いので、適度なタイトさが必要です。
ウェアによって可動域が狭くならないように、スリットが入ってるものや動けるようにデザインされているものなど選ぶとより良いと思います。

ヨガウェアーのオススメ- Julier –

オーガニックコットンを使った素材感が気持ちよいウェア

機能性とデザイン性

Julierはヨガの動きにあった機能面とデザインがされているオススメブランド。
天然素材の素材感はもちろん、ウェアで大事なのはやっぱり動きやすさ。
ゆるっとしたおしゃれさにも関わらず、動いている時もめくれず安心して動くことができます。
自由自在に、ファッションを楽しみたい人、本格ヨギーにオススメ。

Julier購入はこちら

https://www.julier.jp/

 

ヨガウェアーのオススメ – Purushana –

本場インドのヨガウェアー

Purushanaは本場インドで仕入れた素材感を生かしたウェアが特徴のヨガウェアーブランド。
気持ちいいヨガウェアです。
独特のデザインが特徴で、聖地リシケシのエネルギーと共に来るインスピレーションは商品の制作に取り入れているそうです。
気持ちいい着心地と他にはないデザインで一歩上の上級コーデに。
アラジンパンツも可愛くてオススメです。

Purushanaの購入はこちら

Purushana

ヨガウェアーのオススメ – RealStone –

女性らしさを演出するヨガウェア

RealStoneは女性らしい、柔らかなラインを演出してくれるウェア。
心と身体を心地よく結んでくれる高機能素材と質感が特徴です。
デザインの幅も広く、ファッションとしても楽しめる。
個性的なものから定番までありますし、汗が残りにくいものなどもあるのでオススメです!

RealStoneの購入はこちら

RealStone

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード