簡単3分で産後の腰痛を改善!忙しいママに嬉しい「産後ヨガ」

育児で忙しいママでもお家で簡単に腰痛を改善できる「産後ヨガ」をご紹介。1回3分でできる「産後ヨガ」は腰回りの血行を促すので、腰痛や冷え性の改善が期待できます。

 

出産によって大きく開く骨盤。
産後徐々に閉じていく骨盤ですが、骨盤の歪みは自然には戻りません。
放っておくと、慢性的な腰痛の原因になることも。
今回は育児に追われがちなママのために、腰の痛みを改善する簡単ヨガをご紹介します。

 

「赤ちゃんを抱っこしていると腰が痛くなってしまう」
「育児に追われて自分のボディケアにかける時間がない」

 

手軽にできる「産後ヨガ」はそのような方にオススメです。

「産後ヨガ」の効果

骨盤矯正

出産で大きく開いた骨盤は、産後3、4ヶ月かけて徐々に元に戻っていきます。
この時に骨盤が左右で歪んでいると骨盤がうまく閉じられず、腰痛などの原因となってしまいます。
産後は骨盤が緩んでいてゆがみを矯正しやすいので、「産後ヨガ」で元の位置に矯正していきましょう。
腰回りの血行促進

骨盤のゆがみなどで腰回りの血の巡りが停滞すると、ぽっこりお腹や下半身のむくみの原因になってしまうことも。
血の巡りが良くなると身体が内側からポカポカしてくるので、冷え性にも効果的です。

 

産後ヨガのやり方

産後ヨガの注意点

出産後一ヶ月以内は「産後ヨガ」を行わないでください。
また、「産後ヨガ」を行う際は医師の許可を得てから、無理をせずに行ってください。

産後ヨガのSTEP1

足を右側に崩してお姉さん座りで座る。

産後ヨガのSTEP2

右足を左足の外側に置きます。

産後ヨガのSTEP3

左手を大きく回し、右の太ももに引っ掛けます。

産後ヨガのSTEP4

左手で左ひざをつかみます。

産後ヨガのポイント

できる人は足首を持ちます。

産後ヨガのSTEP5

右を向いて体をねじります。

産後ヨガのポイント

5から10回深呼吸します。

産後ヨガのSTEP6

ゆっくりと体を戻します。

産後ヨガのSTEP7

反対側も同様に行います。


 

いかがでしたか?

出産時の骨盤のゆがみは放っておくと簡単には元に戻らなくなってしまいます。
育児で忙しい中でも気軽に取り入れられる簡単ヨガで腰痛を予防していきましょう。

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード