【ヘッドスタンドができるようになる方法】ヘッドスタンドのコツと練習のやり方

ヘッドスタンド、なかなかできない!そんなあなたのためのヘッドスタンドの練習方法とやり方、コツをまとめてみました。ヘッドスタンドってどうやったらできるようになるの?体幹や筋肉もそうですし、太ももの柔軟性も必要になる、みんなの憧れのポーズのヘッドスタンド。でも鍛えていけば誰でもできるようになります!鍛え方も!

ヘッドスタンドってどうやったらできるようになるの?
みなさん憧れのヘッドスタンドの方法とコツを今日は紹介します。
体幹や筋肉もそうですし、体の柔軟性も必要になる、みんなの憧れのポーズ。
ヘッドスタンド、超難しいです、でも鍛えていけば誰でもできるようになります!そのための、ヘッドスタンドのやり方と効果について見ていきます。
練習の仕方も書いてるので、ぜひやってみてください!

 

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

ヘッドスタンドのコツ

ヘッドスタンドに必要な筋肉

ヘッドスタンドは上半身

ヘッドスタンドは上半身の筋肉を強く使っていく運動です。
特に広背筋・腕・腹筋を使っていくので、上半身を強く鍛える必要があります。
体をまっすぐ天井に伸ばしていく際に、腹筋と背筋がないと倒れてしまいますので、しっかり鍛えていきましょう。

ヘッドスタンドは体幹

また、ヘッドスタンドは体幹が大事な運動です。
体幹が安定すれば、ふらつくこともありません。
逆転のポーズ全般に言えることですが、体幹をしっかり鍛えることが大事なんです。

太もも裏(ハムストリングス)の柔軟性

頭から足先まで一直線になるヘッドスタンドでは「太もも裏の柔軟性」も大事です。
あまり重要視されてませんが、動画を見てわかる通り、頭肘をつけて前に歩いていきます。

この時、太ももの裏側の柔軟性が柔らかくないと、背筋が曲がってしまうか、十分近づけずに足が上がりません。
ヘッドスタンドはこのやり方が一番安全かつやりやすいので、太ももの裏の柔軟性も手に入れましょう。

ヘッドスタンドの練習方法

その1.上半身のトレーニング

ブリッジは上半身トレーニングには最適。
腕、背筋を使って身体を持ち上げていきます。
自分の体重をさせるトレーニングになりますし、自宅でもできるのでやってみましょう。

その2.体幹を鍛えるヨガ

体幹を鍛えるには「ニートゥノーズ」がオススメ。
お腹を中心に体幹の安定性がとっても大事なポーズです。
また、太ももの裏側を上げていく時にストレッチできるので、太ももの裏側の柔軟性にもGood!

その3. ヘッドスタンドの練習編:コツをつかむ練習方法

危険ではない、ヘッドスタンドの練習方法を見ていきます。
ヘッドスタンドの一番の障壁は実は「恐怖」。
倒れたら痛いな、どこまでいったらたおれるかわからないな、という恐怖心が一番多いんです。
安全に恐怖心を取り除いていくのがこちらの練習方法。
何度かやってからヘッドスタンドに取り組むとやりやすくなります。
 


以上、ヘッドスタンドのやり方とコツを見ていきました。
ヘッドスタンドはいきなりはできるようになりませんし、安全に留意して行うことが大事。
筋力をしっかり鍛えて、コツをつかむための練習をやっていきましょう。
ヨギーの憧れ、ヘッドスタンドで身体と心の軸の安定を!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

【監修】

ヨガインストラクター:岡清華
ヨガインストラクター:西畑亜美
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

ヘッドスタンド以外の逆転のポーズの方法

【動画】眠りに良い、鋤のポーズのやり方

アンチエイジングヨガの肩立ちのポーズのやり方と効果

5歳若返り!アンチエイジングヨガの肩立ちのポーズのやり方と効果

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード