肩こりを和らげたいあなたに!肩こりは肩甲骨が大事って知ってた?

「肩こりが重くて辛い」「パソコン作業で肩が酷い」そんな方のための簡単肩甲骨ほぐしのやり方を紹介します。
肩こりは辛いけど、忙しすぎて時間も取れない。
そんなあなたのための、1日5分だけちょっとの時間肩こりリリースのための時間。
簡単肩甲骨を寄せたプッシュアップの方法を紹介します。ちょっとの時間だけ、頑張ってみましょう。

「肩こりが重くて辛い」「パソコン作業で肩が酷い」そんな方のための簡単肩甲骨ほぐしのやり方を紹介します。
肩こりは辛いけど、忙しすぎて時間も取れない。
そんなあなたのための、1日5分だけちょっとの時間肩こりリリースのための時間。
簡単肩甲骨を寄せたプッシュアップの方法を紹介します。
ちょっとの時間だけ、頑張ってみましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

肩甲骨ほぐし肩こりに良いのはなんで?

肩甲骨と肩こり

肩甲骨の役割

肩甲骨は「頭を支える」「重いものをもつ」というのが特徴で、とっても体にとって大事な部位です。
繋がっている部位も多く、背中から脊柱、胸、胸骨、肋骨や鎖骨に関係していきます。
肩がこる、という時には、肩甲骨が凝り固まっているケースが多く、頭も下がってしまい、結果肩も首もこることがありますので、早めの対策が必要なんです。

肩甲骨と肩こり

肩甲骨と肩こりは関係なさそうに見えてとっても関係性が高いんです。
みなさんも座りながら、少し肩甲骨を寄せてみてください。

肩甲骨を寄せてみると、胸が開き、猫背だった背中もしっかりと張ることができると思います。
肩甲骨が広がっていっしまうとどんどん背中も丸まり、血の流れが悪くなっていき、背中の見た目も美しくないので、気をつけたいところ。
肩こりの血流をしっかりほぐす、パソコン作業で丸まった背中をほぐす、これが大事。
ストレッチや運動で、しっかり動かしていきましょう。

デスクや休憩中にサクッと肩甲骨ほぐし

 

肩甲骨をしっかり動かし肩こり対策

肩こり対策のエクササイズのやり方

やり方1. 四つん這い

手を前に着いていきましょう。

 

やり方2. 両足首を交差

足を組んで交差させます。
これによって少し安定します。

 

やり方3. 膝をついたままプッシュアアップ

通常の腕立て伏せですと、膝を伸ばしますが、結構やるの大変です。
膝をついたままやることで、比較的強度は下がります。

 

プッシュアップの際には、しっかり肩甲骨を寄せることを意識しましょう。

 

 

やり方4. 回数は10回ほど 

回数は10回、1日2〜3セットやってみるのがベターです。

 

やり方5. プッシュアップ後に肩甲骨をほぐす

さらに肩甲骨をほぐしていくためにも、手を広げて、ぐーっと肩甲骨を寄せていきましょう。
胸を張って、肩甲骨同士が引き寄せられるイメージで。

やり方5. さらに肩甲骨を寄せていく

もっと深くいきたい方は、さらに肩甲骨を寄せていきましょう。
手を組んで後ろに後ろに手を引っ張っていくように。

 

合わせてやる!肩こり対策の方法

背筋運動と肩甲骨の運動

 


 

以上、肩甲骨をほぐす方法を紹介してきました。
肩甲骨は肩こりにも良いですし、猫背や腕、様々な箇所に関わってきます。

【監修】

ピラティスインストラクター:先崎かすみ
パーソナルトレーナー:斉藤隼生
ヨガインストラクター:浅野佑介
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

合わせてやりたい!肩こりの方法

【動画】肩こりを和らげる方法:お風呂でやりたい肩甲骨ストレッチ

辛い肩こり放っておいて大丈夫?肩こりを軽減するヨガ:ひばりのポーズのやり方

辛い肩こり放っておいて大丈夫?肩こりを軽減するヨガ:ひばりのポーズのやり方

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード