骨盤の歪みを解消して痩せ体質!簡単骨盤矯正ダイエットとは?

骨盤の歪みがダイエットに効果的って1度は聞いたことがあるかと思います。 でも、本当にそれが効果があるのかわからないですよね! 今回は骨盤の歪みとその効果、そして骨盤矯正ダイエットの方法を紹介していきます。 骨盤矯正は1日

骨盤の歪みがダイエットに効果的って1度は聞いたことがあるかと思います。
でも、本当にそれが効果があるのかわからないですよね!
今回は骨盤の歪みとその効果、そして骨盤矯正ダイエットの方法を紹介していきます。
骨盤矯正は1日してならず!毎日の習慣でしっかり骨盤を矯正してあげましょう。
ぜひ動画を見ながらやって見てください。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

目次

骨盤が歪む原因とそのデメリットとは?

骨盤が歪む原因

その1. 座り方で骨盤が歪む

仕事をしている時に、どんな姿勢でやってますか?
パソコンで作業をする時、常に同じ姿勢になってないでしょうか?
骨盤は片側だけに体重がのっていたり、足の組み方が同じだと歪んでしまいます。
座っているだけでも気をつけていくことが大事なんです。

その2. 重たいバッグを片側で持っていると骨盤は歪む

重たいバッグを片側で持つと、同様に歪んでいきます。
姿勢をただした時に、肩の高さが全然違う!なんてことありませんか?
毎日の習慣で、どんどん歪んでいきます。
気をつけてやっていきましょう。

その3. 猫背が実は骨盤にとって大敵

猫背は骨盤と大きな関わりがあります。
猫背になると、身体の内側、内臓が下に下に押し込まれていってしまいます。
そうなると、お腹も出て骨盤も開くので、下半身デブになってしまうんです。
下半身を痩せていくためには、スクワットのような運動はもちろんですが、骨盤ケアも大事。
猫背にならないよう、背中の力をつける、姿勢を正しく保つようにしましょう。

その4. お腹の筋力が弱い

骨盤を支えるのは「腸腰筋」と「大腰筋」がメインです。
お腹の骨盤を引き込む際に使う筋肉です。
骨盤を立てること、お腹の力を使うことを意識することをオススメします。
腹筋の中でも、腸腰筋や大腰筋を使うものを中心にやっていきましょう。

骨盤が歪むデメリット

その1. 骨盤が開くとお腹&下半身デブに

骨盤が開いてしまうと、内臓が下がっていきます。
そうすると、お腹が出るだけではなく、「下半身」にお肉が寄っていきます。
これによって太ももが太ってしまうんです。
太もも痩せのダイエットには実は骨盤が大事なのを忘れずに!

その2. 肩こりや腰痛にも骨盤の歪みはよくない

骨盤の歪みは姿勢と大きな関わりがあります。
姿勢が歪んでいるというのは、背骨や筋肉にも歪みが生じている状態です。
そうなると血流が悪くなり、身体の「こり」を引き起こしやすくなります。
骨盤が歪んでいると、背骨も曲がってしまうので、気をつけていきましょう。

その3. 代謝が下がるのでダイエットしづらい

2にも通じますが、血流が悪くなると代謝が悪くなりがちです。
また、仙骨部分はリンパなので、血液の流れにも骨盤の歪みは大きく関わる!
骨盤の歪みを解消して体全体、痩せ体質にしてダイエットしていきましょう。

その4. 便秘がちにもなるのが骨盤の歪み

骨盤の歪みは便秘にも関わりがあります。
特に骨盤が開いてしまっている状態だと、腸が下垂して働きが悪くなります。
これによって、便秘やお腹の調子を悪くしてしまう可能性があります。
骨盤の歪みはダイエットだけではなく、健康面でも危険性が高いと言えるでしょう。

骨盤を整える方法

私生活で骨盤矯正ダイエットの方法

その1. 座り足は組み替えることで骨盤矯正ダイエット

座っている足は定期的に組み替えていきましょう。
これだけでも歪んだ骨盤矯正の効果があります。

その2. ハイヒールを止めるのが骨盤矯正ダイエット

骨盤矯正なら、ハイヒールを履くのは得策ではありません。
おしゃれとの兼ね合いですよね、、難しいところです!
骨盤は「開いている状態」を避けたいんですが、ハイヒールを履くと骨盤は開きやすいんです。
これは「外側に脚が外旋しがちになる」のが問題です。
外側ばかりに力が入り、ガニ股のような状態になります。
歪んだ骨盤を気にされる方は、脱・ハイヒールをオススメします。

その3. 運動をする、筋力をつける

骨盤の歪みには運動も大事。
特に腹筋や背筋、骨盤を支える腸腰筋や大腰筋を鍛えてあげることを意識してあげましょう。
ダイエットの本質的な効果はもちろん、猫背解消や代謝アップにつながり、骨盤矯正ダイエットにつなげましょう。

ストレッチで骨盤矯正ダイエットの方法

その1. 腸腰筋・大腰筋を鍛える骨盤矯正ダイエット

骨盤矯正のダイエットは、大腰筋や腸腰筋だとっても大事なんです。
腸腰筋や大腰筋を鍛えるには、骨盤を引き込んでいく動き。
前後に動かして、しっかり骨盤を中に入れ込んでいくようなイメージで身体の前に持っていくように意識していきましょう。

その2. 背筋を鍛える骨盤矯正ダイエット

背筋運動は「猫背にならない」対策で必要です。
猫背は「楽だ」と感じるのがポイントで、猫背のままにしておくのが楽だとついついそのままに。
そうならないように、筋力をつけること。
毎日の運動に腹筋だけではなく、背筋も取り入れていきましょう。

その3. 内側にする!骨盤矯正ダイエット

内もも寄せた上下運動は、外側に開いている骨盤を内側に寄せる運動です。
内側に寄せていくことによって、外旋していた太ももから骨盤にかけてを内側に戻してあげましょう。
比較的簡単ですので、1日5回3セットを目安にやってみてください。

骨盤底筋群を鍛えてあげる!骨盤矯正ダイエット

骨盤底筋群とは?

骨盤底筋群とは

骨盤底筋群は、骨盤の最終門番!
内臓を支える、とっても大事な臓器です。
特に出産のあとは筋肉がダメージを受けているので、尿もれなども起きやすいので注意が必要なんです。

骨盤底筋群の果たす2つの役割

1. 内臓を支える

まずは内臓を支えるのが骨盤底筋群の役割です。
最下部に位置するので、内臓を下で支える大事な臓器なんです。
姿勢を綺麗にする上でも重要な部位なんです。

2. 排泄を助ける、月経コントロール

骨盤底筋群は排泄の上でも重要な役割を果たしています。
骨盤底筋群は出産後、緊張が緩んでることが多く、尿もれを引き起こします。
通常だと、排泄時には、骨盤底筋群が支えてくれているんです。
骨盤系はダイエット効果はもちろん、健康にもとっても良いので、ぜひ自宅で動画を見ながらやってみてください。


 

以上、骨盤矯正ダイエットの方法とその効果についてみていきました。
骨盤の歪みは、一夜で解決できるものではありません。
習慣的に、毎日の生活でも、しっかり骨盤を鍛える、猫背を解消する、お腹の筋力をつけるといった運動が大事。
簡単にできる骨盤の歪み解消のためのヨガやストレッチ運動が中心です。
ぜひ、骨盤矯正ダイエットで骨盤のゆがみを解消してみてください!

【監修】

ピラティスインストラクター:先崎かすみ
パーソナルトレーナー:Sara
ヨガインストラクター:Chiho
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

合わせてやりたい!骨盤のゆがみ解消のためのヨガ

【動画】舟のポーズで腸腰筋!骨盤に良いダイエット

骨盤の歪みが原因?!骨盤矯正で解消「なんでダイエットしてるのに痩せないの!?」

骨盤の歪みが原因?!骨盤矯正で解消「なんでダイエットしてるのに痩せないの!?」

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード