テレビを見ながらできる!簡単セルフ足裏マッサージ

全身のツボが張り巡らされているにもかかわらず、普段見落としがちな足の裏。今回はテレビを見ながらでもできるセルフ足裏マッサージのやり方をご紹介します。より効果を高めるために、足を温めてから行うのをおすすめします。

 

第二の心臓と呼ばれる足の裏。
足の裏は足底筋や足底靭帯などがあり、土踏まずを作ったり、全身の重量を足の裏全体に分散させる役割を果たしています。

疲れが出てきたり、程よく使えていない場合、足の裏の筋肉が固くなってつりやすくなったり、偏平足や偏ったイボ・うおのめが出来たりすることも。
足の裏は強くおしてあげても大丈夫な部分なので、足を温めてから指も忘れずに刺激していきましょう。
また、ツボを刺激することで身体の特定部位の血行を促進することもできます。

 

「最近足がつることが多くなった」
「扁平足がコンプレックス」

 

今回ご紹介する足裏マッサージはそのような方におすすめです。
それでは早速やり方を見ていきましょう。

How To

STEP1

右ひざを立てて、左足の裏に右かかとを置きます。

STEP2

かかとに重心をかけて左足の裏を踏みます。

<POINT>
足裏を全体的に踏んでいきます。

STEP3

反対も同様に行います。

<POINT>
足の指を踏んだりしてもOK。

 


 

いかがでしたか?
足の裏を刺激するだけで体がポカポカ暖かくなってきたのが感じられたでしょうか。
足の裏には指先まで全身に対応するツボが密集しています。
こまめにマッサージをして血の巡りを促していきましょう。

 

【監修】

鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード