鋤のポーズ(ハラアーサナ)で睡眠の質が高まる!ヨガの鋤のポーズのやり方と効果

睡眠の質・不眠症への効果があるヨガ、鋤のポーズ。血行改善や代謝もアップし、老化防止にも繋がっていきます。寝つきが悪い、眠りが浅い、朝起きても眠いと言った症状が続く際には、ぜひやってみてください。

春は新しい出会いで緊張してストレスがたまるもの。

朝起きても調子が悪い、疲れているのに寝付けないあなたに。

不眠症解消と疲労回復で、心地よい睡眠と快適な目覚めで、健康的な生活をキープしていきたいですね。
今回はヨガインストラクターの、岡清華が伝授する「1日1分で睡眠の質が高まるヨガ」をご紹介します。

全身の代謝があがるので、血行が良くなり体の流れやリンパの流れを良くして質の高い睡眠・老化防止に繋がっていく運動です。

動画を見ていただくとわかる通り、体の負担は大きいので、首や腰に不安がある方はやめておきましょう。

普段は重力で下がっている内臓器官を刺激してくれるので、血行改善にも繋がっていきます。

では、やり方をみていきましょう。

全身をほぐして疲労回復☆血行を良くする〜鋤のポーズ〜

【全身をほぐして疲労回復☆血行を良くする〜鋤のポーズ〜】デスクワークで疲れたむくいみをほぐす上級ヨガ全身をほぐして体を解放しよう☆【手順はこちら】※ 注意 首に不安がある人・生理中の方は控えましょう⒈ 両足を床と垂直になるまで上げる2.手で腰を持ち下半身を支える3.足先を頭側の床までおろすPOINT バランスを崩さないよう集中4.手を組んで床にひじをつける5.5呼吸ほどキープPOINT 肩甲骨をぎゅっと寄せる6.下半身を支えながら、ゆっくりと体を戻すPOINT 首の硬い人は肩の下に毛布をひいてもOK【監修】ヨガインストラクター: 岡 清華

Lilyさんの投稿 2017年3月2日

 

鋤のポーズのやり方

【注意】 首に不安がある人・生理中の方は控えましょう。ポーズ中は首を動かさないように注意が必要です。

やり方1 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

両足を床と垂直になるまで上げます。

<POINT>睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

腹筋・胸の位置から骨盤に掛けて全体の筋肉が自重を支えるために使われます

やり方2 鋤のポーズ(ハラアーサナ)は手も大事

手で腰を持ち下半身を支えていきます。

<POINT> 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

お腹・背中の筋肉の両方が、足の重さを支えるために刺激されます。

STEP3 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

足先を頭側の床までおろしていきます。

<POINT>睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

お腹・背中の筋肉の両方が、足の重さを支えるために刺激されます。

STEP4 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

手を組んで床にひじをつけていきます。

<POINT> 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

床に足をつけたところで腕を脱力させて、首、肩、背中、お腹、腕に掛けて脱力すると、体重で伸ばされる形になります。

+α効果 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

ゆっくりと足を戻してくる際も、2.~3.と同じく、腹筋・背中に力を入れて足を上げてくる事になるため、体幹部の運動になっています。

STEP5 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

5呼吸ほどキープしていきましょう。

<POINT> 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

肩甲骨をぎゅっと寄せていきましょう。

 

STEP6 睡眠の質を高める鋤のポーズ(ハラアーサナ)

下半身を支えながら、

 

ゆっくりと体を戻していきます。

 


いかがでしたか?
寝る2時間前程度に無理のない範囲でやっていくことで、深い眠りや寝つきが良くなっていきます。
生活習慣も大事なので、生活習慣編も!

睡眠の質を高める方法

睡眠の質を上げる生活習慣

1. 太陽の光を浴びよう

太陽の光は睡眠にとって、大事なものの1つ。
太陽の光は身体のリズムを作ってくれます。
毎朝起きた時に、しっかり太陽を浴びていきましょう。

2. 寝つきはゴロゴロ動くことでGood

赤ちゃんのポーズでお腹痩せ:ガス抜きにぴったりのヨガ

【赤ちゃんのポーズでお腹痩せ:ガス抜きにぴったりのヨガ】身体にたまったもの、体外に!ガス抜きのポーズでお腹痩せ✨【監修】ヨガインストラクター:加藤愛http://lily.media/archives/1974/

Lilyさんの投稿 2017年9月3日

赤ちゃんのポーズでゴロゴロ動く事で、目覚めをゆっくりとさせてあげましょう。
背骨を刺激してあげる事で、自律神経を整える効果も期待できる運動です。

3. 睡眠の質はブルーライトが大敵

就寝前にSNSをついつい見ちゃう。
こうして、どんどんブルーライトを浴びてしまうんです。
気持ちはとってもわかりますが、実はこれが睡眠の質を下げるポイントに。
ブルーライトの「光」が体内リズムを狂わせてしまうので、気をつけていきましょう。

【監修】
ヨガインストラクター:岡清華
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

あわせてやりたい!睡眠の質を高めるヨガ

【動画】朝の目覚めを良くする!ヨガ:ワニのポーズ

寝ながら体の歪みを整える☆ながらヨガ〜ベッド編〜

【寝ながら体の歪みを整える☆ながらヨガ〜ベッド編〜】寝ながらできる!簡単ヨガで体を整えよう☆ベッドヨガ:ワニのポーズ【手順はこちら】⒈ 仰向けに寝て、右ひざを立てる⒉ 左手で右ひざを左側へ倒す3.右手を上にして、体を伸ばす4.右手を肩に置いて、3回〜5回ほど回す5.反対も同様に行う【監修】ヨガインストラクター: yuco 柳 優子 (Yuko Yanagi)

Lilyさんの投稿 2017年2月25日

暑い夏、眠れない夜:不眠を吹き飛ばしてぐっすり眠るための精神統一ヨガ

暑い夏、眠れない夜:不眠を吹き飛ばしてぐっすり眠るための精神統一ヨガ

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード