試してみたい! 布ナプキンのメリット・デメリット

布ナプキンって聞いたことあるけど、実際に使ってみたことはない。
そんな方がほとんどではないでしょうか。漏れてしまうのではないか、洗うのが面倒ではないか…などなど、興味はあるけど不安は多い。そんな方のために、布ナプキンのメリットとデメリットをまとめました。
ナプキンを選ぶ際の選択肢のひとつとして、ぜひ参考にしてください!

皆さんは毎月の生理、どう感じていますか?
生理痛が辛かったり、面倒だったり、ネガティブなイメージを持ちがちだと思います。

そんな方はぜひ一度、こちらの記事を読んでみてください。

今回は生理中を快適に過ごす方法のひとつとして、布ナプキンについて詳しくご紹介したいと思います。

布ナプキンとは


布ナプキンって聞いたことあるけど、実際に使ってみたことはない。
そんな方がほとんどではないでしょうか。

使い捨てナプキンと違って、漏れてしまうのではないか、洗うのが面倒ではないか…などなど、興味はあるけど不安は多い。
試しに使ってみたくても金額が高くて手が出せない。
そんな方のために、布ナプキンのメリットとデメリットをまとめました。
ナプキンを選ぶ際の選択肢のひとつとして、ぜひ参考にしていただければと思います。

布ナプキンのメリット

まずは布ナプキンのメリットについてご紹介します。

布ナプキンはつけ心地が良いのが最大のメリット

布ナプキンは基本的に、天然素材で肌に優しいものでつくられています。
ナプキンは会陰に直接触れるものですから、天然素材のものだと心地よさが違います。

また、使い捨てナプキンはほとんどが石油素材です。
どんなに良質につくられていても、素材そのものは通気性が悪いため、ムレたりかぶれやすくなります。
布ナプキンはほとんどが天然素材でつくられているため、下着をつけているのと同じ感覚で使えます。

実際に使用した方の声では「生理痛が軽くなった」という声が多く、これは布ナプキンを使用することで、子宮を冷やさないためだと考えられます。
長く使用している方では、「トイレの際にまとめて経血が出るようになった」という方もいるそうですから、驚きですね。

洗って繰り返し使えるからエコで経済的な布ナプキン

使い捨てナプキンの代金は、個人差があるとは思いますが年間で考えるとバカになりませんよね。
布ナプキンは一見高いように見えますが、洗って繰り返し使えて、大事にお手入れをすれば耐用年数も長いです。
結果的に使い捨てナプキンよりも安くなる場合がほとんどです。

また、ゴミも出ませんので地球環境にも優しいのが嬉しいですね。

経血をじっくり観察することができるのもメリットの1つ 

布ナプキンは自分で洗濯するため、ナプキンに着いた経血を自分で確認することができます。
そのときの経血の状態を観察することで、自分の身体と向き合うことができ、体調管理に役立ちます。

布ナプキンのデメリットと対策

こんなにいいことづくめに思える布ナプキンですが、デメリットはどうなのでしょうか。
不安要素と対策をご紹介しますので、参考にしてみてください。

ナプキンを洗う手間がかかる

布ナプキンは使い捨てナプキンと違い、自分で洗濯しなくてはなりません。
忙しい方は面倒と思われるかもしれませんが、実はそんなに大変なことではないのです。

使用済みのナプキンは1時間ほど水に浸け置きし、経血が剥がれてきたところをせっけんで手洗いし、脱水して干します。
天日干しがベストですが、できない場合は室内干しでも構いません。

もし血液に触りたくないという方でも大丈夫。
ざるとバケツを使用して、ざるの中にナプキンを入れて水につければ、血液は水より重いので、血液だけがバケツの底にたまります。

もしすぐに洗濯できる場合には、水道水で流したり、押し洗いから始めても大丈夫です。

最初のうちは面倒に感じるかもしれませんが、慣れてしまえば、お風呂のついでにささっと洗えるので、そこまで負担にはならないはずです。

外出先で交換したら持って帰らなければいけない

布ナプキンとはいえナプキンですから、外出先で交換する場合もあるでしょう。
外出時の手入れが面倒だったり、モレが気になるという方は、外出時だけ使い捨てナプキンを使用するという方法もあります。

もし布ナプキンを外出先で交換する場合には、ジップロックなどの密閉できるビニール袋にいれて持ち帰りましょう。
その際、もしすぐに洗える環境があれば、上記のように水道水で流したり押し洗いを簡単にしておくと、洗濯が楽になります。
ですが、なかなか外でナプキンを洗える環境はないと思います。
その場合には、乾いて固まった血液は落ちにくくなってしまうので、血液の面を水で濡らしておくだけでも落ちが違います。
小さなスプレー容器に水(重曹水や、ひとつまみの塩を入れた水だとさらに良いです)を入れておき、血液の面に吹きかけ、ジップロックに入れます。

持ち歩く物を用意する手間がありますが、布ナプキンの心地よさに取り憑かれてもう使い捨てナプキンは使えない!という方でしたら、特に苦にはならないでしょう。

布ナプキンに抵抗がある方はライナーから

そうはいっても、やっぱりナプキンはハードルが高い…という方は、ぜひライナーから使用してみてください。
おりものシートをお使いの方は、会陰部分に常に石油素材を当てている状態ですので、布ライナーに変えることでその効果を実感しやすいでしょう。

私もライナーからの使用を始めているところですが、ちょうどこの季節、体が温まるような心地よさを感じます。
おりものシートを使用しているときは、その感触があって当たり前と思っていましたが、布ライナーをつけた瞬間、下着よりも柔らかく会陰部分を包み込まれているような感触がして、今までのおりものシートの使用感はなんだったのか!と思うほどの違いを実感しました。
ぜひ皆さんも、ライナーでしたらナプキンよりも安価ですし、汚れも経血ほどひどくないので、試してみてください。

布ナプキンのメリットデメリットのまとめ

今回は布ナプキンについて詳しくご紹介しました。

布ナプキンのメリット
・ 布ナプキンはつけ心地が良い
・ ムレたりかぶれたりしにくくなる
・ 生理痛が軽くなる場合が多い
・ 繰り返し使えるからエコで経済的
・ 経血を観察して体調管理に役立てられる

布ナプキンのデメリット
・ 洗う手間がある
・ 外出先で交換した際に持ち帰らなければならない

いかがでしたか?
今回の記事の作成にあたり、布ナプキンとライナーの購入はスペース・ムウさんにご協力いただきました。
スペース・ムウさんでは布ナプキンの販売ではなく普及活動をしており、完成品だけでなく自分で作れるキットも取り扱っています。
自分で縫うことでより一層布ナプキンに愛着が湧き、コストも抑えられますので一石二鳥ですね!
興味のある方は、下記にご紹介していますのでぜひ問い合わせてみてください!

文: 五十嵐ともこ
【監修】
スペース・ムウ代表: 角張みづゑ(https://m.facebook.com/hirogare2econap/
参考文献: ひろがれ ひろがれ エコ・ナプキン(角張光子著/地湧社)

合わせて読みたい!生理の関連記事

【月経コラム】生理と性と女性の話

【月経コラム】生理と性と女性の話

生理痛を和らげたい!弓のポーズのやり方

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード