ベットヨガで寝たまま歪みをリセット!『ワニのポーズ』の効果とやり方

ベットに寝たまま行うことのできるベットヨガ、今回は簡単1分でカラダや骨盤の歪みをリセットしていく『ワニのポーズ』の効果とやり方をご紹介します。ヨガインストラクターyuco監修の動画をみながら、ぜひ挑戦してみてください。

 

特に原因はわからないけれど、肩が凝ったり腰痛に悩まされたりしている方、いらっしゃいませんか?
もしかしたらその原因はカラダ・骨盤の歪みにあるかもしれません。
今回はそのようなお悩みを簡単1分で解消していく、ベットで寝たままできる『ワニのポーズ』の効果とやり方をご紹介します。

「気づくと片足立ちをしてしまっている」
「頬杖をつくのが癖になっている」

今回ご紹介する『ワニのポーズ』はそのような方にオススメのポーズです。
ヨガインストラクターyuco監修の動画をみながら、ぜひ挑戦してみてください。

『ワニのポーズ』の効果

カラダの歪み矯正

『ワニのポーズ』では、仰向けで膝を立てて逆側に倒し、さらに倒した膝と同じ方の腕を上に挙げることでお腹周りをねじる形になります。
左右で同じことを行うことで、斜めのねじれ刺激で骨盤のゆがみが整う効果が期待できます。
この時に、肩甲骨から腕を押し上げるイメージで行うとより効果的です。

『ワニのポーズ』のやり方

『ワニのポーズ』STEP1

仰向けに寝て、右ひざを立てます。

しっかりと骨盤をベッドに落とします。

『ワニのポーズ』STEP2

左手で右ひざを左側へ倒します。

『ワニのポーズ』STEP3

右手を上にして、体を伸ばします。

『ワニのポーズ』STEP4

右手を肩に置き、ゆっくりと3回〜5回ほど回します。

『ワニのポーズ』STEP5

反対も同様に行います。

 


 

いかがでしたか?
ベットの上でできるので、朝起きた時や夜寝る前などに取り入れて、骨盤の歪みを取っていきましょう。

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード