くびれは体幹を鍛えて手に入れよう!「舟のポーズ」の効果とやり方

体幹を引き締めてくびれを作る「船のポーズ」の効果とやり方をご紹介します。お腹を集中的にきたえることができるので、継続的に練習していくことでくびれがキュッと引き締まった理想的なボディラインを手に入れることができます。ヨガインストラクター岡清華監修の動画をみながらぜひ挑戦してみてください。

今回は体幹を鍛えて健康的にお腹を引き締める「船のポーズ」の効果とやり方をご紹介します。
サンスクリット語では「ナバーサナ」と呼ばれています。

「お腹のたるみがきになる」
「ふと気づくと姿勢が悪くなっている」

「船のポーズ」はそのようなお悩みを抱えた方にオススメのポーズです。
ヨガインストラクター岡清華監修の動画をみながらぜひおうちエクササイズに取り入れてみてください。

「船のポーズ」の効果

体幹強化・くびれ

「船のポーズ」では、姿勢の維持のために背中や腰、お腹、太もも周りの筋肉を使います。
「船のポーズ」のアレンジのポーズでは、バランスを支えるために体幹をねじる筋肉が使われます。
また、背中を伸ばし続ける姿勢の維持により背中と腰の筋肉もきたえることができます。
このように、「船のポーズ」を練習することで体幹全体と太腿にかけての筋肉がきたえられ、くびれを作る効果が期待できます。

「船のポーズ」のやり方

「船のポーズ」STEP1

体育座りの姿勢で背中を伸ばして座ります。

「船のポーズ」STEP2

お尻を支点にして足を持ち上げます。

<POINT>
ひざ下と床が並行になるようように注意します。

「船のポーズ」STEP3

両手を肩の高さに上げ、前にまっすぐ伸ばします。

「船のポーズ」STEP4

両脚を伸ばして、深呼吸しながらキープします。

<POINT>
バランスを取りながら背中を後ろへ倒していくようなイメージで。
背中が丸まらないよう注意します。

「船のポーズ」STEP5

ゆっくりと体を戻して一休みします。

「船のポーズ」アレンジ

STEP4の姿勢から、手を後ろに伸ばして体をひねります。

<POINT>
バランスを保ちながらキープします。

いかがでしたか?
体幹全体を効率的にきたえることのできる「船のポーズ」、少し難易度が高いかもしれませんが、継続的に練習していきましょう。

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード