太もも裏を伸ばしてマイナス3cm!「青サギのポーズ」の効果とやり方

今回は脚裏の柔軟性を高めて脚やせを狙う「青サギのポーズ」の効果とやり方をご紹介します。脚裏のたるみや柔軟性が気になる方に特にオススメのポーズです。ヨガインストラクターYurika Umezawa監修の動画をみながらぜひおうちでトライしてみてください。

脚裏の筋肉の柔軟性を高めて脚やせの効果が期待できる、ヨガの「青サギのポーズ」。
サンスクリット語では「クラウンチャーサナ」と呼ばれています。
今回は難易度が少し高めのポーズである「青サギのポーズ」の効果とやり方を動画でわかりやすくご紹介します。

「脚の裏側のたるみが気になる」
「前屈の運動が苦手」

今回ご紹介する「青サギのポーズ」はそのような方にオススメのポーズです。
ヨガインストラクターYurika Umezawa監修の動画を見ながらぜひ挑戦して見てください。

「青サギのポーズ」の効果

脚裏のストレッチ

「青サギのポーズ」では、座った姿勢のまま背筋をのばし、両手で足をもって膝を伸ばしたまま体幹に近づける姿勢になります。
背中の筋肉は姿勢を保つために力が入り、膝を伸ばしたまま体幹に足を引っ張りながら近づけると、てこの原理でお尻から骨盤、太ももの後ろの筋肉が伸ばされます。
脚裏の筋肉が柔軟になると滞っていた血行が促進され、むくみや老廃物が排出されていくことで、脚やせの効果が期待できます。
最初のうちは膝を適度に曲げるか、タオルを使って太ももを体に近づけるように行うのが効果的です。

「青サギのポーズ」のやり方

「青サギのポーズ」STEP1

足を伸ばして胸を張って座ります。

「青サギのポーズ」STEP2

右ひざを曲げて床につき、左ひざを立てます。

「青サギのポーズ」STEP3

両手で左足の裏を持ちます。

「青サギのポーズ」STEP4

足を高く上げて、おでこに近づけます。

<POINT>
お尻をしっかり床につけて胸を張りながら。

できない人はベルトやタオルなどで足を引き上げよう。

「青サギのポーズ」STEP5

ゆっくりと足をおろします。


難易度が高めのポーズですが、続けていくことで徐々に脚裏のハムストリングスが柔軟になってきます。
継続的におうちエクササイズに取り入れて、すらっとした美脚を目指しましょう。

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード