季節の変わり目に!風邪に効く簡単足つぼマッサージ

風邪は万病のもと、というように、風邪から派生する病気は多くあるので、早めの対策と予防したいところ。簡単足つぼマッサージで風邪予防を。

「定期的に手軽に風邪予防をしたい」

「寒暖差で風邪をひいてしまった」

こんな方にオススメの自宅でできる簡単足つぼマッサージを紹介します。

風邪は万病のもと!というように、風邪から派生する病気は多くあるので、早めの対策と予防をしておきたいところですよね。

マッサージ師の山下さん監修、モデルはヨガインストラクターAmi Nishihata監修の動画を見ながらぜひ挑戦して見てください。

風邪予防の足つぼマッサージ

気管支と肺を刺激

足の裏には反射区と呼ばれる部位があって、体の不調の際はその部位を押すと比較的に激痛が走ったり、違和感が起こりやすいという事から割り当てられています。

気管支:足の親指の付け根の内側から土踏まずにかけてが反射区になっています。
指の平で、土踏まずから足の親指と人差し指の間までの骨の際を押していきましょう。
肺:反射区は足の指の骨の根元になります。
背伸びをした時に一番負荷が掛かる部分で、内側から2~4本目の指の関節の間が反射区になります。
ゆっくりと押すようにしてください。

「風邪予防の足つぼマッサージ」のやり方

「気管支を刺激して風邪に効くマッサージ」

親指と人差し指の間から下を押してあげます。

ここは咳の緩和になります。

両足ともやってみましょう。

肺の咳や胸の痛み、風邪予防の足つぼマッサージ

中指と薬指の下のあたりをやさしく揉む。

呼吸器が弱い方は普段から押しておくと予防に。

ゆっくりと、親指の平を使って揉んでみましょう。

 

また、体を冷やさない、バランスのとれた食事、ストレスや運動不足も風邪には大敵。

免疫力を高める生活を心がけることが大切です。


風邪は長引くと、合併症を誘発してしまうので普段から対策していきましょう。

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード