代謝を上げて脂肪燃焼!ヨガ:「鶴のポーズ」のやり方とコツ

上級者向けの「鶴のポーズ」、バカーサナの効果とやり方をご紹介します。「鶴のポーズ」は代謝アップだけでなく、バストアップや肩こり防止にも効果があると言われています。ヨガインストラクター監修の動画でやり方とコツをわかりやすく説明します。

ヨガのポーズの中でも難しいとされる「鶴のポーズ」。

サンスクリット語では「バカーサナ」と呼ばれます。
今回はヨガインストラクター岡清華監修、
「鶴のポーズ」のやり方とコツを動画でわかりやすくご紹介します。

 

「そろそろ難しいポーズにも挑戦してみたい」

「ヨガを通して柔軟性だけでなく筋力もつけていきたい」

 

上級者向けの「鶴のポーズ」はそんな風に思っている方にオススメです。

「鶴のポーズ」の効果

代謝アップ

「鶴のポーズ」は腕の力だけでなく、腹筋や背筋、そしてインナーマッスルなど全身の筋肉を使うポーズです。
継続的に練習していくことで、代謝がアップし痩せやすい身体に。
バストアップや肩こり解消の効果も望めます。

鶴のポーズ(バカーサナ)のやり方

上級者のための☆本格ヨガ・バカーサナ

【上級者のための☆本格ヨガ・バカーサナ】美人ヨガインストラクター岡清華さんが教える☆本格ヨガ・ツルのポーズ(Bakasana)※ 上級者向けの本格ヨガです怪我しないように注意!【監修】 ヨガインストラクター:岡清華

Lilyさんの投稿 2017年1月19日

鶴のポーズの注意点

「鶴のポーズ」は、腕だけで全身の体重を支える上級者向けのポーズです。
インストラクターのいないお家ヨガの場合は、怪我をしないように無理せず挑戦するようにしましょう。

鶴のポーズ(バカーサナ) STEP1

肩幅に足を開いて立ち、お腹が脚の前面にくっつくまで前屈します。
両手を肩幅に開き、足先のすぐ前の床に置きます。

POINT 呼吸が大事

指先の力を分散させていくようなイメージで大きく深呼吸をします。

鶴のポーズ(バカーサナ) STEP2

かかとを上げて膝を曲げていき、脇の下に当てます。

鶴のポーズ(バカーサナ) STEP3

そのままゆっくりと重心を前に移動させていきます。
腕に体重をかけて足を浮かせます。

<POINT>バランスの取り方

目線は前を向いてキープ。
足を交差させて体に近づけ、バランスをとります。

鶴のポーズ(バカーサナ)STEP4

最後は正座をして背中から大きく腕を前に伸ばし、チャイルドポーズをとってリラックス。


 

いかがでしたか?
はじめのうちは失敗してしまっても、継続して練習していくことが大切です。
気軽にできるお家ヨガでヘルシーな生活を。

お腹痩せのオススメ

【編集部からのおすすめ:【夏に向けてくびれ作りのやり方】ウエスト痩せくびれ運動の3つ方法(動画あり)

【夏に向けてくびれ作りのやり方】ウエスト痩せくびれ運動の3つ方法(動画あり)

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード