このかゆみは汗あれ?あせも?それぞれの原因と対策を紹介

今回は汗あれとあせものそれぞれの原因と対策を紹介します。

夏になってくると蚊に刺されたわけじゃないのに肌がかゆい。
肌のピリピリとしたかゆみは、実は汗が原因かもしれません。
汗によるかゆみというとあせもが有名ですが、実は「汗あれ」という可能性もあるのです。

今回は「汗あれ」と「あせも」の違いと、対策について紹介します。
かゆみに悩んでいる方は参考にしてください。

あせもと汗あれの違い

まずは汗あれとあせもがどのようなものか見ていきましょう。

あせも

あせもは大量の汗によって、汗腺が詰まってしまうことによっておきる症状です。
汗腺が詰まることによって、肌の内部で水膨れや炎症を起こしてしまいます。

汗の出口が詰まればどこでも起きうる症状ですが、脇の下や肘裏膝裏は特に汗が溜まりやすいので発症しやすいです。
症状にもさまざまな種類がありますが、特に多いのは赤みのあるぶつぶつした炎症が起きることです。
ひどい場合には傷みを感じる場合もあり、汗によってピリピリすることもあります。

汗あれ

汗あれは汗に含まれるアンモニアによって起きる症状です。
塩分やアンモニアといった成分が肌の表面を刺激することで炎症が起きます。
チクチク感じるのが特徴です。
あせもが肌の内部で起きているのに対し、汗あれは肌の表面で起きています。

あせもと汗あれの原因

なぜあせもと汗あれが起きるのか原因についてもみてみましょう。

あせもの原因は大量の汗

あせもはずばり大量の汗によっておきます。
汗の源である汗腺から肌の出口までの間に、大量の汗を処理しきれずにあふれてしまうのです。
正しく肌の出口から出られなかった汗は皮膚の内部にしみ出します。
しかし、皮膚の内部は汗を処理できるようにできていないため、汗によって炎症を起こすのです。

汗あれの原因は洗いすぎ

汗あれの主な原因は身体の洗いすぎです。
夏に汗をかいたからといって洗いすぎると、皮膚のバリア機能まで落としてしまうのです。
バリア機能を失った肌は汗の成分に耐えられなくなり、肌あれを引き起こしてしまうのです。

あせもと汗あれの対策

あせもと汗あれについて、予防と発症した時の対策についても紹介します。

あせもの予防は肌を清潔に保つこと

肌を清潔にたもつことで、汗腺のつまりを予防することであせもを防ぎます。
汗をかいたらまめに拭いたり、毎日シャワーを浴びて肌に汚れや汗を残さないようにしましょう。
暑い夏に汗をかかないようにするのは大変かもしれませんが、扇風機をうまく活用したり、通気性のいい服を着るなどして工夫しましょう。
汗がたまりやすい部分を締め付けると余計汗をかいてしまうので、服を選ぶ際も注意したいですね。

あせもは放っておけば、2週間程度で治癒します。
しかしかゆいからといって掻いてしまうと、ばい菌が入って別の症状を引き起こすなどして長引いてしまいます。
あせもになったらかゆみ止めなどを使って、患部をかかないように気をつけてください。

汗あれの予防は保湿ケア

汗あれは肌のバリア機能がなくなるのが原因なので、肌の保湿を入念に行いましょう。
汗をたくさんかいてさっぱりしたいからといって、ゴシゴシ洗ったり、大量にボディソープを使うのは避けましょう。
優しく洗ったあとに、化粧水やクリームでしっかりスキンケアをするのが重要です。

汗あれも放っておけば自然に治るので、かきむしらないよう注意しましょう。


 
夏はどうしても汗をかいてしまいますが、服の選び方や汗の拭き方を工夫して、肌を清潔に大事にしましょう。
もしかゆくなったとしても、かゆみ止めなどを使って決してかかないでくださいね。

合わせて読みたい!スキンケアの記事

美肌になりたい!敏感肌の原因と改善方法とは?

日焼け止めの効果的な使い方とは?紫外線からお肌を守ろう!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード