イライラはブスのもと?抑える方法を9つ教えます

今回はイライラを抑える方法を9つ紹介するので、イライラした時には試してみてください。


ストレス社会と言われる現代では、イライラと無縁で生活している人って、そう多くはないですよね。
でもそのイライラによって、血流やリンパの流れが悪くなって、顔が大きくなるって知っていましたか?
健康や美容のことを考えてもイライラしたくないものですが、ついついイライラしちゃいますよね。

今回はイライラした時に抑える方法を紹介します。最近イライラすることが多いと感じている人はぜひ参考にしてください。

イライラすると顔が大きくなる!?

イライラすると自然に身体全体に力が入ってしまいます。
表情も固くなって、顔の筋肉にも力が入ってしまうんですね。
そうすると、血流やリンパの流れが滞って、老廃物が流れなくなるのです。
溜まった老廃物は顔のむくみの原因になって、顔を大きくしたり、吹き出物の原因になるので注意しましょう。

イライラを抑える方法9選

早速イライラを抑える方法を9つ紹介していきます。

6秒グーパー

まずは突発的な怒りを爆発させない方法です。
怒りが爆発しそうになったら、6秒間手を開いたり閉じたりするのです。
突発的な怒りは6秒しか持たないと言われており、6秒間さえ我慢すれば、後は爆発することはありません。
グーパーでなくても足踏みやジャンプでも、気を紛らわせるものならなんでも大丈夫です。

運動する

ストレスを抑えるのにとても効果的なのが運動です。
運動をすることで幸せを感じるホルモンが分泌されるので、ストレスホルモンを和らげてくれるのです。
日中、仕事で嫌なことがあった日などは、仕事帰りにジムに行くなどして、汗をかいてから帰るといいでしょう。

大声を出す

場所を選びますが、大声を出せる場所があるなら大声を出してイライラを発散させましょう。
大声を出すことで横隔膜を動かすと、自律神経が整い気持ちの切り替えができるようになるのです。
イライラした日はカラオケに行くのもいいですね。

感動で泣く

映画や小説で感動の涙を流すのもイライラを発散させるのに効果的です。
涙はストレスホルモンを流すのと同時に、泣き終わった後は幸せホルモンも出るのでストレス発散になります。
泣いてスッキリするというのは、実は科学的に証明されているのですね。

音楽を聴く

音楽を聴くことでも十分なストレス発散が可能です。
クラシック音楽が効果が高いと言われていますが、自分の好きな音楽を聴くだけでも効果を期待できます。
スマホに好きな音楽を入れておけばいつでも、イライラを抑えることができますね。

ハーブの香りを嗅ぐ

ハーブの中にはイライラを抑える効果が期待できるものもあります。
カモミール、ラベンダー、ローズなどのハーブです。
エッセンシャルオイルを使うのもいいですし、ゆっくりハーブティを飲んで気持ちを落ち着かせるのもいいでしょう。

ぬるめのお湯に入浴する

入浴にはリラックス効果が期待できるため、1日の終わりにお湯につかるのがおすすめです。
特に40℃くらいのぬるめのお湯であれば、副交感神経を優位にしてストレスを抑える効果が強くなります。
お湯にエッセンシャルオイルを垂らすと、入浴とアロマのWの効果でリラックスできますね。

睡眠をとる

ストレスを発散させるのにとても効果が高いのが睡眠です。
ストレスによってダメージを受けた細胞を回復させることも期待できるので、質の高い睡眠を目指しましょう。
逆にいうと睡眠が十分にとれていないと、ストレスを次の日に持ち越してしまうので、いつまでたってもイライラを引きずってしまいます。

太陽光を浴びる

太陽の光を浴びることで自律神経のバランスを整え、イライラを抑える効果が期待できます。
午前中にイライラした場合には、外出などをして思いっきり陽の光をあびましょう。
日中に陽の光を浴びることで、睡眠の質を上げることもできるので、Wの意味で太陽光を浴びるのはイライラに効果的なのです。


イライラの種は日常にたくさん潜んでいますが、日々の生活をコントロールすることで、イライラをマネジメントすることもできます。
気持ちを落ち着かせていれば、嫌なことが起きる頻度も減るので、余計イライラしなくなりますよ。

 

合わせて読みたい!メンタルヘルスに関する記事

「笑いながら運動がアンチエイジングに良いらしい」老化は運動で防ぐ!

春うつを防ごう!春うつの原因と5つの対策方法

 

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード