朝起きたら気持ち悪い!そんな二日酔いに効果的な食べ物を紹介

今回はそんな辛い二日酔いの時に、回復を速めてくれる食べ物を紹介していきます。お酒を飲む機会の多い人は参考にしてください。

お酒の席は楽しいですが、つい飲みすぎてしまって次の日に後悔することも。休みの日であればまだいいですが、仕事だった場合には辛いですよね。

今回はそんな辛い二日酔いの時に、回復を速めてくれる食べ物を紹介していきます。お酒を飲む機会の多い人は参考にしてください。

二日酔いのメカニズム

まずはどういったメカニズムで二日酔いになるのか見ていきましょう。

アルコールが分解されて二日酔いに

アルコールは身体の中に入ると、分解されてアセトアルデヒドという物質に変化します。
適量であれば問題ありませんが、大量にお酒を飲むとこの成分が全身の神経細胞を刺激して、頭痛やだるさを引き起こすと言われています。

逆流性食道炎

もう一つのメカニズムは、食道の弁が開いて胃液が逆流するために起きる二日酔いです。
普段であれば胃と食道というのは食べたものが逆流しないように、弁が閉じています。
しかし、お酒を飲んで身体がゆるまると、この弁も開いて胃液が逆流してしまうのです。
それにより吐き気や胸焼けといった症状が起きます。

二日酔いに効果的な食べ物

二日酔いには、基本的に肝臓の働きを助けてくれる食べ物を摂るといいと言われています。

しじみ

しじみが肝臓にいいというのはテレビなどで聞いたことがあると思います。
肝機能を高めてくれて、二日酔いの回復に効果的と言われています。
朝起きて気持ち悪い時でも、しじみのみそ汁なら胃にも優しく口にしやすいでしょう。

果物も二日酔いに効果的ですが、特に柿はビタミンCと果糖が豊富です。
アルコールの分解を効率よく行うのをサポートしてくれて、肝機能も助けてくれるのです。
特に熟した柿や干し柿は、より果糖が高いので、スーパーで見かけた時は手に取ってみてはいかがでしょうか。

卵も二日酔いには効果的です。
黄身にはアルコールの分解を助けてくれる成分が含まれていますし、白身は肝臓の働きを助けてくれます。
卵かけごはんにすれば、消化にもいいので、少し食欲がわいてきたタイミングでおすすめです。

トマト

トマトにはリコピンとクエン酸が豊富に含まれているので、二日酔いに効果的です。
リコピンは抗酸化力が高いため、アセトアルデヒドの作用を抑えてくれます。
クエン酸は弱った胃を保護してくれてくれる他、トマトに含まれるGABAと共に肝臓の働きを助けてくれます。
トマトならそのまま食べてもいいですし、ジュースにしても口にしやすいですよね!

大根おろし

大根自体にアルコールを分解する成分が含まれている他、水分も多く含んでいるため、二日酔いの辛さを軽減してくれます。
ビタミンCも豊富に含んでいるので、肝臓の機能を助けてくれる一品です。
鬼おろしのような荒い大根おろしですると、大根の成分が壊されないので、より効果的です。

梅干し

梅干しにはクエン酸が多く含まれているほか、その酸味から唾液の分泌も助けてくれます。
二日酔いになったあとだけでなく、お酒を飲んでいる時から食べていると、二日酔いを軽減してくれます。
おつまみや梅干し割にしてお酒を飲むといいですね。

 


 

歳を重ねると、二日酔いにもなりやすいですし、回復もしにくくなっていきます。
二日酔いを自然回復を待つだけでなく、効果的な食事をとって、早く回復させましょう。

他にも健康に関する記事をまとめてみたので是非合わせて読んでみてくださいね。

合わせて読みたい健康に関する記事

【医師監修】あなたは大丈夫?女性のいびきの原因と改善する方法を紹介

【医師監修】あなたの睡眠時間は大丈夫?健康にいい影響を与える睡眠の質の高め方

 

 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード