気になる脇汗!原因と抑えるための対策教えます

今回は脇汗が増えてしまう原因と、脇汗への対策としてできることを紹介します。脇汗で困っている方はぜひ参考にしてください。

暑くなると気になる脇汗。汗ジミが気になって、着る服を選ぶのも悩みますよね。気にすればするほど余計汗をかいてしまうので、余計厄介です。

今回は脇汗が増えてしまう原因と、脇汗への対策としてできることを紹介します。脇汗で困っている方はぜひ参考にしてください。

脇汗が増える原因

まずは脇汗が増える要因についてみていきましょう。

運動不足

意外かもしれませんが、運動不足の方は脇汗が増えてしまいます。
普段から運動をして汗をかいていると、全身の汗腺が働いてくれます。
しかし、汗腺が発達していない方が、急に体温が上がると、心臓に近い脇から汗を出してしまうのです。
脇汗をかきたくない方は、全身から汗をかけるようにしておきましょう。

緊張、ストレスなどの心理的なもの

体温が上がっていないのに、心理的な要因で汗をかくことを「精神性発汗」といいます。
ストレスなどで交感神経が刺激されるために起きますが、運動をしたときにかく汗とは違う特徴を持っています。
身体に必要な水分やたんぱく質、脂質なども含むので、匂いもありべたつきます。
普段からリラックスするのを心がけたいですね。

汗をかきやすい食生活

普段口にしているもので、汗のかきやすさは変わってきます。
普段からお肉など動物性のたんぱく質を大量に撮る方は体温が上がりやすく汗をかきやすいです。
また、香辛料など刺激のあるものをよく摂る人は交感神経が活発になり、汗をかきやすくなります。
カフェインにも汗腺を刺激する働きがあるので、よくコーヒーを飲む人は気をつけましょう。

睡眠不足

睡眠不足はさまざまな側面から汗をかきやすくさせますが、その中でも自律神経の乱れが大きな原因と言われています。
先述したように交感神経と副交感神経のバランスがくずれると、精神性発汗が促されてしまいます。
まずは規則正しい生活を心がけて、しっかり睡眠をとりましょう!

脇汗を抑える工夫

では実際にどのような工夫で脇汗を対策できるか見ていきましょう。

腹式呼吸

脇汗を抑えるにはリラックスする必要がありますが、リラックスしようと思えば思う程気が乱れてしまいますよね。
そんな時は、お腹を動かして呼吸してみましょう。腹式呼吸ですと、深く呼吸できるため気持ちが落ち着きます。
鼻から吸って、口から出す呼吸を意識して、お腹が動くか確認してみましょう。

普段から適度な運動

運動不足を自覚している人は、散歩からでもいいので、運動するよう心がけましょう。
全身の汗腺を発達させられれば、脇の汗腺に集中されないので、全身から汗をかけられるようになります。
運動にはリラックス効果もありますし、肥満解消にもなるので、様々な側面から脇汗解消になります。

汗脇パッドを利用する

根本的な解決ではありませんが、すぐに脇汗の悩みを解決したい人におすすめです。
脇汗パッドを活用すれば、服も自由に選べますし、服の黄ばみなども防止できます。
人によってはかぶれの原因になったりもするので、自分に合った脇汗パッドを探してみましょう。

まめに拭く

タオルや汗拭きシートを使って脇汗を拭きとりましょう。
実は汗は出てすぐはそこまで匂いはありませんが、空気に触れることで、匂いを発するようになります。
匂いを防ぎたい人は、まめに脇汗を拭くことで匂いが出るのを防げます。

制汗グッズを活用する

今は制汗グッズもスプレータイプからロールオンタイプ、クリームタイプと様々な種類から選べます。
匂いの防止もできるので、自分に合った商品を探しましょう。

 


 

脇汗対策を紹介してきたましたがいかがでしたでしょうか?

脇汗が気になると、仕事や恋愛も思いっきり楽しめないですよね。
普段からの習慣と制汗剤などを組み合わせて、脇汗の悩みを解消しましょう

合わせて読みたい美容に関する記事

これが美の秘訣!美しくあるためにやりたい3つのこと

紫外線は美白の大敵!原因・タイプ別シミのケア方法♡

 

 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード