リンゴは美容の味方!?驚きの栄養と効果に食べずにいられない

今回はリンゴに含まれる栄養素や美容効果について紹介します。

何度もリンゴダイエットが流行るほど、ダイエットや美容効果の高いリンゴ。
そのまま食べても美味しくて、料理のレパートリーも多いリンゴなら普段の生活にも取り入れやすいですね。
では、いったいどんな栄養が含まれているのでしょうか。

今回はリンゴに含まれる栄養素や美容効果について紹介します。
美味しくダイエットしたい方はぜひ参考にしてください。

りんごの栄養と効果

早速りんごにどのような栄養が含まれているのか見ていきましょう。

老化を抑えてくれるポリフェノール

赤ワインなどに含まれているポリフェノールは、りんごにも豊富に含まれています。
身体のサビと言われる活性酸素を除去してくれる効果があるため、老化防止やがんを抑えてくれる効果が期待できます。
ポリフェノールは、りんごの皮の色素成分でもあるため、皮ごと食べると効率的に摂取できます。

むくみを抑えてくれるカリウム

りんごにはカリウムも豊富に含まれています。
カリウムには血圧を安定させるほか、身体の中の水分量を調整する働きがあるため、むくみを解消してくれる効果があります。
筋肉の収縮が正常に行われるのを助ける働きもあるため、脚がつりやすい人などにもおすすめです。

腸の働きを助けてくれるペクチン

りんごの成分の中でも特に注目したいのがペクチン。
食物繊維の一つで、腸の中の有害物質を身体の外に出す働きがあります。
便秘の時には便秘を解消してくれますし、下痢の時には善玉菌を増やして改善してくれます。
コレステロールを下げる働きもあるため、健康のためにも摂取したい栄養です。

美肌効果のあるビタミンC

酸っぱいものに含まれているイメージのあるビタミンCですが、リンゴにも多く含まれているのです。
ビタミンCには肌をキレイにしたり、ストレスの軽減、身体の酸化を防ぐアンチエイジング効果も期待できます。
免疫力も高めてくれるため、美容・健康のためにも摂取したいですね。

疲労回復効果のあるリンゴ酸とクエン酸

クエン酸やリンゴ酸は、エネルギーの循環を助けてくれて疲労回復効果が期待できます。
すり下ろすとより酵素が活発になるので、疲れを感じた時はすりおろして食べるのも効果的です。
ちなみにリンゴ酸はリンゴから発見されたのが名前の由来になっています。

リンゴは焼くとダイエット効果がアップ!?

定期的に流行するリンゴダイエットですが、最新の研究でリンゴを焼くとダイエット効果が高まることが発見されています。

焼くことでペクチンが増加

その理由は先に紹介したペクチンが加熱することで、数倍に膨れ上がるためです。
腸の中の不要なもの取り除いてくれるペクチンが増えれば、整腸効果が高まりダイエットにも効果的です。
老化を促進させる活性酸素を除去する効果も高まるため、美容のためにもダイエットのためにもりんごは焼いて食べるのがおすすめです。

りんごダイエットは置き換えダイエット

りんごダイエットで推奨されているのが、朝食か夕食の置き換えダイエット。
朝食にリンゴを食べると、便の排泄しやすい時間なのでより整腸作用を期待できます。
夕食をリンゴに置き換えると、カロリーの摂取量を抑えて、少ない量でお腹を膨らませることができます。
しかしリンゴでは栄養素も不足するので、数日から2週間の間で期限を決めて集中して取り組むようにしましょう。


 

1日1個のリンゴで医者いらずと言いますが、リンゴは健康だけでなくキレイにも効果的です。
生活に取り入れて美容効果を実感してみてはいかがですか?

合わせて読みたい!ダイエット食材についての記事

甘酒の美容健康効果!甘酒の効果と継続的に飲めるコツ

超簡単!忙しくてもできるダイエットレシピ「いろいろ野菜のシャキシャキサラダ」

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード