その憂鬱な気持ちは6月病かも?だるいと感じた時の対処法

今回は6月病についてどんな人がなりやすいのか、なった時の対処法について紹介していきます。

5月の連休明けに憂鬱な気持ちになり、急に体がだるくなる「5月病」を聞いたことがある人は多いと思いますが、最近は6月病が増えているのをご存知ですか?
何もしたくないと思う程疲れているのは、単なる身体の疲れだけではないのかもしれません。

今回は6月病について、どんな人がなりやすいのか、なった時の対処法について紹介していきます。最近だるさを感じている人はぜひ参考にしてください。

6月病の正式名称は適応障害

5月病も6月病も正式な病気の名前ではありません。正式には適応障害といって、名前は違いますが同じ症状です。
これまでは4月に新しい環境に入って、5月の連休に緊張が解けることでやる気をなくすため5月病と言われてきました。
しかし最近では、新卒社員が研修期間を終えて環境に慣れる6月ころに疲れやストレスを感じると言われています。
また、梅雨の関係で日照時間が短くなるのも原因の一つかもしれませんね。

6月病の症状

6月病は気分にも身体にも現れます。それぞれどんな症状が出るかみてみましょう。

心に現れる6月病の症状

6月病では下記のような症状が心に現れます。

  • ・気持ちが沈んでやる気が出ない
  • ・どうしようもなく不安を感じる
  • ・小さなことでイライラしてしまう
  • ・集中力が低下して、ものごとの判断ができない

体に現れる6月病の症状

下記のような症状が現れたら、6月病を疑いましょう。

  • ・疲れが抜けずに身体がだるい
  • ・なかなか寝付けない
  • ・食欲が湧かない
  • ・頭や胃が重くて痛い

まじめな人ほど6月病にかかりやすい

ではどんな人が6月病にかかりやすいかというと、完璧主義者でまじめな人ほどなりやすいと言われています。
新しい環境で「ちゃんとしないと」と肩に力を入れていると自然にストレスや疲れが溜まります。
そういった方がふとした瞬間に緊張が解けてしまうと、それまで溜めていた疲れがどっと出てきて6月病の症状が現れるのです。
気持ちに余裕を持って生きているひとは、まめにストレス発散したり息抜きをするので、ストレスをため込まないのです。

6月病になったらどうすればいい?

6月病になってからの対処法を紹介するので、できることから始めてみてください。

軽く運動してみる

身体が疲れているからと、家でじっとしているのは実は逆効果。
晴れた日には思い切って運動してみましょう。
陽の光を浴びながら散歩をするだけでも、気持ちも上がって疲労感も減ります。
背筋を伸ばしてリズミカルに歩くと楽しいですし、より効果的ですよ。

幸せホルモンを分泌させる食材を食べる

6月病になると食欲も減ってしまいますが、食べられる時は食べるものにも気を遣いましょう。
肉や大豆などのたんぱく質は幸せホルモンの材料にもなるので、積極的に摂りたいところです。
無理せず自分のペースで食べましょう。

規則正しい生活を心がける

6月病になると夜に眠れなくてなって、余計生活リズムが崩れてしまいます。
そのためにも一日のメリハリをつけて、規則正しい生活を送ることが重要です。
食事を摂る時間やベッドに入る時間など、自分で調整できるところから調整してみましょう。

自分を責めない

6月病にかかる真面目な人は、6月病で思うように行動できない自分も責めてしまいがちです。
しかし自分を追い込むほど症状は悪化してしまうので、あまり自分を追い込まないようにしましょう。
自分を責めないようにと意識してしまうと余計責めてしまうので、運動をしたり音楽を聴いたりして頭の中を空にするいいかもしれません。


 

6月病にかかると辛いですが、まずは自分が6月病にかかっていることを自覚することが大事です。
なりかけの時の方が対処しやすいので、無理をせずまめにストレスや疲れを発散するようにしましょう。

合わせて読みたい!メンタルヘルスについての記事

イライラはブスのもと?抑える方法を9つ教えます

長引くと危険!?その体の不調、「春バテ」ではないですか?

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード