【美白オタク必見!】朝食のフルーツは美白の大敵だった!

フルーツは美白効果や疲労回復など、嬉しい効果がたくさんあります。
ですが実は、朝にフルーツを食べることで美白から遠のいてしまう可能性があるんです!

美容や健康のために、朝食にフルーツやスムージーを摂る人は多いですよね。
フルーツは美白効果や疲労回復など、嬉しい効果がたくさんあります。
ですが実は、朝にフルーツを食べることで美白から遠のいてしまう可能性があるんです!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

朝にフルーツを食べるとシミができる?

朝にフルーツを摂ると、ある成分によって肌は紫外線を吸収しやすくなり、日焼け、つまりシミができてしまうんです!
フルーツに含まれるビタミン群は、美容にも健康にも良い成分ですが、女性にとってシミができるのは避けたいですよね。
次に、ある成分とは何なのか見ていきましょう!

美肌の大敵!「光毒性」をもつフルーツに注意!

日に当たると、紫外線に過敏に反応して肌にダメージを与える「光毒性」という性質をご存知でしょうか?
光毒性を持っている植物の中に含まれる成分が「ソラレン」です。

ソラレンって?

ソラレンは、紫外線を吸収しやすくしてしまうので、摂取してから紫外線を浴びると肌に赤みやシミ、色素沈着を引き起こす可能性があるんです。
ソラレンは、取り入れてから約2時間で全身に行き渡ります。
日差しが一番強い時間帯は、10時〜14時なので朝食でソラレンを摂取するとちょうどダメージを受けてしまいますね。
美容のために、と思って朝食にフルーツやスムージーをとっていた方にはショックな事実ですよね。

ソラレンを含むフルーツ・食べ物

・レモン
・キウイ
・グレープフルーツ
・みかん
・オレンジ
・イチジク
・きゅうり
・パセリ
・セロリ
・しそ
・みつ葉
・アセロラ

ソラレンは、柑橘類や香辛料などに含まれています。
みなさんも一度は漫画やテレビで目にしたことがあるであろうきゅうりパックは、朝は絶対やってはいけないことだったんです。

ソラレンが少ないフルーツ・食べ物

・りんご
・スイカ
・バナナ
・いちご
・もも
・ぶどう
・大根、人参など根菜類
・レタス
・キャベツ
・トマト

ソラレンが少ないフルーツや食べ物を選べば、朝に摂ることもできますね。
特にスイカやトマトはリコピンを多く含むので、美白効果があります。

それでもフルーツはカラダに良い!

ビタミンC

美肌の維持に欠かせないのがビタミンCです。
コラーゲンの合成やメラニン色素の生成を予防するので、お肌を白くしてくれる働きがあります。
コラーゲンには肌にハリや弾力をもたせる働きがあり、美容効果が期待されています。
また粘膜を正常な状態にする働きもあるため、免疫力を発揮するうえでも大切な成分です。
それに加え疲労回復や坑ストレスなど、ビタミンCは健康にも不可欠なんです。
キャベツやピーマン、キウイやレモンに多く含まれています。

ビタミンE

ビタミンEには抗酸化作用の働きがあり、アンチエイジング効果が期待できるビタミンの代表格です。また、ビタミンEには血管を拡張し肌荒れの予防や改善する効果や、コレステロールの酸化を防ぎ血管を健康に保つ働きもあります。
ほうれん草やかぼちゃ、キウイやレモンに多く含まれています。

ビタミンA

ビタミンAの効能でよく知られているのが、目への効能です。
目の健康を守る働きがあり、疲れ目や視力の低下を防ぐ効果があります。ビタミンAには、肌の細胞の代謝を活発にして、免疫機能を高める効果があります。
また、新陳代謝が良くなることで肌も元気になり、ハリ、ツヤなどの美肌効果にも期待ができます。
オレンジ、パッションフルーツ、鶏・豚レバー、うなぎ、乳製品に多く含まれています。

フルーツを摂るタイミング

では、いつフルーツを取ればいいのでしょうか。
それは、夕方に小腹が空いた時や、夜に摂るのがオススメです。
しかしフルーツは糖分が多いので、量や時間帯に注意して食べましょう!


 

以上、朝食に摂ることでシミになってしまうフルーツや野菜があることがおわかりいただけたと思います。
美白ケアに力を入れている方にとっては「ソラレン」は大敵です!
しっかり選んで美白美人を目指しましょう。

合わせて読みたい!美肌についての記事

紫外線は美白の大敵!原因・タイプ別シミのケア方法♡

美肌の習慣「綺麗な肌を手に入れる大切な3つのこと」

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード