摂らなきゃマズイ!?ダイエットにビタミンB群が必要な理由って?

実は、十分なビタミンB群が体内にあることが、ダイエットを成功させる重要な鍵となっているのです。今回は、そんなビタミンB群とダイエットの関係ついて紹介していきます。

ダイエットのために運動してもなかなか痩せないと悩んでいる方必見!
実は、十分なビタミンB群が体内にあることが、ダイエットを成功させる重要な鍵となっているのです。
今回は、そんなビタミンB群とダイエットの関係ついて紹介していきます。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

ダイエットにビタミンB群が必要な理由って?

体重を減らすためには、糖質や脂質の「代謝」をスムーズに行う必要があります。
そのために大切なのが「ビタミンB群」です。
ビタミンB群は糖質や脂質の分解、代謝を助けるほか、新陳代謝を促進させるのでニキビなどの肌荒れにも効果があるんです。
またビタミンB群は水溶性ビタミンで、短時間に多量に摂取するとそのまま体外へ排出されてしまいますので、1日3度の食事でバランスよく摂取するようにしましょう!

ビタミンB群の主な性質

      主な性質
ビタミンB1 糖質の代謝をサポート、集中力・肩こり・疲労改善
ビタミンB2 脂質の代謝をサポート、皮膚や粘膜の健康維持
ビタミンB3(ナイアシン) 脂質や糖質の分解をサポート、皮膚・粘膜の炎症を防ぐ
ビタミンB6 たんぱく質の代謝をサポート、肌や粘膜の健康維持・改善

ビタミンB群は単独ではなく「群」で摂ろう

糖質を摂り過ぎるならビタミンB1、脂質を摂り過ぎるならビタミンB2というように、代謝の担当が決まっているなら、単独で補えばいいような気もします。
しかし、ビタミンB群のそれぞれが体内で力を発揮するためには、「活性化」することが必要なんです。
例えば、ビタミンB2の活性化のためにはビタミンB6が必要といったように、ビタミンB群は活性化のためにお互いを必要とするのです。

ビタミンB群不足の特徴

・疲れやすい、体力が落ちたと思う
・風邪を引きやすくなった
・常に肩が凝っている
・立ちくらみや目眩が起きやすい
・ダイエットの効果が出にくくなった
・疲れると口内炎ができやすい
・目が疲れやすくなった

ビタミンB群が不足すると

体内でエネルギーを変換する機能である「代謝」の力が落ちます。
食品から摂ったカロリーや栄養がキチンと体の各部に届けられず、疲労感や体調不良が起きやすくなるのです。 
更に摂取した栄養は「脂肪」として蓄積されてしまうため、「食べると即太る」という状態にもなってしまいます。
また女性に多い立ちくらみ・目眩などの貧血症状の原因がビタミンB群の不足であることも多いと言われています。

ビタミンB群が含まれている食べ物

ビタミンB1

・豚肉(ヒレ・モモ・ロース)
・ハム
・魚卵(たらこ・いくら・すじこ)
・小麦胚芽
・うなぎ
・大豆食品(豆腐・きなこ等)

ビタミンB1はあまり熱に強くありません。
長く煮込むような工程を行うと、食品に含まれる50%近くが失われてしまうと言われています。 
生食が可能な豆腐類や魚卵、胚芽が入ったパン・シリアル等を積極的に食べたり、ビタミンB1が溶け出したスープ類まで一緒に食べられる調理にするのがおすすめですよ。

ビタミンB2

・レバー(牛・豚・鶏)
・ホルモン(ハツ等)
・うなぎ
・魚卵(たらこ・すじこ)
・納豆
・卵(うずら卵、鶏卵卵黄)

ビタミンB2の豊富さではレバーが抜群です。
しかし、レバーやホルモン、うなぎといった食品を日常的に摂取するのはなかなか難しいですよね。 
含有量はやや落ちますが、納豆や卵といった食品で定期的な摂取を心がけましょう! 

ビタミンB3(ナイアシン)

・たらこ、明太子
・ビンチョウマグロ、本マグロ
・カツオ
・豚レバー
・鶏ささみ
・サバ

ビタミンB3は主に魚介類に含まれる栄養素です。
上記に挙げた魚介類の他、サワラやブリ、サンマといった魚介にもナイアシンが含まれますので、特にお酒を飲む際には魚類を積極的に摂るようにしましょう。

ビタミンB6

・にんにく
・マグロ
・酒粕
・鶏肉(ささみ・むね肉)
・青魚(アジ・サンマ・サバ)
・抹茶
・ゴマ
・バナナ

ビタミンB6は鶏ささみやゴマ、バナナ等、比較的低カロリーな食品にも含まれており、ダイエット中でも食品から摂取をしやすいですよね! 
ただし冷凍保存・冷凍加工を行うとビタミンB6の含有量が減少してしまうため、加工食品ではなく新鮮な原料による摂取を心がけましょう。


 
以上、ビタミンB群とダイエットの関係について紹介しました。
ダイエットの対策として、運動や食事はよく検討されがちですが、そこにビタミンB群も取り入れてみると、より効率的なダイエットを行えます。
他にも合わせて読んでほしい記事をまとめたので、合わせて見てみてくださいね。

合わせて読みたいオススメの記事

ゆるいから続けられる!しっかり食べて痩せるロカボダイエットとは?

運動だけじゃダメ?ダイエット時の食事の7つのコツ

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード