スマホ見すぎてない?ブルーライトが肌に与える影響が予想以上に怖い

今回はスマホが原因でおきる「ブルーライト焼け」に関して、対処法を紹介していきます。

目に良くないことで知られるスマホから出るブルーライト。
実は目だけでなく、肌にも悪影響があることは知ってしまいましたか?
目だったら多少は大丈夫と思って使っていると、知らず知らずのうちに肌を劣化させることにもなりかねません。

今回はスマホが原因でおきる「スマホ焼け」に関して、対処法を紹介していきます。
仕事などでスマホが手放せない方はぜひ参考にしてください。

ブルーライトによって引きこされるスマホ焼けとは?

スマホ首やスマホ不眠など、スマホによって起きる不調が騒がれていますが、スマホ焼けとはなにか見てみましょう。

実はエネルギーの高いブルーライト

スマホからブルーライトという光が出ているのは聞いたことがあると思います。
このブルーライトは目に見える光の中で最もエネルギーが強く、太陽から出るの紫外線に最も近い光と言われています。
そんな強い光を長時間至近距離で浴びているとなると、太陽光による日焼けに近い症状が起きてしまうのです。

スマホ焼けの症状とは

エネルギーの強いブルーライトですが、実際に肌にどんな影響を与えるのでしょうか。
長時間ブルーライトを浴びていると、じわじわと肌の乾燥や軽い炎症、くすみを引き起こします。
さらにブルーライトによるくすみは、紫外線でできたものよりも鮮明で、かつ消えにくいともいわれています。

ブルーライトは間接的にも美容の大敵

肌に当てるだけでダメージを与えるブルーライトですが、他の意味でも美容にはよくありません。
目へのダメージによって、脳はストレスを感じて肌のくすみを増やすことになります。
また、強い光によって体内時計が乱されれば睡眠の質も悪くなり、肌荒れや老化の原因にもなります。
活性酸素も増やすことにもなるので、シミやシワの原因にもなるなど美肌を遠ざける要因ばかりです。

日々の生活でブルーライトから守る方法

できれば浴びたくないブルーライトですが、スマホを使いながらも日々の生活でブルーライトを対策することができます。

抗酸化作用の高い食品を摂る

身体の中に発生した活性酸素は食事によって取り除くことができます。
そのために必要なのはブロッコリーやカボチャなどの緑黄色野菜。
目にもいいとされるルテインを含むホウレン草には、ブルーライトを吸収する働きがあります。
日々の生活で身体の中からブルーライト対策を行いましょう。

ビタミンEを多く含んだ食品をとる

ビタミンEはそれ自体で抗酸化作用の強い栄養ですが、ビタミンAやビタミンCと一緒に採ることでさらに抗酸化作用を高めてくれます。
特にビタミンCは美肌効果も高いので、ブルーライト対策でなくても美容のために摂りたい栄養です。

ブルーライトをカットするメガネをかける

最近ではブルーライトをカットしてくれるメガネも売られています。
肌に直接当たるブルーライトは防げませんが、目からブルーライトが入ると脳がブルーライトから肌を守るために反応して、くすみの原因になることもあります。
せめて目だけでもブルーライトから守ってあげましょう。
スマホやPCにブルーライトをカットするフィルムを貼るのも効果的です。

ブルーライトから肌を守る化粧品を使う

最近では日焼け止めのように、ブルーライトから肌を守るクリームも売られています。
ベースメイクアイテムにもブルーライトをカットする効果のあるものがあるので、試してみてはいかがですか。
直接肌に当たるブルーライトを減らせるので美肌に効果的です。

 


 

今やスマホを手放すのは難しいですが、小さな工夫でブルーライトを対策する方法はたくさんあります。
お肌のためにも小さなことから対策を始めてみませんか。

他にも美容に関する記事をまとめてみたので是非合わせて読んでみてくださいね。

合わせて読みたい美容に関する記事

お風呂上がりで「キレイ」に差をつける美容習慣

2,000円以下で美肌に!?SNSで人気急上昇中の毛穴ケア商品6選

 

 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード