夏なのに冷え性?夏冷えの原因と対策とは?

その夏バテ!実は冷え性が原因かも?
今回は夏の冷え性の原因と対策を紹介します!

夏のはじめは何故か風邪を引いてしまったり、体調が本調子ではなく、夏バテかな・・・と思っている方!
もしかしてその不調は夏冷えかもしれません!

夏冷えの原因を知ってしっかり対策しましょう!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

もしかして夏冷えかも?

夏なのに冷え性と聞いてなかなかイメージできませんよね!
まずは自分が夏冷えなのかチェックしましょう♪









このような症状がある人は要注意!
もしかしたら夏の冷え性かもしれません。

夏冷えを起こす原因

エアコンの温度が低すぎる

暑いとついついエアコンの温度を下げてしまいますよね!
しかし、カラダを冷やしすぎると知らず知らずのうちに負担がかかっています。

エアコンによってカラダが冷えると、交感神経が活発になり血管が収縮します。
その結果血流が悪化し、手足を中心に冷えの症状が出てしまいます。

また、エアコンにより自律神経が乱れると、カラダが温まらなくなり、発汗量も減少します。
発汗量が減少してしまうと、乳酸などの疲労物質の排出が出来なくなり倦怠感や疲れに繋がってしまいます。

生野菜や冷たい飲み物をたくさん摂っている

夏は冷たいものをどうしても摂取してしまいがちです。
胃は血液を送る心臓と隣り合っています。
冷たい飲み物を摂取しているとお腹が冷え、さらに心臓から送り出される血液まで冷えて血流が悪くなってしまいます。
冷えた飲み物を一気に飲んだりすると胃が急激に冷えて、胃もたれや胸焼けを起こすので注意しましょう!

また、夏野菜はカラダを冷やすため、冷えを緩和する醤油や味噌をつけて食べましょう。

シャワーで入浴を済ませている

暑い夏はシャワーで入浴を済ませる方も多いと思います!
しかし、シャワーの場合お風呂に浸かるより圧倒的にお湯にあたる時間が少ないので、血流が改善されず冷えの症状が治りません。

冷え性の原因は血流の悪さなので、しっかりとお風呂で温まり、血流を改善させましょう。
一番良いのはぬるめのお湯にゆっくりと浸かることです!
熱いお風呂にはカラダの表面を温めるだけなので、お風呂からでると体温が下がってしまいます。

夏冷え対策しましょう!

それではどのような対策をすれば良いのか教えちゃいます!

1.カラダを温める食事を摂ろう!

夏でもカラダを温める食材を意識して食べてみてください。
野菜なら、
・かぼちゃ
・にんじん
・ネギ
・にんにく
などが効果的です!

またダイエット中だからといってタンパク質を制限しているとカラダが冷えやすくなってしまいます。
肉類、魚類、豆類なども取り入れバランスの良い食事を摂りましょう!

2.しっかりと湯船に浸かろう!

冷房にさらされたカラダは思ったよりも冷えています。
38〜40度のお湯にしっかりと浸かって冷えを改善しましょう。

20分ほどじわっと汗が出てくるまで浸かってください。
カラダが芯から温まり筋肉のコリもほぐれます。

また、お風呂上がりはなるべく早く髪の毛を乾かし、冷えないようにしましょう!

3.エアコンを設定温度を見直そう!

エアコンの設定温度が低すぎると、外の気温との差が大きくなり自律神経を乱してしまいます。
外気温マイナス3〜4度くらいに調整するのが良いでしょう。
エアコンを付けっ放しにすると、カラダが寒さに鈍感になりますので、たまには外気を取り入れるのも大切です。

また、エアコンの風が直接当たってしまうと、低体温症になったり、脱水症状になる危険性があります!
直接当たらないよう風向きをコントロールしましょう!


 

以上、夏冷えの原因と対策を紹介しました。

冷え性は冬にだけ起こると思われがちですが、夏に冷え性に悩まされることもあります!
夏になると体調が悪いかも・・・という人はもしかしたら夏冷えが原因かもしれませんね!
今年の夏はしっかりと冷えの対策をして夏を満喫しちゃいましょう!

合わせて読みたい!冷え性対策の記事

冷え性さん必見!基礎代謝を上げる方法

冷え性対策!代謝アップの方法:ブリッジとブリッジ練習

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード