夏のダイエット中に!太らないアイスと食べ方・選び方って?

「ダイエット中だけど、冷たいアイスが食べたい!」
そんなあなたに、食べても太りにくいアイスと食べ方・選び方を紹介します。

暑い夏の季節、ついつい食べたくなってしまうのがアイスですよね。
しかし、砂糖や脂質で高カロリーなものが多く、ダイエッターにとってアイスは危険な誘惑!
それでも食べたくなった時に、食べても太りにくいアイスと食べ方・選び方のコツを紹介します。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

どんな種類のアイスがあるの?

アイスといっても色々な種類があるって知っていましたか?
アイスクリームの種類は主に4つの種類に分類されます。

具体的にどんな特徴があるのか紹介します。

アイスクリーム

乳固形分15.0%以上、乳脂肪分8.0%以上のものがアイスクリームです。
風味がよいのが特徴的で、市販アイスだと、ハーゲンダッツ・パルム・ピノなどが挙げられます。

アイスミルク

乳固形分10.0%以上、乳脂肪分3.0%以上のものがアイスミルクです。
乳固形分と乳脂肪分は、アイスクリームに比べて少ないですが、植物性油脂が配合されていることもあります。
市販アイスだと
・雪見だいふく
・チョコモナカジャンボ
・牧場しぼり
などのことを指します。

ラクトアイス

乳固形分3.0%以上のもので、乳固形分は少ないですが、風味を出すために、植物性油脂が使われているものが多いのがラクトアイスです。
市販アイスだと、
・エッセルスーパーカップ
・サンデーカップ
・クーリッシュ
・白くま
などが挙げられます。

氷菓

乳固形分3.0%未満のものは、「氷菓」と規定されています。
果汁を凍らせたアイスキャンディーやシャーベットなどは法的には「氷菓」とされ、「アイスクリーム」の分類には含まれません。
上記3種のアイスクリーム類とは別扱いとなりますが、比較的カロリーが低いものが多いです。
市販アイスだと
・スイカバー
・ガリガリくん
・ICE BOX
・あずきバー
・メロンボール
・シャビィ
などです。

アイスを食べても太りにくくするコツ

ダイエットは何よりストレスをためないことが大事です。
ちょっと食べ方や選び方を工夫すれば、アイスを食べても問題なく食べられますよ♡
アイスを食べても太りにくくするコツを3つ紹介するので、おさえておきましょう。

空腹時に食べるのは避ける

空腹な時は糖分が一番吸収されやすい状態です。
アイスクリームなどの甘いものを食べてしまうと、糖分を一気に吸収して血糖値が急上昇してしまいます。
血糖値は急に上がれば上がるほど脂肪を作りやすくなってしまうので、食後のデザートとして食べることがベターです。

カップタイプを選ぶ

コーンタイプのアイスクリームは実はかなりカロリーを多く含んでいるのです。
薄い感じのコーンで約50kcal、ワッフルコーンと呼ばれるものになると約100kcalというものもあります。
ついついコーンと一緒にアイスを食べたくなってしまうと思いますが、カップタイプのものを選びましょう♪

おやつの時間に食べる

アイスクリームは、冷たいので、体温をさげ、体温を戻そうとカロリーが消費されます。
その働きが、1番発揮されるのが、午後3時くらいです。
1日のうちで体温が最も高、く3時から6時の間がエネルギーの代謝もよく、食べても太りにくい時間帯!
おやつの時間にアイスを食べるのが、どの時間帯よりも安心して食べられるんです♡


 

以上、太らないアイスの食べ方と選び方を紹介しました。
ダイエット中だからといっても、たまには自分にご褒美を上げることも大事です。
食べたいものに制限をかけすぎてしまうと、ストレスの原因になってしまうので、量や選び方に気を付ければいいんです!
太らない食ベ方を身に付けてしまえば、スリムをキープすることは可能なので、ちょっと工夫をして美味しくアイスを食べちゃいましょう。
また、ほかにもダイエット食についての記事をまとめてみたので合わせて読んでみてください♡

合わせて読みたい!ダイエット中の食事についての記事

たくさん食べるのに細いのはどうして?あの人が太らない3つのコツ

ダイエット中におすすめ☆居酒屋メニューを紹介

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード