ダイエット停滞期?痩せない原因と抜け出す方法って?

ダイエット中に体重が減らなくなってしまうと、やる気も落ちますよね。
今回はそんなダイエットの停滞期の原因と抜け出す方法を紹介します。

ダイエットをすると必ず訪れる停滞期…
順調に体重を落としていたのに、痩せないとやる気もなくなってしまいますよね。

今回はダイエット停滞期の原因と抜け出す方法について紹介します。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

ダイエット停滞期とは?

ダイエットを始めたときは、摂取カロリーが減り、消費カロリーが多くなるため、体重は落ちやすくなっています。
目標の体重まであと少しなのに、あまり体重が落ちなくなってきた…という経験ありませんか?

このダイエット停滞期は、実は人間にはある程度体重が減ると、体重減少を止め、命を守ろうとする機能がある備わっているので訪れてしまうのです。

ダイエット停滞期の原因ホメオスタシスって?

人間にはホメオスタシスという機能があります。
ダイエットにより、体重が落ち始めると脳が「命の危険だ危ない!」と判断してしまいます。
そしてカラダが、消費エネルギーを抑えたり、食事から摂取できるエネルギーを効率よく摂ろうとしてしまうんです。

この機能を「ホメオスタシス」という言い、どんなダイエットをしてても、体重の5%が落ちた時にホメオスタシスが働いてしまいます。

ダイエットを成功させるためには、ホメオスタシスと上手に向き合うことが鍵なんです!

ダイエット停滞期はいつまで続くの?

ダイエット停滞期は個人差にもよりますが、2週間〜1ヶ月続くと言われています。
もちろん決してその期間中に終わらないこともあるので、もっと長い期間続いてしまうことも…。

せっかくダイエットで順調に体重が減っていても、体重が落ちなくなってしまったら挫折してしまいますよね。

しかし、停滞期は必ず終わります!
そんな停滞期をなるべく早く抜け出す方法があるんです♪

ダイエット停滞期の抜け出し方

体重計に乗らない

体重計に乗っても、体重が減っていないとやる気もなくなってしまいますよね。

それなら思い切って食事制限を続け、体重計を片付けてしまいましょう。
痩せない!とヤケになってしまって挫折してしまったら、本末転倒です。

「今は体重が減らない停滞期」と思い、1ヶ月ほど体重計に乗らないのも1つの手段。
食事制限や運動さえ続けていれば、きっと次体重計に乗った時は、体重が減っていると思います。

食事のメニューを振り返ってみる

具体的に1日の食事内容や摂取カロリーを、計算してみたことはありますか?

面倒臭いかもしれませんが、摂取したカロリーと食べたものを、振り返ることはとても大切です。
実際に見返してみて、思った以上にカロリーを取っていたり、偏った食事を摂取しているかもしれません。

栄養バランスやカロリーがチェックできるので、停滞期を招く原因もわかり、再び痩せやすいカラダに戻るかも。

チートデイを作る

チートデイとはホメオスタシスを騙すこと。
カラダに一時的にカロリーを多めに取り入れ、「もう命の危険じゃないよ!大丈夫。」と思わせる方法です。
週に一度だけたくさん食べる日を作り、他の日は食事制限を続けるのがベスト◎

ただし、チートデイを行うべき人は、
・摂取カロリー<消費カロリーを守っている
・ダイエット停滞期から2週間ほど経過したあと
・ダイエット中偏った食生活をしていない
など、上記に当てはまっている場合のみ効果があります。

個人での判断が難しいため、専門家に判断してもらう方が良いと思います。


 

以上、ダイエット停滞期の原因と抜け出す方法を紹介しました。

ダイエットを頑張っているのに、あまり痩せないと挫折してしまいそうになりますよね。
体重が落ちなくなったからと焦らず、コツコツとダイエットを続けるのが成功への近道です。
ダイエット方法を見直す機会でもありますので、停滞期がきたからと焦らず、自分なりに工夫してダイエットを続けてみてくださいね。

合わせて読みたい!ダイエットに関する記事

私のBMIって大丈夫?女性の標準値と計算の仕方も紹介

美容にもダイエットにも♪女性にプロテインをオススメしたい理由

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード