0円で肌が綺麗に♪お風呂で歯磨きが美肌に繋がる?

今回はお風呂で出来る美容方法を紹介します。
お風呂で歯磨きをすることが、美容に繋がるって知っていましたか?

普段半身浴など、風呂に使っている時何をしていますか?
お風呂の余った時間を使って、肌が綺麗になるなら、嬉しいですよね♪

そんな人にオススメしたいのがお風呂で歯磨きをする方法です。
実はお風呂で歯磨きをすることが美肌に繋がっちゃうんです。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

そもそもお風呂に浸かった時の効果は?

お風呂には浸かった方が良いと、よく聞くと思いますが実際にはどのような効果があるのか知っていますか?

お風呂に入るだけで、
・カラダの疲れをとる
・基礎代謝がアップする
・むくみがとれやすくなる
・リラックス効果
など様々な効果が期待できます。

女性にとって嬉しい効果がたくさんありますね。
もちろん浸かるだけでも美肌効果があるのですが、歯磨きをした方が効果がアップするんです。

お風呂で歯磨きがなぜ良いの?

お風呂に入るとリラックスできますよね。
リラックス効果が得られると同時に、副交感神経が優位になります。
その状態で歯磨きを行うと「パロチン」というサラサラの唾液が分泌されやすくなるんです。

この「パロチン」という成分が、美容にとってとても良い効果があると考えられています。

パロチンの効果

パロチンという成長ホルモンは、別名「若返りホルモン」とも呼ばれているんです。
歯や骨の再石灰化を助け丈夫にしてくれるほか、髪や肌を美しくする効果が期待できちゃいます。

パロチンはストレスや加齢などにより、分泌されにくくなるので、意識的に出すことが大事なんです。
お風呂で歯を磨く以外にも、よく噛んだり、顔まわりをマッサージすることで分泌を促すことができます。

パロチンを分泌させるポイント

歯磨き粉をつけないほうが良い

歯磨きをする際に、歯磨き粉をつける人は多いと思いますが、お風呂でする時はつけないことをオススメします。
歯磨き粉をつけて磨いてしまうと、短時間で切り上げたくなってしまい、パロチンがあまり分泌されない可能性があるためです。

歯磨き粉をつけないとスッキリしない分、きっちりと長い時間磨きたくなると思います。
長時間磨けば、パロチンの分泌を促すことができちゃうんです。

お風呂に浸かっている時間を、たっぷりと使って磨きましょう。

口をゆすぐ時はシャワーが良い

最後に口をゆすぐ時はシャワーがオススメです。
温かいシャワーで刺激することにより、パロチンの分泌が増えます。

シャワーで歯茎をしてあげることにより、歯周病の予防にも効果的◎

ほかにもお風呂で歯磨きをするメリットが

お風呂で歯磨きをすると、美肌以外にも良いことがたくさんあります。

丁寧に歯磨きができる

湯船に浸かっていると他にすることがなく、丁寧にゆっくりと歯磨きをすることができます。
実は歯医者で推奨されている歯磨きの時間は15分です。
意外と長いですよね。

また、丁寧に歯磨きをしていると、湯船に浸かっている時間も自然と長くなります。
じっくりとカラダを温めることで汗腺が開きやすくなり、老廃物を流すのにも、血行促進で疲労回復にも繋がっちゃうんです。

歯の汚れが落ちやすい

お風呂に浸かり、カラダが温まることによって、新陳代謝が良くなります。
すると、歯茎が緩み、汚れが落ちやすくなるというメリットも。

歯ブラシだけで汚れが落ちるので、歯磨き粉が必要なくなっちゃうかも。
また、温まって緩んだ歯茎を軽くマッサージしてあげると、歯周病予防にも口臭対策にも効果的です。


 

以上、お風呂で歯磨きのメリットを紹介しました。

お風呂の中って意外にすることが限られますよね。
お風呂で歯磨きをすると、時間の有効活用もできますし、美容にも繋がりますので、是非習慣化してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!お風呂に関する記事

今日から実践できる♪お風呂で”正座”ダイエットとは?

お風呂で簡単ダイエット!「お風呂で痩せれるって本当?!」やり方と効果を解説

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード