魅惑のぷるぷる唇を作りましょう!唇ケアの方法とは?

女性らしいぷるぷるの唇って憧れますよね♪
今回は唇ケアの方法で美しい唇を目指しちゃいましょう。

唇って気づいたら乾燥してしまったり、トラブルが多いですよね。
唇ケアの定番のリップクリームを塗っている人も多いと思います。

今回はぷるぷる唇に繋がる唇ケアの方法を紹介します。
みんなから羨ましがられる唇を目指しちゃいましょう♪

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

唇トラブルの原因は?

唇はデリケートな部分で、トラブルを起こしやすい部分でもあります。
日常生活の中でも、唇の荒れや乾燥に繋がってしまう行動があるので、無意識にやっている人は注意してみましょう。

口呼吸をしている

無意識に口呼吸をしてしまっている、という人も少なくないのではないでしょうか。

口呼吸は、呼吸のたびに唇に空気が触れるため、唇が乾燥しやすくなってしまいます。
また、口呼吸は空気に湿り気がないまま、口の中に入ってくるので、口の中も乾燥しやすくなってしまうかも。
意識して鼻呼吸をするように改善すると良いかもしれません。

唇を舐める

唇を舐めてしまう癖のある人もいますよね。
しかし、唇を舐めてしまうと、唇の表面に残った水分が蒸発する時に、唇の水分を奪うため、乾燥の原因に。

たくさん舐めてしまうと、唇のひび割れの原因にもなるので、もし唇を舐める癖がついている人は注意しましょう。

口紅の落とし漏れ

口紅の落とし方が不十分で、化粧成分が唇に残ってしまうと、乾燥や唇荒れの原因になってしまいます。
口紅をキレイに落としたり、食後は唇の汚れを拭き取ったりし、唇を清潔に保つのがポイントです。

また、口紅などに入っている成分が唇に合っていないと、荒れる原因になります。
合わないと感じたら一度使うのを止め、様子を見ましょう。

唇ケアの方法

それでは、唇のケアの方法を紹介します。

リップクリームを塗る

唇の乾燥を防ぐのに、リップクリームが効果的です。
ただし、塗る時にいくつかのポイントがあります。

リップクリームを縦に塗る

ほとんどの人は、リップクリームを塗る時に横に塗っているのではないでしょうか。
実はこれは間違いです。
唇の縦じわに合わせて、縦方向に塗ると、唇の刺激を避けることができ、保湿力を高めるのに効果的◎

重ね塗りをする

唇に何度も塗り直しをしてしまうと、唇への摩擦へとなり、ダメージに繋がってしまうかも。
リップの塗るタイミングとしては、
・朝の洗顔後
・歯磨き後
・食事の後
・お風呂上がり
が良いでしょう。

固いまま使っている

リップクリームは寒い日だと、固まってしまうことがあります。
固まったまま、力任せに塗り広げてしまうと、摩擦になってダメージに。

リップを塗る時は、パッケージの上から少しの時間握ると、温まって柔らかくなりやすいです。
手で一度温めてから塗るようにしましょう。

リップパック

ワセリンやはちみつ、オリーブオイルを使ったパックも効果的です。

やり方は、入浴後にパックの材料を唇に塗り、優しくマッサージします。
唇は少しの刺激でも刺激になってしまうため、優しくするのがポイントです。

また、材料を唇に塗ったあとに、ラップをするのもオススメ。
材料を唇に塗った後に、上からラップをし、10分間放置するだけです。
ラップを覆うと、より保湿効果が期待できちゃいます。

栄養を摂る

唇は肌よりも表皮が薄いため、栄養が不足してしまうと、すぐにダメージが出てしまうと言われています。
特に取らなくてはいけない栄養素は、
・ビタミンA(レバー、ほうれん草、人参など)
・ビタミンC(パプリカ、いちご、レモンなど)
・ビタミンB2(卵、納豆、乳製品など)
・ビタミンB6(豆類、マグロ、バナナなど)
です。

バランスの良い食事でキレイな唇に近づけちゃいましょう。


 

以上、唇ケアの方法について紹介しました。

繊細でダメージを受けやすい唇だからこそ、日々のケアが大事になってきます。
今回紹介したケアの方法を実践してみて、女性ならではのぷるぷる唇を手に入れちゃいましょう。

合わせて読みたい!口元に関する記事

口角アップで第一印象もアップ! 笑顔美人を作る簡単顔ヨガ

口臭の原因はなに?30代から始める口臭対策

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード