痩せるまでがダイエットではありません!リバウンドを防止する方法

ダイエット後に一番気をつけなくてはいけないのは「リバウンド」ですよね。
今回は、そんなリバウンドを防止する方法を紹介します。

ダイエット後に体重が元に戻るという経験をしたことありますか?
リバウンドを経験したという人は意外に少なくありません。

今回はそんな恐ろしいリバウンドを防止する方法を紹介します。
痩せた後もしっかりとアフターケアをして、体型を維持しましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

リバウンドの原因は?

そもそも、どうしてリバウンドを起こしてしまうのでしょうか。

私たち人間のカラダは1ヶ月に体重の5%が減ってしまうと、カラダが飢餓状態とみなされ、危険信号が送られます。
危険信号が送られると、カラダが太ろうとしてしまいます。

また、今まで我慢していたけど、解放されて、たくさん食べてしまうということも考えられるでしょう。

減量後は体重を3ヶ月間キープ

体重後に人間のカラダには「元に戻そうとする」という機能が働くため、維持するのが最大の難関です。
この機能は「ホメオスタシス機能」と呼ばれています。

例えば、寒いときに震えがとまらなくなったり、暑いと汗が止まらなくなったりしますよね。
これは、ホメオスタシス機能が働くことにより、体温調整をしようとしているからなんです。

このホメオスタシス機能が正常の体重と判断すれば、リバウンドを防ぐことが可能です。
早ければ2週間、遅ければ3ヶ月の間、減量後の体重を保つことで、基準の体重が変わります。

そのため、長くても3ヶ月は減量後の体重をキープしたいところです。

ダイエット後の体重キープ方法

ストレスから解放されたからといって、ドカ食いは禁物です。
理想の体重をキープするための方法を紹介します。

食事は徐々に増やしていく

ダイエット成功したからといって、今までの食事に唐揚げを追加などは避けたいところです。
まずはダイエット中の食事を続けて、1品ずつ食事の量を増やしていきましょう。

量を増やしてしまうと、どうしても体重を増えてしまいますが、ある程度は気にしなくても大丈夫です。

バランスの良い食事を摂る

減量中は、ホルモンバランスが変わるので、基礎代謝が下がっているかも。
代謝を整えるためには、バランスの良い食事を摂ることが重要です。

また、カラダは朝にエネルギーを消費しようとし、夜になると睡眠に入るために、消費エネルギーを抑えようとします。
そのため、朝にたくさん量と食べ、夜にかけて食べる量を控えていくのがオススメです。
カラダを作る成分である「たんぱく質」は体重の維持に繋がりますので、摂取するように心がけましょう。

筋トレを取り入れる

カロリー制限や糖質制限で体重が減った場合、減った体重は主に、水分・脂肪・筋肉です。
特にこの中で筋肉が問題で、筋肉が減ると代謝が減り、太りやすいカラダに繋がってしまうかも。

そのため、ダイエット後も筋トレや運動は、続けたほうが体重維持に効果的◎
カラダの筋肉力が増えると、基礎代謝も上がるし、引き締まったカラダにも繋がります。

筋肉をつけるためには、無酸素運動がオススメです。
ダイエット中に落としてしまった筋肉を取り戻しちゃいましょう♪

ストレスを溜めないようにする

過度な食事制限や運動などで痩せたあとは、ストレスが溜まっているかもしれません。
ストレスによる反動で痩せた後に、やけ食いやドカ食いをしてしまいがちですよね。

暴飲暴食をしてしまえば、すぐに体重が元に戻ってしまいます。
ダイエット成功後も躍起になってドカ食いをするのではなく、自分なりのストレス発散方法で我慢しましょう。


 

以上、リバウンドを防止する方法について紹介しました。

体重が減ったからといって、急に運動をやめたり、過度な食事をしてしまうと、また体重は戻ってしまいます。
ダイエット成功への鍵は、その後3ヶ月は体重をキープすることです。
今回紹介した方法で、ダイエット→リバウンドの悪循環を断ち切っちゃいましょう♡

合わせて読みたい!ダイエットに関する記事

美容にもダイエットにも♪女性にプロテインをオススメしたい理由

たくさん食べるのに細いのはどうして?あの人が太らない3つのコツ

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード