その症状、夏バテじゃなくて秋バテかも?秋バテの原因と対策方法とは?

夏が終わっても夏バテのようなだるさが続く…。
その症状もしかしたら、「秋バテ」かもしれません。
今回は秋バテの原因と対策を紹介します。

ようやく涼しくなってきて、夏バテも解消!と思ったら、まだ少しカラダがだるい・・・。
そう思っている人は、もしかしたら夏バテの症状ではなく、秋バテかもしれません。

今回は秋バテの原因と対策方法を紹介します。
秋バテを吹き飛ばして、秋を満喫しちゃいましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

夏バテと秋バテの違い

夏になると、暑さのせいで体調不良が続いたり、食欲不振になる夏バテになってしまう人も多いのではないでしょうか。

では、夏バテと秋バテは、どのような違いがあるのでしょうか。
7〜8月の時期に、暑さのせいで何となく元気がなかったり、だるかったりする症状です。

それに対し秋バテとは、食欲がなくなったり、疲れやすくなり、立ちくらみや目眩がします。
また、頭がぼーっとしたり、寝不足で朝起きれなくなったり、便秘になったりするのも、秋バテの特徴の一つです。

秋バテの原因

夏の暑さを引きずったまま、クーラーを同じ温度にしていたり、薄着や冷たいものを取りすぎていませんか?
そういった生活をしていると、カラダの中は冷えた状態になり、夏バテが解消されるどころか、もしかしたら秋バテになっちゃうかも。

夏の間に、冷房などで自律神経が乱れ、カラダが冷えていたり、血の巡りが悪くなっていたりすることが、大きな原因です。
特に秋は、朝夜の寒暖差が激しく、体調も崩しやすい時期なので、気をつけたいですよね。

秋バテの対策は?

1.食事に気をつける

食事をする際は、なるべく冷たいものを避け、温かいものを食べるようにしましょう。
ショウガやシナモン、そのほかには、ニンジンやネギなどの根野菜もオススメです。
秋が旬のかぼちゃもカラダを温めるのには効果的◎

胃腸が弱っているときは、無理をせず、よく噛んでゆっくりと食べて胃の負担を減らしましょう。

2.お湯に浸かる

寝る2時間前くらいに、38〜40度くらいのぬるめのお湯に浸かるのも、効果的です。
お湯にゆっくりと浸かることで、心身ともにリラックスし、疲労や胃腸の回復を手助けしてくれます。

胸から下の半身浴をしながら、洗髪やカラダを洗うという行為をするために、2〜3回浴槽に出たり入ったりすることで、血流の活発に繋がります。

3.寒さ対策

秋といえばまだまだ、寒かったり暑かったりする時期ですよね。

そのため、オフィスや電車内など空調の温度が決められている場合は、カーディガンなどを小まめに着脱し、温度の調整をしましょう。
さらに、靴下や腹巻きなどの道具を活用し、首元・手首・足首といったカラダの末端やカラダの芯を温めるようにすることも、重要なポイントです。

4.運動をする

軽い運動をすると、脳内でカラダを活性化させるホルモンが分泌され、1日スッキリとした状態になります。
20分〜30分の運動で大丈夫です。

また、カラダから汗を流すことで、体温の調整もしてくれます。
夏は暑いという理由で運動を控えていた人も、涼しい秋に運動を再開する良いタイミングです。
カラダ本来の体温調整機能を取り戻すために、軽い運動を継続して行いましょう。


 

以上、秋バテの原因と対策について紹介しました。

夏になってしまった夏バテを引きずってしまうと、そのまま秋バテになってしまう可能性もあります。
寒暖差が激しくなる秋は、何かと体調を崩しがちなので、夏の終わりから対策をはじめて、快適な秋を迎えてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!健康に関する記事

たったこれだけ?疲れない7つの習慣

【健康になる方法】生活習慣を変えればカラダが変わる!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード