集中できない!そんな時にオススメしたい集中力が切れたときに試したい対処法6選

どうしても集中力が切れてしまうときってありますよね。
今回はそんな時に使える、集中力を復活させる方法を6つ紹介します。

やることが多いのに、どうしても集中できない!
やらなきゃいけないと思っていても、集中できなくなってしまっては、効率も下がってしまいます。

今回は集中力が切れたときに試してほしい対処法を6つ紹介します。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

集中できない原因は?

寝不足、お昼ご飯後など集中できないポイントはたくさんありますよね。
自分でも「今日はなんだか集中できないな」という日があると思います。

集中できない原因として挙げられるのは、
・疲れ
・気が散る
・飽き
・危機感が持てない
など様々なものがあります。

人間の集中力

私たちは常日頃、生活音などのノイズに囲まれて生活しています。
自分専用の集中できる部屋を用意してもらえるなら、話は別ですが、誘惑は身の回りにたくさん・・・。

人が最高の集中力を発揮し続けられる時間は、とても短いと言われています。
私たちの頭はたくさんの情報を処理しているので、常にパンク状態になりがちです。
そんな中でちょっとした刺激を加えられてしまうと、すぐに集中力が切れてしまっても仕方がありません。

そこで大事なのは、集中力が切れてしまった時に、どのように集中力を取り戻すかです。

カラダを動かしてみる

集中できない時には一度立ち上がって、カラダを動かしてみてはいかがでしょうか。
脳に酸素を送り込めるジョギングが効果的です。

また、運動をするとエンドルフィンも分泌されるので、カラダにエネルギーが戻ります。
さすがに会社だからジョギングはできないという人も、自販機まで少し歩いたりしてみましょう。

整理整頓をしてみる

机の上が散らかってしまっていると、気になってしまいますよね。
できるなら、机の上は必要なもの以外置かないことが理想です。

机の上がキレイになれば、入ってくる情報量が少なくなるので、集中しやすい環境につながります。
一度身の回りの整理整頓をしてみてはいかがでしょうか。

やることを明確にする

やるべきことが多いと、脳もパニックになってしまい、集中力がなくなったり、効率も落ちてしまいます。
なので、一度今日中にやらなきゃいけないことを明確にして、整理してみるのも良いかもしれません。

やることを明確にすることで、同時進行できるものが見えてきたり、優先順位をつけることにより、最小の労力で済むように作業できるかも。
それでも集中力が続かない場合は、集中しなくても出来る簡単なことから消化していくのも良いでしょう。

場所を変えて見る

いつも同じ場所でやっていると、その環境に慣れてしまい、集中力も落ちてしまうかもしれません。

たまには、カフェや図書館など、場所を変えて仕事をするのも効果的です。
普段とは違う場所で作業をする分、緊張感も増しますし、気分転換になり集中力も増します。

また、カフェなど行くと仕事や勉強をしている人も多いですよね。
周りの人を見て刺激にも繋がりますし、周りの目もあるのでぼーっとはしてられないという気持ちにもなります。

昼寝をする

集中力が続かないなら、いっそのこと昼寝をしてしまうのも一つの手。
脳の疲労が溜まっていると、どうしても集中できなくなってしまうものです。
昼寝をすることで、脳のリフレッシュにも繋がります。

この時大事なのは、長時間寝てしまわないことです。
10〜15分ほどの昼寝でも脳の機能が回復します。
寝る前にコーヒーなどのカフェインを飲んでおくと、スッキリ起きやすくなるのでオススメです。


 

以上、集中力が続かない時の対処法について紹介しました。

長い間集中するのは、難しいですよね。
そんな時は無理に向き合わず、自分なりの方法で脳をリフレッシュすることが大切です。
そうすることで、効率も集中力もきっとアップするでしょう。
是非今回紹介した方法や、自分なりのリフレッシュの仕方で一度脳を休めてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!健康に関する記事

その疲れに気づいていますか?疲れやすい生活習慣と疲れないための対策

最近寝れてる?睡眠のためのマインドフルネス

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード