MCTオイルの効果がスゴイ!MCTオイルの効果や摂り方について紹介

MCTオイルってオイルを聞いたことがありますか?
今回はMCTオイルの効果や摂り方を紹介します。

みなさんはMCTオイルを知っていますか?
ココナッツオイルやアマニ油などのオイルが話題になりましたよね。
そんな中、今注目されているのがMCTオイルなんです。

今回はMCTオイルの効果や摂り方について紹介します。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

MCTオイルとは

MCTオイルと聞いてもぱっとしないですよね。
MCTオイルとは、
・Medium
・Chain
・Triglycerides
の頭文字をもので、中鎖脂肪酸のことを意味します。

中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の1つとされています。

MCTオイルのここがスゴイ

ではなぜ、MCTオイルが注目されているのでしょうか。

それは、中鎖脂肪酸の含有率です。
同じく中鎖脂肪酸を含んでいるココナッツオイルは、全体の約60%が中鎖脂肪酸量です。
それに対し、MCTオイルに含まれる中鎖脂肪酸量はなんと、100%

MCTオイルは、中鎖脂肪酸だけ含んでいるオイルなんです。

MCTオイルの効果

脂肪がたまるのを防ぐ

飽和脂肪酸は、エネルギーを作る役割をするので、人間が活動する上で必要な成分となります。
しかし、摂りすぎてしまうと、中性脂肪やコレステロールが蓄積され、肥満の原因になってしまうかも。

しかし、MCTオイルに含まれる、中鎖脂肪酸は飽和脂肪酸の中でも、体内に脂肪として残りにくいと言われています。

脂肪を燃えやすくする

中鎖脂肪酸が体内に取り入れられると、肝臓で分解され「ケトン体」という物質に変わります。

ケトン体は、ブドウ糖の代わりにエネルギーとして使われる物質です。
そして、ケトン体は脂肪から作り出されます。
ケトン体が体内で作られて、エネルギーとして消費されると、体脂肪が燃焼されていくということになります。

リバウンドがしにくい

ダイエットをした後に、怖いのはリバウンドですよね。

食事制限のダイエットは、
・筋肉量が落ちる
・代謝が落ちる
などの理由で、リバウンドをしてしまう人も多いと思います。
しかし、中鎖脂肪酸によるケトン体質ダイエットは、筋肉量も代謝も落ちないので、太りにくい体質になり、リバウンド防止にも効果的なんです

健康効果

MCTオイルが優れているのは、ダイエット面だけではなく、健康面でもその効果を発揮します。

具体的には、
・持久力がアップする
・認知症やアルツハイマーの防止
・便秘になりにくい体質作り
などの効果が期待できちゃいます。

MCTオイルの摂り方

MCTオイルの摂り方は、基本的に料理に適量を垂らすだけでOKです。
無味無臭なので、どんな料理にも合いますし、味の影響はほとんどありません。
そのほかにも、オススメの摂取方法があるので紹介します。

コーヒーに混ぜる

料理に混ぜるのだけではなく、コーヒーに入れてもダイエット効果を期待できちゃいます。
コーヒーに小さじ1杯〜大さじ1杯程度を入れて、混ぜるだけです。

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪燃焼効果もあるので、相乗効果が狙えます。

ドレッシングに使う

ダイエット中は、摂取カロリーを抑えるために、サラダを食べる機会が増えますよね。
サラダは、食物繊維やビタミンなどを摂取できるのでダイエットには最適です。

そんなサラダですが、ダイエット中はカロリーを気にして、ドレッシングはノンオイルを使っている人も多いのではないでしょうか。
そんな時にMCTオイルを使えば、物足りなさも解決できちゃうかもしれません。


 

以上、MCTオイルの効果と摂り方について紹介しました。

コーヒーや普段の料理に混ぜるだけで、様々な効果が期待できちゃいますね。
ただ、食べ過ぎれば太ってしまうので、しっかりとカロリー計算をし、日頃の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!食に関する記事

チョコレートは太りやすい?高カカオチョコの驚くべき効果とは!

にんにくの健康効果がすごい!気になる臭いを消す方法も教えちゃいます♡

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード