何も塗らなくても爪をキレイに♪すっぴん爪を綺麗にする方法とは?

ネイルなどを塗っているため、素の爪の状態を意識していない人も多いのではないでしょうか。
今回は、すっぴん爪をキレイにする方法を紹介します。

マニキュアやジェルネイルなどで、ネイルケアをしている人も多いと思います。
しかし、職場などでカラーを塗れない場面もありますよね。

そんな時でも、爪を綺麗に見せるネイルケアの方法を紹介します。
すっぴん爪でも綺麗な指先を目指しちゃいましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

爪を綺麗にするメリット

普段、自分の何も塗っていない爪を気にしたことがありますか?
意外に爪は他人に見られているんです。
ファッションやメイクがばっちりでも、指先の爪のケアがされていないと、幻滅されてしまうかもしれません。

とくに、何も塗っていないすっぴん爪がキレイだと、相手に与える印象も好印象になります。
清潔感があり、美意識が高い人こそ、すっぴん爪のケアを怠っていません。

爪を汚くしてしまう要因

深爪

仕事上仕方ない場合もありますが、深爪は汚くしてしまう原因になってしまうかも。
深爪に切ってしまうと、爪の白い部分の割合が増え、爪の中に汚れが溜まりやすくなってしまいます。

白い部分を1m〜2m程度残して切るようにすると、爪のピンクの部分が伸びてきます。
そうすると、爪の間に最近や汚れの防止に繋がるので、キレイな状態を保つのに効果的です。

マニキュアの塗りすぎ

マニキュアは、爪をキレイに見せるのにとても便利なアイテムですよね。
しかし、頻繁にリムーバーを使用したり、ベースコートなしで塗ってしまうと、爪が黄ばみやすくなってしまいます。

マニキュアの塗り替えは、多くても週に1回くらいに控えておきたいところです。

乾燥

爪も言ってしまえば、皮膚の一種です。

乾燥すると、ツヤがなくなったり、ガサガサの爪に繋がってしまいます。
また、乾燥により、折れたり割れやすくなったりしちゃうかもしれません。

爪をキレイにする方法とは?

それでは、爪をキレイにする方法を紹介します。

食事に気をつける

爪は主に、髪や皮膚と同じケラチンというタンパク質から作られています。
なので、毎日の食事に気をつけることは、爪をキレイにすることに効果的◎

爪をキレイにするために、摂取したい食事は、
・タンパク質(肉類・魚類・大豆など)
・ビタミンA、B2(レバー・緑黄色野菜など)
・ビタミンE(ナッツ類・ほうれん草・カボチャなど)
・亜鉛(牡蠣・卵・ホタテなど)
・鉄分(ひじき・あさり・小松菜など)
・カルシウム(乳製品・豆腐・イワシなど)
です。

爪の健康は、髪や皮膚の健康にも繋がっているので、是非積極的に摂って見ましょう。

保湿をする

乾燥を防ぐために、油分や水分を与えることも効果的です。
普段塗っているハンドクリームを、意識して爪先まで塗ってみましょう。
この時、しっかりと爪の周りや甘皮まで全体的に塗り込むのがポイントです。

続けることで、丈夫でピカピカの爪に繋がっちゃいます。

形を整える

爪をキレイにするために大事なのが、爪の形を整えることです。
爪切りについているヤスリなどで、爪をしっかりと整えてあげましょう。

この時、お風呂上がりや、手を温めると爪の形を整えやすくなります。

また、爪切りを使用する時に、勢いよく切ってしまうと、ヒビが入ってしまうかもしれないので、丁寧に切りましょう。
仕上げに爪の表面を軽く磨くと、よりキレイな爪に繋がります。


 

以上、すっぴん爪をキレイにする方法について紹介しました。

ネイルがダメな職場でも、キレイな爪だと印象は変わってきます。
意外に見られている爪だからこそ、美意識はあらわれてしまいます。
是非今回紹介したケアの方法で爪をキレイにし、指先まで美意識を張り巡らせてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!美容に関する記事

魅惑のぷるぷる唇を作りましょう!唇ケアの方法とは?

首元はごまかせない!デコルテのケアをして首元美人に♡

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード