声も老化する?若々しい声を保ちたい人のための「声のアンチエイジング」とは?

「声のアンチエイジング」って知っていますか?
肌のアンチエイジングなどは、耳にしたことある人も多いと思います。
今回は若々しい声を保つための、声のアンチエイジングの方法について紹介します。

自分では客観的に聞けない「声」。
かわいらしい声やかっこいい声など様々な声質がありますよね。

しかし、声も気付かぬうちに老化していってるんです。
今回は、若々しい声を保つために声のアンチエイジングを紹介します。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

声も老化する?

見た目同様、声も第一印象を左右します。
せっかく、キレイにファッションやメイクをしていても、声が老けてしまっていたら、台無しですよね。

自分では、変化に気づきにくいのですが、実は声も年齢を重ねるとともに老化していきます。

老化したらどうなる?

声が老化していくと、
・大きい声が出なくなる
・声がかすれる
・声が低くなる
・高い声が出にくくなる
などが、症状としてあらわれます。

特に女性の場合は、年齢を重ねていくごとに、声は低くなり、かすれてしまうと言われています。
ハリのなくなってしまった声は、老けた印象を与えてしまうかもしれません。

声が老化する原因

タバコやお酒

声を使うお仕事の人は、タバコやお酒を避けるイメージがあると思います。

声帯の周辺は、とてもデリケートなため、炎症を起こす原因に繋がってしまいます。
タバコの煙で喉が低音やけどになってしまったり、お酒を飲むと喉の水分が減って、痛みやすくなっちゃうかも。
過度なタバコやお酒は、控えたほうが良いかもしれません。

ヒアルロン酸の減少

声帯の表面は、ヒアルロン酸で覆われています。
ヒアルロン酸は、潤い成分と呼ばれており、声帯がスムーズに振動させるための、潤滑油のような働きをしています。
しかし、ヒアルロン酸は加齢とともに減少し、潤いが不足してしまうため、かすれた声になってしまうのです。

声帯の衰え

声帯も筋肉なので、他の筋肉と同様に使わなければ、衰えていきます。

声を出す際には、声帯がぴったりと閉じていなければなりません。
しかし、声帯が衰えてしまうと、声帯がきちんと閉じなくなり、声を出すときに声帯の隙間から息が漏れてしまいます。
そうなると、声がかすれてしまったり、大きな声がでなくなってしまうかもしれません。

声のアンチエイジングの方法

それでは、若々しい声を保つために、アンチエイジングの方法を紹介します。

保湿をする

保湿が必要なのは、肌だけじゃありません。
声を若々しくキープするには、喉や声帯の保湿だって必要です。

喉を乾燥させてしまう口呼吸を避けたり、乾燥している時期は加湿器をつけるのが良いでしょう。
マスクを装着するのも効果的◎

喉や声帯が乾燥してしまうと、抵抗力も低下させてしまうので、病気やアレルギーにも繋がっちゃうかも。
声の老化防止だけでなく、健康でいるためにも保湿は大切なんです。

声帯を鍛える

声帯も筋肉なので、声を出すことによって鍛えられます。

声の老化防止をするために、おすすめなのはカラオケに行って歌を歌うことです。
歌を歌うと、表情筋や声帯、口周りの筋肉をよく使います。
また、腹式呼吸をすることで、息を吐く力も鍛えられるんです。

歌い方や歌う量によっては、喉を痛めてしまう可能性もあるので、歌いすぎには注意しましょう。

刺激物を避ける

タバコやお酒だけではなく、辛い食べ物など刺激のある食べ物は、喉や声帯の炎症に繋がってしまうかも。

例えば、
・唐辛子などの辛味成分
・塩見、酸味
・炭酸飲料
・カフェイン
なども、喉や声帯への刺激が強いと言われています。
アルコールや刺激のある食べ物は、過剰摂取をしなければ、カラダに良いものもあるので、ほどほどに摂取するようにしましょう。


 

以上、声のアンチエイジングの方法について紹介しました。

見た目以外にも話し方や、声などで印象はガラリと変わることがありますよね。
美容に気を使っている人も、一度声のアンチエイジングにも挑戦してみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!アンチエイジングに関する記事

簡単で習慣にできる!本当に美容に良い食べ物4選

え、早くない?20代のためのエイジングケア「アンチエイジングに早すぎることなんてない。」

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード