秋から冬にかけての「赤ら顔」が気になる…。赤ら顔の原因と対策を紹介

気温が下がってきて乾燥してくると、顔が赤くなってしまうことありませんか?
そんな赤ら顔の原因と対策を紹介します。

秋から冬になるにつれて、気温が下がり空気が乾燥してきますよね。
そこで気になってくるのは、顔全体が赤くなってしまう「赤ら顔」。

今回はそんな赤ら顔の原因や対策を紹介します。
赤ら顔を隠すための厚塗りのお化粧にさよならしましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

赤ら顔って?

みなさん赤ら顔という言葉を聞いたことありますか?

通常、人間のカラダは自律神経の働きにより血管が拡張・収縮を繰り返し、血液が循環しています。
しかし、血管が拡張して血流が増えると、皮膚表面から血液が透けてしまうんです。

これにより、顔が赤く見えるようになってしまいます。
この症状が赤ら顔です。

赤ら顔っての原因

乾燥肌による赤ら顔

赤ら顔になってしまう原因の一つに乾燥肌があります。
肌が乾燥するとバリア機能が低下してしまい、外部からの刺激を受けやすくなってしまうかも。

ちょっとした刺激でも反応し、炎症を起こして赤ら顔になりやすくなってしまいます。

強い刺激

洗顔やクレンジングの際にゴシゴシとこすったり、ケアを行いすぎたりすると、肌に刺激が加わり赤ら顔の原因となってしまいます。
強い刺激が加わると、肌が少しずつ薄くなっていき、下に流れる血液が透けて見えてしまうかもしれません。

そうなると、赤ら顔に見えてしまうんです。

敏感肌

敏感肌とは、少しの刺激でもピリピリしたり、かゆみが生じてしまうような肌の状態のことです。
乾燥肌の場合、肌の表面にある水分量が少なく、肌のバリア機能が低下してしまいます。

さらに、角質層自体が薄くなっていることもあり、皮膚の下が透けて見えてしまい、肌が赤くなることもあります。

ニキビ

赤ニキビができると、周辺の皮膚が炎症によって赤くなります。

ニキビが治り、炎症も治れば、赤みも消えていきます。
しかし、完治しない間に新しいニキビができることを繰り返してしまうと、炎症が収まらずに色素沈着を起こし、赤ら顔になってしまうんです。

赤ら顔でもう悩まない!赤ら顔対策

それでは、原因を知ったところで具体的に赤ら顔対策の方法を紹介します。

丁寧な洗顔やスキンケアをする

赤ら顔を防ぐために、刺激や強い摩擦を避けるようにすることが重要です。
クレンジングや洗顔をする際は、優しくソフトに行うようにし、肌をこすらないようにしましょう。

また、赤ら顔が気になる時や、肌荒れがある時はピーリングなどをおやすみし、肌を労わるケアに移行しましょう。
化粧水をたっぷりとつけ、乳液やクリームでしっかりと油分を補うことが赤ら顔対策になります。

肌への刺激を避ける

敏感肌が原因で、赤ら顔になってしまっている人は、スキンケア方法や化粧品だけではなく、身の回りのことにも気を使いましょう。
髪やワックスをつけたあとは、赤ら顔の原因となってしまうことがあります。

赤みが気になってしまうときは、ワックスなどの整髪料を避け、髪が肌につかないようにしましょう。
また、枕カバーやバスタオルなどの汚れが赤みの原因となってしまうことも。
毎日取り替えるようにして、常に綺麗な状態にしておくことが大事です。

生活習慣に気をつける

つい夜更かしをしてしまったり、バランスを考えていない食事をとったりしていませんか?
このような生活習慣をしていると、ホルモンバランスに乱れが生じてしまいます。

改善するためには、しっかりと睡眠をとり、バランスの良い食事をとるように心がけましょう。


 

以上、赤ら顔の原因と対策について紹介しました。

これからの季節赤ら顔に悩まされる人も増えてくると思います。
これ以外にも、脂漏性皮膚炎やアトピー性皮膚炎などの皮膚疾患による原因で、赤ら顔になってしまうこともあります。
もし、治らない場合は病院に行き専門家に診てもらいましょう。

合わせて読みたい!肌に関する記事

もうスキンケアで悩まない!肌断食で美肌を手に入れましょう♪

美肌になりたい!敏感肌の原因と改善方法とは?

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード