目の下のクマが気になる・・・。クマができる原因と簡単に解消する方法

睡眠不足などが原因で起こってしまう目のクマ。
そんなクマを簡単に解消する方法を紹介します。

化粧でも隠すのが難しい、目の下のクマ。
睡眠不足やストレスなどの原因がクマの原因だと思われがちですが、実はクマには3つの種類があるんです。

今回はそんな3種類のタイプ毎のクマが出来る原因と、簡単に解消する方法を紹介しちゃいます。

クマの原因や種類

目の下のクマって気になりますよね。

クマは睡眠不足や疲労、ストレスによる鬱血などが原因で血液が黒ずんでしまったり、皮膚にメラニン色素が沈着してしまいできてしまいます。
そんなクマは、大きく分けて3種類あるんです。

それぞれの特徴を見てみましょう。

青クマ

青クマとは、目の下の滞った血液が透けて青くみえてしまうものです。
血行不良や寝不足、ストレスなどが原因で青クマになってしまいます。

また、女性に多い冷え性も原因の一つです。

目尻の皮膚を横に引っ張ることで、目のクマが薄くなるのが青クマです。

黒クマ

黒クマになってしまう原因の一つは、下まぶたのたるみが影になってしまうことです。
また、老化による皮膚の小じわやたるみも黒クマになってしまうかも。

20代後半から徐々に目立ってくるようになります。

黒クマは、顔を上に向けると薄くなるので、顔を天井の方に向けてみて鏡などでチェックしてみましょう。

茶クマ

茶クマは目の下のくすみやシミなどが集まって、クマのように見えてしまうクマです。

目をこすってしまう癖や湿疹などが原因でなってしまいます。
目尻の皮膚を横に引っ張っても、顔を上に向けても薄くならないのが茶クマの特徴です。

目をこする癖がある人は注意しましょう。

青クマの解消方法

青クマは血行不良などで起こってしまうので、血行をよくすることが大事です。

蒸しタオル

青クマを解消する方法の1つに蒸しタオルを使用する方法があります。

朝の洗顔後に、目の周りを蒸しタオルで温めてから水で濡らしたタオルで冷やすことを2、3回ほど繰り返すのが効果的です。
眼精疲労の改善にも効果が期待できちゃいます。

また、マッサージやツボ押し、冷え対策に入浴などもオススメです。

黒クマの解消方法

黒クマはコラーゲンが減って皮膚が薄くなり、下がってくるのが原因のため、エイジングケアが何より効果的です。

エイジングケア

目の周りはもともと薄いのですが、加齢と共に下がってきてしまうんです。
そのため肌のハリやキープなどに欠かせない「コラーゲン繊維」や「エラスチン繊維」を取り入れることが効果的◎

特にオススメの成分はレチノールやナイアシンです。
レチノールにはコラーゲンを増やす作用、ナイアシンには抗酸化作用やコラーゲンを増やす効果も期待できちゃいます。

足を温める

黒クマはむくみが原因になってしまうこともあるため、滞ってる血液を良くすることもオススメです。

40度くらいのお湯に足を入れて温めましょう。
また、血行が良くなると肌の透明感やツヤにも繋がります。

茶クマの解消方法

目の周りの色素沈着などが原因で起こってしまう茶クマ。
そのため、大事なのは紫外線を防ぐことです。

紫外線防止

紫外線を浴びるとメラニン色素が増え、そのまま色素沈着をしてしまいます。
メラニン発生の根本を防ぐことで、茶クマの解消に効果的です。

日焼け止めはもちろん、ファンデーションやサングラスで紫外線対策をしましょう。

目元を刺激しない

洗顔やクレンジングでゴシゴシしてしまうのも、茶クマになってしまう原因の一つです。
ついつい目をかいてしまう癖のある人やゴシゴシこすってしまう人は、控えるようにしましょう。

また、洗浄力が強すぎて角質が落ちてしまうとメラニンが増えてしまうこともあります。
そのため優しく洗顔やクレンジングをすることが大事です。


 

以上、クマができる原因と解消する方法について紹介しました。

まずは自分がどのようなクマの種類なのかを知り、タイプ毎の解消方法を実践することが重要です。
今回紹介した方法を上手に生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!目に関する記事

目のむくみを解消したい!むくみの6つの原因と解消法とは?

まつげは女性の命!まつげが抜ける原因と伸ばす方法は?


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード