ダイエットの効果を倍増させよう!ダイエットに筋トレを取り入れるメリットや効果

筋トレと聞くと、筋肉がムキムキになってしまうイメージを持っている人もいるのではないでしょうか。
しかし、ダイエットにこそオススメしたいのが筋トレなんです。

ダイエットのために、ウォーキングなどの有酸素運動を取り入れている人も多いと思います。
しかし、なかなか効果が出ないと悩んでいる人にオススメしたいのが筋トレです。

今回は、筋トレにどのようなメリットや効果があるのか紹介します。

ダイエットに筋トレは効果的?

筋トレをすると筋肉がムキムキになってしまう、といったイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
しかし、実は筋トレのほうが効率よく痩せれると言われています。

ダイエットに筋トレを取り入れるメリットや効果をみてみましょう。

ダイエットに筋トレを取り入れるメリット

短時間でカロリー消費ができる

有酸素運動というのは、ウォーキングやスイミング、ジョギングなどのことです。
それに対し、筋トレは酸素を必要としないので、無酸素運動と呼ばれています。

1回あたりのダイエットに適切な運動カロリーを消費する時間は、有酸素運動は筋トレの3倍と言われています。
そのため、筋トレのほうが短時間で効果が発揮できるんです。

リバウンドしにくくなる

過度な食事制限で痩せた場合、ダイエットに成功したとしても食事を戻してしまえばリバウンドしてしまいます。
ですが、筋トレは筋肉量を増やし代謝を上げることができるので、リバウンドを気にする必要はありません。

週に1回30分のトレーニングを継続して行えば筋肉を維持することができます。

寝ている間もカロリー消費できる

有酸素運動は運動をしていないときは、カロリーの消費はされません。
しかし、筋トレをすることで筋肉が増えれば、基礎代謝が増えるので自然にダイエットができちゃうんです。

また、筋トレをしたあとは筋肉痛などになることもあるでしょう。
その筋肉痛を回復させるために、運動をしていない時や寝ている時でもカロリー消費し続けるんです。

筋トレのダイエット効果

メリットがわかったところで、ダイエット効果もみてみましょう。

太りにくいカラダに繋がる

基礎代謝は1日の消費カロリーの6〜7割を占めています。
そのため、基礎代謝が高い人は痩せやすい人ということになります。

この基礎代謝の中に含まれる筋肉によるエネルギー消費量は3〜4割ほどです。
消費エネルギーを増やすためには、筋肉量を増やすことが近道。
つまり、筋トレをして筋肉量が増えることで、エネルギーの消費量が増えていきます。

筋トレのあとに有酸素運動で脂肪燃焼

筋トレには基礎代謝を上げるだけでなく、有酸素運動による脂肪燃焼を助ける効果もあります。

有酸素運動を行うと糖質と脂質がエネルギーとして使われます。
まず糖質が消費されていき、そのあとに内臓脂肪や脂質が分解されエネルギーとして消費されていくんです。

しかし、筋トレで筋肉を刺激することで交感神経が活性化。
活性化した交感神経はアドレナリンや成長ホルモンといった、脂肪分解をするホルモンを分泌してくれるんです。
そのため、筋トレをしたあとに有酸素運動を行うことでさらにダイエット効果を期待できちゃいます。

美しいカラダに

キュッと引き締まったお尻やくびれたお腹周りは魅力的ですよね。
いくら体重が軽くても細すぎたり、お尻がたるんでしまっていては、意味がありません。

そのため、ただ単に体重を落とすだけでなく筋肉をつけながらダイエットをすることで、美ボディに繋がるんです。

筋トレは毎日やってもいいの?

痩せるためにストイックに毎日筋トレをしよう!と思っている人もいると思います。
しかし、筋トレにも休息は必要です。

休んでいる間には超回復と呼ばれる修復活動が行われ、傷ついた筋肉を回復させます。
そのため、毎日同じ部位をやってしまっても疲労が蓄積され、うまく効果がでないことも。

同じ部位の筋トレは2〜3日の感覚を空けて行うことが重要です。


 

以上、ダイエットに筋トレを取り入れるメリットや効果について紹介しました。

体重の増減も大事ですが、見た目もそれ以上に大事です。
ダイエットに筋トレを取り入れることで、健康的に美しく痩せることができます。

是非ダイエットのプランに筋トレを取り入れてみてはいかがでしょうか。

合わせて読みたい!筋肉に関する記事

ヨガでしなやかな筋肉をつける!体幹を鍛えるチャレンジポーズヨガ3選

美容にもダイエットにも♪女性にプロテインをオススメしたい理由


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード