あなたは大丈夫?舌でわかる自分の健康状態

自分の舌をじっくりと観察したことがありますか?
実は、舌の状態を見るだけで健康チェックができちゃうんです。

普段じっくり舌をみることってありますか?
舌は内臓の鏡と呼ばれており、舌の状態で自分の健康状態がチェックできるんです。

今回はそんな舌に注目し、舌の状態でみる自分の健康状態について紹介しちゃいます。
上手に健康管理しましょう。

舌で健康チェック?

舌はその人の体調や体質、内臓の状態を映し出す鏡と言われています。
東洋医学では、舌診とも呼ばれており、ストレスなどの原因など精神的なものまで舌の状態に現れると言われているんです。

日々状態が変化していく舌をみて、自分の健康状態を確かめてみてください。

舌の形でわかる健康状態

舌といっても色々な形や色がありますよね。
まずは舌の形で健康状態をチェックしてみましょう。

歯型がついている

自分の舌に歯型がついてしまっている、なんてことはありませんか?
歯型がついてしまっているということは、カラダの水分代謝が低下し、舌がむくんでしまっているかも。

舌のむくみの原因は、胃腸が弱っていることが多いのですが、水分の排泄器官でもある腎臓が弱っている可能性もあります。

亀裂がある

次に亀裂が入っているかチェックしてみましょう。
舌の中心を通る正中線というものがありますが、これは健康な人にもあるためチェックしたいポイントは、正中線以外の亀裂です。

亀裂がある場合は、血虚といって栄養不良の状態を示しています。

赤い点がある

舌に赤い点々がある場合は、不安神経症や不眠症などの精神的な疾患によるものです。

また、自律神経失調症や更年期障害でもこのような舌になってしまいます。
生活環境の改善やストレスの解消をするようにしましょう。

舌の色で見る健康状態

舌の形をみたところで、次は舌の色をみてみましょう。
舌は血液が集まっているところなので、血液の状態により色が変化していきます。

赤色

ピンクっぽくなく、色が全体的に赤色になっている人は水分やビタミンが不足していたり、胃が弱っている時にみられる症状です。

脱水症状のような状態になっており、カラダを冷やすことができなくなっているかもしれません。
また、単にストレスによって赤色になるケースもあります。

食事の栄養バランスなどを見直してみましょう。

白色

白さが目立っているなら、カラダが冷えてしまっている証拠です。
手足の冷えや貧血、下痢傾向の人によく見られます。

カラダの栄養が不足していて、疲れやストレスが溜まっている場合もあるので、栄養がある食べ物や運動、睡眠などをしっかり摂るようにしましょう。
また、女性の場合は冷え性が多いため、半身浴等でリラックスしてカラダを温めると良いでしょう。

黄色

舌が黄色になっている場合は、体力の低下や感染症、炎症を起こしている可能性があります。
また熱が高まり、水分の循環が悪くなってしまっている原因もあるので、水を多く飲むことで体内の細菌や老廃物を排出し、熱を下げることが効果的です。

甘いものや脂分の多いものを控え、消化の良いものを食べるようにしましょう。

黒色

舌が黒色になってしまっている場合は、極端なカラダの冷えなどが考えられます。

長期間にわたりカラダが冷えてしまっているため、慢性的な腰痛や肩こり、頭痛、下痢などに注意が必要です。
カラダの冷えを改善すると症状が和らぐ効果があります。

日常的にカラダを温めたり、冷たいものを避けることはもちろん、しっかり睡眠をとるようにしたり、消化の良いものを食べるように心がけましょう。


 

以上、舌の状態でわかる健康状態について紹介しました。

日常的に舌の状態をチェックしている人は、少ないかもしれませんが、是非一度チェックしてみてはいかがでしょうか。
また、色の濃い飲食物を口にしたあとに見ると、本来の色とは違うものになってしまうので舌診をする際は、飲食を避けるようにしましょう。

合わせて読みたい!健康に関する記事

なんだか体調が悪い・・・それ首こりが原因かも?首こり解消方法やストレッチの紹介

日々の疲れを取りましょう♡疲労を回復する方法とオススメストレッチ3選


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード