頑張ってるのに・・・。痩せない人に見てもらいたいお腹の脂肪が落ちない原因

ダイエットを頑張っていても、なかなか落ちないお腹のお肉。
もしかしたら原因は生活習慣にあるのかもしれません。
今回はお腹の脂肪が落ちない原因について紹介します。

気になるお腹のお肉。
努力はしているつもりだけど、なかなか思ったように痩せないとお悩みの人もいるのではないでしょうか。

お腹の脂肪が落ちないのには、どういった原因があるのか紹介します。
原因を知ってポッコリお腹を解消しちゃいましょう。

お腹の脂肪が落ちない

スッキリしたお腹周りって憧れますよね。
お腹のお肉を落とすために、食事制限や筋トレなどを頑張っている人も多いと思います。

しかしどれだけ頑張っていても、お腹の脂肪が落ちないという人は、もしかしたら生活習慣に原因があるかもしれません。

お腹に脂肪がつきやすい原因

お腹はカラダの中でも脂肪がつきやすい部位です。
では、なぜ脂肪がつきやすいのかを紹介します。

臓器が集中している

お腹に脂肪がつきやすい原因の一つに、大切な臓器が集まっているからというものがあります。
特に女性には卵巣や子宮があり、赤ちゃんを守り大切に育てるために腹部に脂肪がつきやすいといわれているんです。

そのため男性よりも女性の方が、お腹周りに皮下脂肪がつきやすいとされています。

動きが少ないため

腹部は手や足に比べて非常に動きが少ないです。
そのため、普段動かさないため筋肉の発達も少なく、筋肉が衰えやすい場所になっています。

特に意識して筋力を付けていかなければ、年齢を重ねていくごとに衰えていき、たるみが目立つようになってしまうんです。

お腹の脂肪が落ちない原因とは?

では、ダイエットをしていてもお腹の脂肪がなかなか落ちにくい原因をみてみましょう。

脂質を全て抜いている

ダイエットをしていると抜きがちな脂質。
しかし、健康的な脂質を含む食べ物まで抜いていませんか?
それだとかえって太ってしまう原因にもなってしまうんです。

1日の目安として1,600kcal程度の食事に一価不飽和脂肪酸を取り入れると、脂肪が減りやすくなると言われています。

便秘

見た目は普通なのに、お腹周りがぽっこりしている。
そんな時は便秘の可能性があります。
便意を我慢していると直腸と肛門の働きが低下し、気付けば重症の便秘になっているということも。

便秘解消には、やっぱり食物繊維を摂ることがオススメです。
海藻類や果物、野菜類などといった食物繊維を多く含んでいる食べ物を摂るようにしましょう。

ストレスを溜めている

ストレスを解消するのってなかなか難しいですよね。
しかし、ストレスもお腹に脂肪が溜まってしまう大きな原因となってしまいます。

人がストレスを感じた際にコルチゾールというホルモンが分泌されます。
これは脂肪を溜めやすい働きや食欲抑制ホルモンのレプチンの分泌量を減少させるんです。
そうすると、過食してしまったり、お腹に脂肪を溜めてポッコリお腹の原因になってしまいます。

睡眠不足

美容や健康に大切な睡眠。

そんな睡眠ですが、不足してしまうと食欲を抑えるレプチンが減少してしまうんです。
さらに逆に食欲が増すグレリンが増えると言われています。

また寝ている間に分泌されるコルチゾールというホルモンも、睡眠不足だと分泌されにくくなり、脂肪が燃える機会も失われてしまうんです。

ダイエットサプリの過剰摂取

ダイエットサプリは、糖質や脂質の吸収を穏やかにしてくれる効果があります。

しかしものすごく太っている場合は目に見えて効果は現れますが、ある程度痩せてしまうとその効果は止まってしまいます。
そのためダイエットサプリだけのダイエットをしている場合、お腹の脂肪が落ちない原因になっているかもしれません。


 

以上、お腹の脂肪が落ちない原因について紹介しました。

カラダの部位の中でもお腹のお肉は気になってしまいますよね。
どれだけ頑張っていても、もしかしたら痩せない原因は生活習慣に潜んでいるかもしれません。
生活習慣を見直しつつ、ダイエットに取り組んでいきましょう。

合わせて読みたい!お腹痩せに関する記事

ぽっこりお腹を引き締める!お腹痩せのための運動とは?

超簡単!お腹を痩せる5つのエクササイズ


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード