あなたは大丈夫?体臭や口臭の原因は間違ったダイエット方法にあるかも

痩せることも大事ですが、臭いも重要なポイントですよね。
もしかしたら、今やっているダイエット方法は臭いの元になっているかもしれません。
今回は体臭や口臭の原因になる間違ったダイエット方法について紹介します。

自分の体臭や口臭は常日頃気をつけていたいところ。
しかし、なかなか自分の体臭などは気づけないことが多いですよね。

そんな自分の臭いの原因は、もしかしたら間違ったダイエット方法にあるかもしれません。
今回はなぜ臭いに繋がるのか紹介します。

間違ったダイエット方法が体臭や口臭に

今の自分を変えるために、すぐに痩せたい!と思っている人は多いはずです。
その思いから間違ったダイエット方法を選択してしまうと、それが原因で体臭や異臭になってしまうかも。

この原因になるダイエット方法が、
・炭水化物抜きダイエット
・極端なカロリー制限
・糖質制限
などのダイエットなんです。

体臭・口臭の原因は糖質?

炭水化物を抜くようなダイエットをしている人もいるのではないでしょうか。
炭水化物は糖質と食物繊維からできています。
この糖質制限のようなダイエットは、すぐに効果が現れることから人気のダイエット方法です。

実はこの糖質を抜いてしまうことが、臭いに繋がってしまうかもしれません。

糖質を抜いてしまうとどうなる?

ダイエットにより糖質を抜いてしまうと、肝臓や筋肉に蓄えてあるグリコーゲンをブドウ糖に変換し、補おうとします。
しかし、それもなくなってしまうと脂肪を分解し、脂肪酸を合成しエネルギーに。

そのエネルギーはケトン体と呼ばれています。

臭いの原因はケトン体から

ケトン体は主にアセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸、アセトンの3つから構成されています。
そして臭いの主な原因になってしまうのが、アセトンなんです。

アセトンは除光液の嫌な臭いの原因にもなっている成分。
想像してみるとどんな臭いかわかりますよね。

臭いがきついので、この物質が体内を血液に乗って巡り巡ると体臭の原因になってしまいます。
また呼気中にも排出されるので、口臭の原因にも繋がってしまうんです。

厄介なのは体臭・口臭に気づかないところ

ケトン体が原因で口臭や体臭のような臭いになってしまうと、厄介なのが気付きにくいところです。
ダイエットを頑張っているために、自分のカラダから臭いを発しているのを気付かなかったり、臭いに慣れてしまいます。
自覚していた頃にはもう手遅れという場合も。

せっかく痩せたとしても臭いが発生していたら、元も子もありませんよね。

ダイエットが原因の体臭・口臭に気づいたらどうする?

体重は順調に減ってきたけど、臭いに気付いてしまった。
そういった場合の対策もあります。

まずは基礎代謝を下げないように有酸素運動をしっかり取り入れることが大事です。
下がってしまった基礎代謝を上げるようにしましょう。

炭水化物を抜かない

炭水化物はタンパク質や脂質と並び、3大栄養素と言われています。

そこで大事なのは、炭水化物を抜くのではなく制限するということです。
まずは不足してしまった栄養をしっかりと食べて補給するようにしましょう。

ケトン体を燃焼させる

ケトン体を燃焼させる上で、筋肉量がとても重要になってきます。

肝臓で生成されるケトン体は、肝臓では燃焼できません。
そこでケトン体を燃焼できる、脳と筋肉が重要になってきます。

できてしまったケトン体をなくすためには、筋肉による燃焼も必要となってくるんです。


 

以上、体臭や口臭の原因になるダイエット方法について紹介しました。

痩せたい思いが強いあまり、もしかしたらそのダイエット方法が臭いの元に繋がっているかもしれません。
せっかくキレイになっても、臭いがしてしまっていたら本末転倒です。
健康のためにも、臭いのためにも過度な食事制限は控えるようにしましょう。

合わせて読みたい!臭いに関する記事

口臭の原因はなに?30代から始める口臭対策

気になる脇汗!原因と抑えるための対策教えます


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード