野菜ジュースはこのタイミングで飲もう!野菜ジュースの効果的な飲み方

野菜不足の味方になってくれる「野菜ジュース」。
もっと効果を高めるために、知っておきたい効果的な飲み方について紹介します。

健康や美容のために、野菜ジュースを摂取しているという人も多いのではないでしょうか。
最近では、色々な味が発売されてますよね。

しかし、そんな野菜ジュースも飲むタイミングを間違えてしまえば逆効果になってしまうことも。
今回は野菜ジュースの効果的な飲み方について紹介します。

野菜ジュースの飲むタイミングあってますか?

健康のために毎日野菜ジュースを飲んでいるという人も多いですよね。

しかし野菜ジュースをなんとなく飲んでいませんか?
野菜ジュースは基本的にいつ飲んでも大丈夫ですが、せっかくなら効果を実感したいですよね。
そんな時大事になってくるのは、飲むタイミングなんです。

効果が期待できる時間帯に飲んで、美容も健康も手に入れちゃいましょう。

ダイエット目的なら朝に野菜ジュースを飲もう

朝食と一緒に野菜ジュースを飲むことも多いですよね。
ダイエットをする目的なら、朝に野菜ジュースを飲むことがオススメです。

朝に摂取したものは、カラダへの浸透率も高く、吸収されやすいんです。
朝食と一緒に摂取することで、代謝と血流が良くなります。
また、デトックス効果も期待できるので、ダイエット効果や美肌にも効果的です。

ダイエット効果をもっと高めるには

もっとダイエット効果を高めたいという人も多いはずです。
そのためには、朝食を野菜ジュースに置き換える方法も効果的◎

朝食以外の食事で置き換えても良いのですが、朝食は次の時間までの時間が短いため空腹を我慢しやすかったり、朝時間がないという人も実践しやすいと思います。
普段の食事よりもカロリーを大幅に抑えることができるので、ダイエットに効果的です。

間食としても野菜ジュースが効果的

間食として野菜ジュースを摂取する場合は、15時ごろがオススメです。

15時といえばお腹が空いてくるおやつの時間ですが、チョコレートなどは眠気や集中力の低下を招くことも。
一方野菜ジュースを飲むことで、脳の栄養源であるブドウ糖を補給できるので、午後も集中力が持続できちゃいます。

15時頃は一番脂肪を溜め込みやすい時間と言われているため、カロリーを気にしている人もこの時間帯が良いでしょう。
間食をしてしまうという人は、是非野菜ジュースに置き換えてみてください。

野菜不足を補うために効果的な飲み方

普段の食事で野菜が不足しているため、野菜ジュースで補っている人もいますよね。
そんな人にオススメしたいのは、食事中に飲むことです。

他の栄養素と一緒に摂取することで、効率よく吸収できます。
1日の野菜摂取量の目安は350gと言われていますが、これだけの量を食べるのは大変なので、野菜ジュースで補いましょう。

また食前に飲むのも良いでしょう。
食前に摂取しておくと、血糖値の上がり幅を穏やかにし、食べ過ぎ防止になります。

野菜ジュースを飲む際の注意点

野菜ジュースは健康・美容の味方になってくれますが、頼りすぎてはいけません。
毎日野菜ジュースを飲んでいるから安心と、食べすぎてしまえば太ってしまいますし、その他の食事を疎かにしてしまえば栄養が不足してしまいます。

野菜ジュースはあくまで補助的な役割なので、しっかりと野菜を摂ることも重要です。


 

以上、野菜ジュースの効果的な飲み方について紹介しました。

野菜ジュースは飲むタイミング次第で、今よりも効果を実感できると思います。
しかし大事なのはそれ以外でもしっかりと野菜を摂取することです。

野菜ジュースを上手に取り入れて、健康体を目指しましょう。

合わせて読みたい!飲み物に関する記事

食前に1杯飲むだけ!今更聞けない豆乳のダイエットの効果がすごい

ダイエット中の飲み物はこれで決まり!おすすめの低カロリードリンクや飲み方を紹介


 

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード