【腸を制する者は美を制す】午後は吸収と消化の時間

腸の消化と吸収を高めるにはどうしたらいいの?腸は午後が消化と吸収の時間。
前回は4時から11時を排泄の時間と捉えて、排泄を促す方法をご紹介しました。今回はその次、12時から19時までの時間の過ごし方についてご紹介したいと思います!前回の記事はこちら:【腸を制する者は美を制す】午前は排泄を促してスッキリ!

前回は4時から11時を排泄の時間と捉えて、排泄を促す方法をご紹介しました。
今回はその次、12時から19時までの時間の過ごし方についてご紹介したいと思います!
腸の「吸収」と「消化」がPoint。
ぜひ毎日の習慣に取り入れてみましょう。

午後は腸の吸収と消化の時間

内臓がフル稼働を始めるのは、起床から約3時間後です。
栄養を吸収する準備が整い、栄養素を効率よく吸収できるので、正午から19時頃までは、食事に適した時間といえます。
また、この時間にきちんと活動をすることで、夜の睡眠を良質なものにすることができます。

水分をしっかりとると腸の吸収に良い!?

午後の時間帯は、こまめに水分補給をしましょう。
といっても、やみくもにガブガブ飲めばいいというわけではありません。

水分を効率よく吸収するためには、同じ量の水分であっても、長い時間をかけてゆっくりととることが大切です。
人間が1度に処理できる水分量は、個人差はありますが200から250mlと言われており、これ以上の水分をとっても排泄されてしまうだけなので、常温の水分を時間をかけてとりましょう。

また、食事の前のコップ一杯の水は、内臓の働きを活性化させます。
栄養吸収率をアップさせ、消化を良くしてくれるので、ダイエットにも効果があります。

オフィスでもできる!適度な運動で腸に刺激

オフィスワークの方は、一日中座った姿勢で過ごすことが多いかと思いますが、このような状態は身体にとっても、腸にとってもよくありません。
意識して身体を動かすようにしましょう。

仕事中にもできる簡単な方法をご紹介します。
・ 机に座っている時でも、適度に伸びをして身体をリラックスさせる
・ トイレなどに行く際に遠回りをするなどしてできるだけ歩くようにする

それ以外にも、移動時間を利用して発汗を伴う有酸素運動ができると理想的です。
通勤時に一駅分歩くなどの工夫をしましょう。

昼食はあっさりしたものを食べて腸を休める

腸のためには、昼食時のお肉は避けましょう。
お肉に含まれるタンパク質や脂質は、腸内フローラの大敵なのです。
これらは悪玉菌の大好物で、腸内で悪玉菌の増殖を促してしまいます。
外食ではなかなか難しい場合には、お弁当を持参するのもいいでしょう。

野菜やナッツ類、雑穀などが善玉菌の好物です。
軽めの昼食をとって、おやつにナッツを食べるなどもいいかもしれませんね。

ストレスを溜めないのが整腸習慣のPoint

ストレスと睡眠には深い関係があり、睡眠と腸内フローラにも深い関係があります。
睡眠の質が悪いと、大腸の機能を悪化させ、腸内フローラに悪影響を及ぼす可能性があるのです。

日々の仕事で疲れていたり、精神的に興奮した状態で眠りにつかないように、ストレスを溜めない工夫をしましょう。
運動以外にも趣味を持って、ストレスを発散し、ONとOFFをうまく切り替えて質の良い睡眠をとるようにしましょう。

腸を整える午後の習慣まとめ

今回は12時から19時の間の、腸のための過ごし方をご紹介しました。

・ こまめに水分をとる
・ 食事前にコップ一杯の水を飲む
・ 昼食にお肉は避ける
・ 仕事中などでもできるだけ身体を動かす
・ ストレスを溜めない

お肉を避けるのは毎日実践するのは難しいと思いますが、無理せずできることから習慣づけていって、腸内フローラを整えましょう!

文: 五十嵐ともこ
【監修】
医師: 澤柳すばる

合わせてやりたい!腸活ダイエットで消化と吸収を高める方法

【腸を制する者は美を制す】午前は排泄を促してスッキリ!

【腸を制する者は美を制す】午前は排泄を促してスッキリ!

腸活レシピでお腹の調子を整える!アボカドディップで腸コンディショニング

腸活レシピでお腹の調子を整える!アボカドディップで腸コンディショニング

【動画】腸コンディショニング!お腹を整える塩麹浅漬けで腸活しよう

腸コン:朝食の新定番!たった3つの食材で腸を整える朝ごはん

腸コン:朝食の新定番!たった3つの食材で腸を整える朝ごはん

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード