いよいよ冬本番! 冷え性対策をおさらいしよう

11月も後半になり、冬本番!冷えが厳しくなってきて、手足が冷えて辛い季節。末端から冷えていくので、簡単にできる冷え性対策の方法を紹介していきます。冷え性の方もそうでない方も、寒さ対策を万全にして、風邪などひかないようにしっかり体調管理をしましょう!
冬本番の、冷え性対策をおさらい!

11月も後半になり、いよいよ寒さが厳しくなってきました。
手足が冷えて辛い季節ですね。

冷え性の方もそうでない方も、寒さ対策を万全にして、風邪などひかないようにしっかり体調管理をしましょう!

なぜ手足が冷えるのか

冷え性の方は、辛い手足の冷えに悩まされていると思います。
なぜ手足がこんなにも冷たくなってしまうのでしょうか。

寒いときには、身体は優先的に体幹=身体の中心を暖めることに体温を使います。
そのため、血流が体幹に集まってしまい、手足の血流が少なくなり冷えるということです。

ということは、体幹を暖めると、結果的に手足も暖まってきます。
今回は、簡単にできる体幹の暖め方をご紹介しましょう。

ホットタオルで腎臓を暖める

腎臓は一旦冷えるとなかなか改善しにくい器官です。
冷えるとむくみが取れなくなったり、血を作る機能に影響が出てしまいます。
腎臓を暖めると、冷え性の他にもダイエットや眼精疲労に効果があります。

では腎臓はどこにあるのでしょうか?
まず腕を後ろに回し、手の甲を背中へあてます。
腕の角度は90度。手の甲があたっている部分が腎臓です。
ウエストの一番細いところで、背骨から指2本文外側に「腎兪(じんゆ)」というツボがありますので、そこをホットタオルで暖めましょう。

ホットタオルの作り方は簡単です。
まずフェイスタオルを水に濡らして絞り、適当な大きさにたたんでジップロックなどに入れましょう。
レンジで2分ほど温めて、さらにその上から乾いたフェイスタオルでビニール袋ごとくるみます。
あとはこれを腎兪に当てるだけ。

ホットタオルの用意ができない方や、外出先などで冷えを感じたときは、さするだけでも効果がありますので、ぜひ実践してみてください。

湯たんぽで体幹を暖める

手足が冷えてなかなか眠れないという経験、ありますよね。
寝るときの寒さ対策も大切です。
湯たんぽを上手に使いましょう。

湯たんぽはよく足元に入れるものと思われていますが、効果的な使い方は、お腹やお尻、太ももの前面など、体幹に近い場所を暖めることです。
先ほどご紹介した通り、寒さを感じたとき、身体は優先的に体幹を暖めようとしますので、体幹を暖めて手足も暖めましょう。

熱さを少し感じたら、湯たんぽを移動させて身体から離し、それでも熱ければ布団の外に押し出しましょう。
このとき、汗をかかないようにすることがポイントです。
汗をかくと逆に身体が冷えてしまいますので、汗をかく前に移動させることを心がけましょう。

冷え性対策に身体を動かそう

冷え性の方は、しっかりと身体を動かして基礎代謝を上げることも大切です。

寒くなるとどうしても猫背になったり、身体の動きが小さくなってしまいます。
これは自然なことで、身体を小さく動かした方が、熱が逃げずに効率がよいのです。
そうなると、腰痛、肩や首のコリの原因となってしまいます。

また、冬は皮膚が乾燥するため、筋肉の動きが悪くなり、血液がドロドロしてしまうのです。
血行を促進させるためにも、身体を動かすことが必要です。
身体を動かすとすぐに暖まりますし、ダイエット効果なども期待できて一石二鳥ですね!

座ったままできる簡単タオル体操

まず、身体を左右連動させて動かし、理想的な姿勢を楽にとれる簡単なタオル体操をご紹介します。

腰痛対策:足を柔らかくする
足に柔軟性があると、腰痛対策になります。
床にフェイスタオルを敷いて、端から足の指をナメクジのように動かして、タオルをたぐり寄せます。
反対側に座り、同じ動きを繰り返して、反対側までタオルをたぐり寄せましょう。腰痛対策:骨盤を立てる
タオルを腰に巻きつけ、両手でタオルを前に引っ張ります。
このとき、骨盤が垂直より少し前に入るようにすることがポイント。
この状態をキープしたまま、深呼吸を続けましょう。首コリ肩コリ対策:肩と腕を回す
タオルを両手でもち、手を上へ上げてひじを伸ばします。
肩甲骨が動いていることを意識しながら、頭よりやや後ろで腕を回しましょう。
左右5回ずつ行い、回している間もひじはまっすぐの状態を保ちましょう。

足つぼマッサージで冷え性、風邪対策

冷え性に効くヨガ

冷え性の方におすすめのヨガをご紹介します。
基礎代謝を上げることは健康の基本ですので、ぜひ実践してみてください。

冷え性さん必見!基礎代謝を上げる方法

外に出るときも身体を冷やさないように

とにかく冬の寒さ対策には重ね着がポイントです。
空気の層をつくることで、暖かくなります。

最近はヒートテックなど薄くて暖かい衣類が充実していますので、下着を重ねたり、ダウンの下に薄手のダウンを着込むなど、何枚も重ねて冬の寒さを乗り切りましょう。
寒さに応じて重ね着をして、寒さの厳しい日は帽子をかぶって、脳を寒さから守りましょう。

冷え性対策のまとめ

今回は冷え性の対策をご紹介しました。
冷え性対策には

・ ホットタオルで腎臓を暖める
・ 寝るときは湯たんぽで体幹を暖める
・ 身体を動かして血行を良くする
・ 外出時は重ね着や帽子で寒さ対策をする

がポイントです。

しっかりと対策をして、厳しい冬を乗り越えましょう!

文:五十嵐ともこ

【監修】
医師: 澤柳すばる

冷え性さん必見!代謝を上げる方法

【動画】冬の冷え性に!椅子のポーズで代謝をアップ!

ダイエットに必要不可欠な代謝を上げる方法とは?

ダイエットに必要不可欠な代謝を上げる方法とは?

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード