今年は健康に過ごす!健康の7つの簡単習慣

健康のためにどんな生活を送ったらいいかわからない。どうしたら健康になれるかわからない。
そんなあなたのために健康に過ごしていくために、健康習慣の7つのヒントを紹介。
どう過ごすか、自分にあったものからまずは取り入れることが大事です。健康習慣は継続が大事です。
日々の習慣に取り入れて、健康になりましょう。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします!
今年からも健康に過ごしていくために、健康習慣の7つのヒントを紹介。
朝起きてから、どう過ごすか、自分にあったものからまずは取り入れることが大事です。
日々の習慣に取り入れて、健康になりましょう。

健康に過ごすための習慣1. 心を落ち着かせる

精神統一で心を落ち着かせる方法

精神統一の深呼吸の仕方

精神統一の深呼吸の健康効果

深くリラックスしていくことができるのが精神統一の呼吸。
背中を緩めて胸を開くことで、心も開放的になります。
気持ちよく伸びたり、深く呼吸することで、副交感神経も優位になります。

心を落ち着かせる健康メリット

人間には「自律神経」があり、交感神経と副交感神経に分かれています。
この2つのバランスが崩れると健康にはデメリットがたくさん。
動画での紹介は「不眠」だけですが、集中力や食欲、体が重くなったり、イライラがたまったり。
1日に1度、自分の心と向き合い、ゆっくりする時間帯を作ってあげてください。

健康の基本!自律神経についてはこちら

【健康の基本のキ】自律神経って?「これだけ抑えておけばダイエットにも!?」

健康に過ごすための習慣2. 朝食をしっかり食べよう

朝食を食べる健康メリット

「カラダのリズムを作ってあげる」これこそが朝食の目的です。
1日3食が正しい、というわけではなく、人それぞれの合う合わないはありますが、カラダのリズムを作ってあげるためにも朝食を食べることを習慣にすることをオススメします。
また、午前の活動のためのエネルギーとしても摂取しておくのがベターですね。

忙しいあなたのおすすめ朝食習慣

とは言っても、忙しくてそんなことできない!
そんなあなたのために、簡単朝食を紹介。

フルーツだけの朝食

フルーツだけの朝食は簡単でオススメです。
お腹にもたまりやすくて簡単なのは「バナナ」と「キウイ」や「オレンジ」。
用意が簡単で、美味しいですよね。
一般的に冬は身体を冷やさないことがベターなので、白湯と一緒に食べることをオススメします。

簡単野菜で目覚めよう

目覚めを良くする朝のルーティーン!おすすめ朝食レシピはこちら

健康に過ごすための習慣3. 日中は日光を浴びる

日光を浴びる健康メリット

日光を浴びると、ポカポカして気持ちいいですよね。
できるだけ外に出たり窓を開けて日光を浴びるのはおすすめ。
これは日光を浴びると「セロトニン」が分泌され、精神を安定させてくれるからなんです。
予定がない時も、散歩などをして日光を浴びていきましょう。

健康に過ごすための習慣4. 運動をする

運動は健康にとっても大事な要素

運動は健康生活において、とっても大事なことです。
生活習慣病や高血圧、肥満、筋力の維持、血の巡りを良くする、ストレス発散などに繋がります。
Lilyでもこれまでたくさんの動画を配信してきましたので、ぜひ動画を見ながらエクササイズしていきましょう。

自宅でできるヨガ10選

【ヨガ初心者必見!】初めての方でもできる簡単ヨガ10選

お腹を痩せる方法:簡単!お腹痩せのダイエット7選

お腹を痩せる方法:簡単!お腹痩せのダイエット7選

「歩く」ことも大切

実は、歩くことも健康において大事!
歩くことで得られるメリットはたくさんあることご存知ですか?

・カラダのリズムを作り出す → 睡眠や精神統一に
・脚やせダイエット → 脚の筋力をしっかりつける
・バランス感覚の増強 → 転倒や老化を防ぐ
・血液循環を良くする → 老化防止、冷えの解消

健康に過ごすための習慣5. 内臓に気を遣う

腸を整えて健康に!セルフチネイザンのやり方と効果

セルフチネイザンのやり方

セルフチネイザンの効果

腸は第二の脳。
ストレスを感じやすく、変化が起こりやすい部分ですよね。
お腹の「凝り」を感じたことはあるでしょうか?
実はこれが身体の調子を表していたりするんです。
セルフチネイザンでは身体の状態を「知る」ということ、それから「腸をもんで蠕動運動を促す」という2つのメリットがあります。
ぜひ動画を見ながらやってみてください。

腸を整えるご飯

腸を整える「ミネストローネ」

腸に良い食事!腸を整えるレシピの作り方

腸を整える「アボカドディップ」

腸活レシピでお腹の調子を整える!アボカドディップで腸コンディショニング

健康に過ごすための習慣6. お風呂に入る

お風呂の健康効果

入浴の効果はやはり「身体を温める」ということ。
身体を温めることで、血流が良くなっていきます。
「温浴効果」や「水圧効果」と言われていますが、血の流れが良くなり全身に行き届いてくれます。
そして何といってもリラックス。
身体をゆったりとリラックスさせて、副交感神経を優位にしてあげましょう。

お風呂でさらにダイエットする方法

お風呂で簡単ダイエット!「お風呂で痩せれるって本当?!」やり方と効果を解説

お風呂で簡単ダイエット!「お風呂で痩せれるって本当?!」やり方と効果を解説

健康に過ごすための習慣7. 睡眠効率をあげる

睡眠の話だと、良く出てくるのは「睡眠時間」ですが、大事なのは「睡眠効率」です。
睡眠効率とは睡眠時間のうち、実際に眠っている時間が何%なのかという指標で、「入眠してから時間が85−95%程度」が理想的です。
つまり、8時間寝るとしたら7時間程度が実際に寝れていれば合格ライン。
適切な時間は人それぞれ。
眠くなったら寝る、起きたくなったら起きる、で効率的な睡眠を心がけられるようにしましょう。

 


以上、健康のための7つの習慣をみていきました。
まとめると、、、

1. 心を落ち着かせるために、深い呼吸をする
2. 朝食をしっかり食べる
3. 日光を浴びる
4. 運動やウォーキングをできれば毎日
5. 内臓を大事にする習慣とご飯
6. お風呂に入る
7. 睡眠効率をあげる

その他、健康のためにできること、今年から始めてみましょう。

【監修】

ヨガインストラクター:高西由貴子
管理栄養士:藤原真寿美
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

合わせて読みたい!健康のための記事

姿勢の悪い5つのタイプと姿勢を良くする運動のやり方

姿勢の悪い5つのタイプと姿勢を良くする運動のやり方

【肩こりの原因と解消の方法】簡単肩こり解消!くるみ割りエクサ

【肩こりの原因と解消の方法】簡単肩こり解消!くるみ割りエクサ

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード