超簡単!ひどい肩こりに効果的なストレッチ3選

ひどい肩こり、悩む前にまずは行動!
肩こりのタイプと効果的な簡単ストレッチを紹介!
年が明けて、寒い今日この頃。年始から仕事や家事にと頑張りすぎてませんか?
カラダをしっかりいたわってあげることも大切。肩と背骨、股関節の重要ポイントを癒す、簡単ストレッチを紹介!
3つのストレッチでしっかり肩を解放してあげましょう。

年が明けて、そろそろ休暇モードも終わり、頑張りすぎてませんか?
カラダをしっかりいたわってあげることも大切。
肩と背骨、股関節の重要ポイントを癒す、簡単ストレッチを紹介!
3つのストレッチでしっかり肩を解放してあげましょう。

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できる健康のための動画アプリ「Lily」

ひどい肩こりを解消するポイント

肩こりを解消するには、いくつかポイントがあります。
「肩を揉む」のが良いわけではありません。
緊張した肩をどのアプローチで解消するかを見ていきましょう。

1. 姿勢でひどい肩こりに

よくある肩こりはこの姿勢が問題です。
猫背や反り腰で腰や背骨に負担がかかっていると、肩に来てしまいます。
肩こりの本質は「筋肉疲労」なんです。
筋肉の疲労は姿勢の悪い状態で、緊張してしまうことが問題なんです。

では何が原因なのでしょうか?

悪い姿勢 肩こり原因 肩こり対策
仕事1 前かがみで仕事 猫背にならないよう注意
仕事2 目とPCの距離が近い PC画面は50cm程度話す
仕事3 首が下がっている PCは目線の少し下くらい
仕事3 首が下がっている PCは目線の少し下くらい
睡眠 枕が合わない
枕が高い
枕の選び方はこちら
https://lily.media/archives/4630/
スマホ スマホの見過ぎ 首を下げない

2. 病気からくる肩こり

このパターンが思い当たる人はすぐに病院へ。
頭痛がする、耳鳴りがする、片側の肩こり、動悸やめまいなどなど、併発している場合は危険。
自律神経失調や場合によってはガンのリスクなどもあることも。
異常を感じた場合、早めに病院にいくことをおすすめします。

3. ストレスからくるひどい肩こり

実はストレスも肩こりと関係していきます。
ポイントは「自立神経」
自律神経が乱れると、血の流れが悪くなります。
肩周りの血の流れが悪くなってしまい、肩こりになることも。。。
自律神経について詳しく知りたい方はこちらも合わせてみましょう、

https://lily.media/archives/4060/

4. 冷えからくる肩こり

前のと関係しますが、肩周りは冷やさないようにしましょう。
冷えからひどい肩こりに発展することもあります。
お風呂に浸かることがおすすめ。

5. 眼精疲労からくるひどい肩こり

パソコンやゲーム、スマホのいじりすぎは肩こりに影響を与える場合があります。
目が疲れてくると、姿勢が悪くなったり、自律神経が乱れたり。
これによって眼精疲労から肩こりになってしまうのです。

ひどい肩こりを解消する方法1. ショルダーアウトサイド

肩こりを解消する方法「ショルダーアウトサイド」のやり方

「ショルダーアウトサイド」の肩こり解消の効果

ショルダーアウトサイドのポイントは背骨を動かすこと。
背骨からも肩こりはやってきます。
柔軟に背骨を動かすことと、肩をしっかり動かすことを意識しましょう。
特に肩は肩甲骨同士の間を広げていくイメージで。

ひどい肩こりを解消する方法2. 猫の背伸びのポーズ

肩こりを解消する方法「猫の背伸びのポーズ」のやり方

「猫の背伸びのポーズ」の肩こり解消効果

猫の背伸びのポーズは肩の「凝り固まった僧帽筋」をストレッチしていきます。
巻き肩で猫背になっている方は、このアプローチが効果的。
しっかり肩を動かして緊張をほぐしてあげましょう。

ひどい肩こりを解消する方法3. 助太刀ストレッチ

肩こりを解消する方法「助太刀ストレッチ」のやり方

「助太刀ストレッチ」の肩こり解消効果

助太刀ストレッチは背骨から肩を動かしていくアプローチ。
背骨と肩甲骨を捻ってほぐす、ストレッチできるのが特徴です。
呼吸を止めないようにやるのがポイント。
肩から首にかけてが気持ちよく伸びていきます。
また、股関節も気持ちよくストレッチができるのも良いところ。
習慣的にやっていくことをおすすめします。

合わせてやりたい!肩こり解消のヨガ&ピラティス

肩こり腰痛持ちさんにおすすめのヨガ「ゴームカのポーズ」

【肩こりの原因と解消の方法】簡単肩こり解消!くるみ割りエクサ

肩こりを解消したい!ひどい肩こりの時に自宅でできるストレッチ

肩こりを解消したい!ひどい肩こりの時に自宅でできるストレッチ

 


 

以上、肩こり対策の分類とその対策方法を見ていきました。
肩こりはほおっておくとどんどん悪くなってしまいます。
綺麗で、健康になるために、毎日続けて見ましょう。

【監修】
ヨガインストラクター:高西由貴子
ヨガインストラクター:西畑亜美
ヨガインストラクター:yuco
鍼灸師・マッサージ師:山下祐一郎

合わせて読む!猫背は肩こりの原因!猫背解消の方法

猫背のあなたへ!ヨガ:ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ)のやり方と効果

猫背のあなたへ!ヨガ:ラクダのポーズ(ウシュトラ・アーサナ)のやり方と効果

【美人は背中で語る】猫背の原因と猫背対策の方法

【美人は背中で語る】猫背の原因と猫背対策の方法

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の60秒動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード