「寒い…冷え性辛い」冷え性持ちのための寒さ対策8選

いよいよ冬も本格化!どんどん寒くなってきている中で、みなさん体調を崩されていないでしょうか?冷え性は辛いし、寒いし。もういやになってしまいますよね。
ちょっと気分も沈んできたり。。。そんな方も大丈夫です!冬の寒さを乗り越えるには、方法があるんです!
今日は寒さ対策の方法を8つ紹介します。
毎日の習慣で、寒さを吹き飛ばしていきましょう。

いよいよ冬も本格化!
どんどん寒くなってきている中で、みなさん体調を崩されていないでしょうか?冷え性の方には特に辛い季節ですよね。
冬の寒さを乗り越えるには、方法があるんです!
今日は寒さ対策の方法を8つ紹介します。
毎日の習慣で、寒さを吹き飛ばしていきましょう。

冷えチェックをしよう

まずは10個のチェック項目から!
自分の体質をまず知ることが大切です。

冷え度をチェック!










このチェックで3つ以上当てはまる場合、すぐに寒さ対策が必要です。
特に「平熱が35度台」「起きた時に、脇の下より冷たい部分がある」の2つに当てはまる人は注意。
今は風邪をひいてなくても、体調を崩したり、すぐに疲れてしまったり。
対策しっかりやっていきましょう。

1. ストレスを溜めないことが最大の寒さ対策?

どうしてストレスで身体が冷える?

まずは、寒さ対策で最も大切なのは「ストレスを溜めない」ということ。
ストレスがたまると自律神経が乱れてしまいます。
自律神経が乱れることで、筋肉は緊張し血管は収縮。
結果として血の流れが悪くなります。
これによって、体が冷えてしまいます。

ストレス解消で冷え対策の方法

まずはリラックスする

副交感神経を高めてリラックスしてあげることが大事。
ゆったりと、力を抜いてあげましょう。
目を閉じて深呼吸をするのがオススメです。

 

ナッツを食べる

ナッツは実は冷え性に効果的な食べ物。
アンチエイジングに代謝をあげる役割、血の流れをよくしてくれる効果が期待できるんです。
ご飯の間に、ナッツを取り入れるのも良いかもしれません。

2. お風呂に浸かって体を動かす

お風呂に浸かること、お風呂の中で体を動かすのも冷え性対策に。
さらに、血の流れがよくなっているところでストレッチすることで、ストレッチの効果を高めることができます。
まずは、お風呂に浸かるとこから!毎日の習慣にしていきましょう。

お風呂ストレッチのやり方

お風呂ストレッチのやり方

3. 白湯を飲む習慣

冬に冷たい水は、身体を冷やしかねません。
常温か、40度程度の白湯を飲むのがオススメ。
身体をしっかり温めて、しかも胃にも優しいんです。
デトックスと冷えの解決策として、試してみてください。

4. 寝る時は靴下を履かない

足先は冷えがち。
足先をあっためるためにも、靴下を履いている方は多いのではないでしょうか?
靴下を履いて寝ると、確かにあったかいのですが、実はNG。
まずは、靴下を履いていると、自分のモードがオンになってしまう、ということがあります。
寝つきが悪くなる可能性が高くなってしまうんです。
また、二重で履いてしまうと、血の巡りを悪くなってしまうので気をつけましょう。

5. 腹巻き睡眠であったまる

お腹は内臓、特に腸がある大事な場所。
腸は免疫における大事な役割を果たしていますし、お腹を冷やすのは健康の観点でもNG。
お腹を冷やさないように気をつけましょう。

6. 実は下に毛布が大事?

寝るときに、毛布は上に被っているだけでは実はだめ。
下から熱が逃げてしまうんです。
毛布は下と上で2枚が理想的。
熱を逃さず、冷暖房もつけない睡眠をとりたいところですよね。

7. あったかsoupで寒さ対策

あったかsoupはカラダの味方。
でもただあったかいだけではなく、さらに腸に良いとGoodですよね。
ここで紹介するのが、腸に良いミネストローネ。
ぜひ自宅でも試してみてください。

8. 外に出る前にシャワー?

冬の外に出る前に、熱めのシャワーを浴びておくと、体温を保ちやすくなります。
しっかり体は拭くこと、髪もしっかり乾かすことは大切に。
これだけでも十分に寒さ対策になります。
※ 湯冷めしないように、しっかり防寒をしましょう。

番外編:寒い冬、布団から出る方法は?

布団であったまる方法1

布団であったまる方法2

布団であったまる方法3


以上、寒さのチェックと寒さ対策の方法を見ていきました。
寒さ対策は、まずは自分の基礎体温を上げていくことが大事です。
普段から運動を習慣にすれば、ストレス解消にもなりますので、ぜひ以下の記事も実践して見てください。

【監修】
ヨガインストラクター:高西由貴子
ヨガインストラクター:yuco
管理栄養士:藤原真寿美

関連記事:運動習慣で寒さ対策

姿勢の悪い5つのタイプと姿勢を良くする運動のやり方

時短でできる簡単ダイエット!1日ちょっとの時短ダイエットの方法

【肩こりの原因と解消の方法】簡単肩こり解消!くるみ割りエクサ

【本気で太ももを痩せたいあなたへ】開脚とスクワットで太もも痩せ!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード