「冬はやっぱり牡蠣」女性に嬉しい牡蠣の〇〇!栄養と健康効果について

牡蠣は冬になると食べたくなりません?私は、牡蠣鍋派ですが、生牡蠣やカキフライ、牡蠣バターもいいですよね!
牡蠣はとっても健康にも美容にもよくて、世の中全ての女性にオススメしたいのが牡蠣なんです!
今日はそんな美味しい牡蠣の栄養と健康への効果を紹介します。美味しくて健康になりたい人のためのポイントは牡蠣の○○です。月経への効果や貧血、美肌にアンチエイジングなど、牡蠣は女性に嬉しい食材です。ご存知の方も多いかもしれませんが、ぜひ予想してみましょー。

牡蠣は冬になると食べたくなりません?
私は、牡蠣鍋派ですが、生牡蠣やカキフライ、牡蠣バターもいいですよね!
今日はそんな美味しい牡蠣の栄養と健康への効果を紹介します。
美味しくて健康になりたい人のためのポイントは牡蠣の○○です。
ご存知の方も多いかもしれませんが、ぜひ予想してみましょー!

牡蠣の栄養について

牡蠣の旬について

まずは旬について。
牡蠣はやっぱり冬から春が旬です。
これは、牡蠣が夏の産卵に備えるために、身が肥大化していきます。
なので、夏の牡蠣はあっさりしていて、冬はこってりして美味しいんです。
旬は冬ですが、夏に食べてももちろん美味しいですよ。

牡蠣は何と言っても亜鉛

早速、答えを出してしまいました!
正解は「亜鉛」でした。
牡蠣は亜鉛が豊富で、女性のためのスーパーフード。
カロリーも100gあたりで60キロカロリー程度。
とってもオススメなんです!

100gの栄養素 含有量 効果
亜鉛 13.2mg 味覚や免疫
カルシウム 88mg 頭や骨の成長
ビタミンB12 0.141mg 貧血の予防など
ビタミンE 1.2mg 生活習慣病の予防など

大雑把ですが、牡蠣の栄養素はこの辺りが中心です。
それぞれの効能や牡蠣の栄養について詳しくみて行きます。

味覚障害を予防する?

亜鉛と味覚

この効果は意外かもしれませんね。
先ほど、亜鉛が豊富と書きましたが、亜鉛は「味細胞」を作る役割を持っています。
味細胞は新陳代謝が活発なので、どんどん入れ替わります。
牡蠣には亜鉛が多く含まれているので、偏食している方やタバコを吸われている方、その他濃い味のものばかりを食べている方は特に気をつけたいところ。
できるだけ毎日亜鉛を摂取するようにしましょう。

牡蠣以外に亜鉛を多く含む食べ物

牡蠣以外にも亜鉛を多く含む食品はあります。
こちらも合わせて食卓に入れていきましょう。

亜鉛が多い食べ物の例

1. 牡蠣
やっぱり牡蠣が1位です。
ただし燻製のものが最も亜鉛の含有量が多いんです。
生ガキはこれに比べると半分程度です。
 
2. 小麦胚芽
フレークや粉末にして、食材に混ぜられるものです。
生ガキよりも亜鉛がおおいんです!
 
3. 牛や豚の燻製系
ビーフジャーキーなどは特に亜鉛が多く含まれています。
 
4. 肉類
豚レバーや牛肉類は多く含まれていますので、積極的に摂取しましょう。
 
5. 松の実
松の実はあまり馴染みがないかもしれませんが、松ぼっくりの中にある実です。
とても栄養価が高いので、こちらもスーパーフードとされています。

牡蠣の女性に嬉しい健康効果

牡蠣で貧血も予防

牡蠣はビタミンがとっても豊富です。
ビタミンB12と鉄が含まれているので、貧血予防への効果が期待できます。
ホルモンバランスの調整にも良いので、本当に女性に牡蠣がオススメされるのはこれが理由なんです。
綺麗で健康であるために、牡蠣は定期的に食べるのが良いでしょう。

亜鉛で美肌&冷え性にも!

先ほどからなんども出てくる亜鉛。
亜鉛は魔法のような食べ物ですね!
血の流れを良くしてくれたり、免疫機能に作用するので、美肌効果や冷え性にも効果が期待できます。
今の季節は冷え性が辛いので、牡蠣鍋はやっぱり最高!
美味しく、綺麗で健康になれる、牡蠣は女性の味方なんです。

 


 

以上、牡蠣の持つ亜鉛パワーと健康効果、栄養素について解説していきました。
健康面でも、アンチエイジング、美容への効果も期待できます。
冬はやっぱり牡蠣で決まり。
今日の晩御飯から、牡蠣料理を取り入れてみてください。

 

関連記事!女性のための健康レシピをみてみよう

【動画】時短ダイエットレシピ 色々キノコのガーリック炒め

【腸活する方法】腸を整える方法と食事&運動3選

【腸活する方法】腸を整える方法と食事&運動3選

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード