え、早くない?20代のためのエイジングケア「アンチエイジングに早すぎることなんてない。」

まだまだ20代だし、アンチエイジングなんて早い!なんて思っていませんか?
でも、30代になってくると、どんどん身体や肌、髪のコシなどがどんどん気になってきます。
大事なのは「早めの対策」です。
20代のためのエイジングケアの方法を紹介します。
早めの老化対策で、いつまでも、一生美しくあるために。
早すぎることなんてないんです。
今日から簡単エイジングケアを始めてきましょう。

まだまだ20代だし、アンチエイジングなんて早い!なんて思っていませんか?
でも、30代になってくると、どんどん身体や肌、髪のコシなどがどんどん気になってきます。
大事なのは「早めの対策」です。
20代のためのエイジングケアの方法を紹介します。
早めの老化対策で、いつまでも、一生美しくあるために。
今日から簡単エイジングケアを始めてきましょう。

アンチエイジングって何歳から?

まずは、エイジングケアは何歳から始めたらいいのでしょうか?
調査によると、30代から肌のトラブルをやはり感じやすくなります。
20代のうちは比較的エイジングケアはしなくても大丈夫!という方もいますが、30代になって焦ることも多いですよね。
アンチエイジングは「日頃の習慣」がポイント
始めるのに、早すぎることはありません。
自分が気になるポイントで対策をしていきましょう。

【参考】ポーラ文化研究所
【実施概要】調査名 :女性の化粧行動・意識に関する実態調査~
http://www.po-holdings.co.jp/csr/culture/bunken/report/pdf/081104hadanorouka.pdf

人間の身体を知ることこそがエイジングケアに

水にこだわろう

水分を摂取するときに、甘いペットボトルや加工品を飲むのはできるだけ避けたほうがいいことです。
人間の身体の約60%が水と言われていますよね。
加工された飲み物を飲むと、腎臓などに負担をかけたり、血糖値が上がり糖化する結果として肌が老化してしまいます。

腸を大切に

免疫機能を担う、内臓はとても大切にすべきこと。
神経系が多く、腸の負担は老化を早める原因になります。

ストレスを排除する

その意味では、腸への負担がかかりやすいのはストレスです。
また、自律神経も乱れる可能性があります。
ストレスなどが原因で自律神経のバランスが乱れると、
交感神経と副交感神経が、それぞれ働くべき時間にきちんと機能せず、夜眠れなくなってしまったり、日中働きたいのに眠くなってしまったりします。

20代のエイジングケア:お肌編

フルーツで美味しく美肌に

美味しくきれいの秘訣は「フルーツ」です。
フルーツのポイントは酵素。
果物を食べることで、酵素や栄養が摂取できます。
一方で、加工食品の類は、消化酵素を消費させるので、体内の酵素が減少してしまうんです。
ビタミンの摂取、酵素の摂取の2つの観点で、エイジングケアには最適な方法なんです。
バナナや桃、りんごなどは、ビタミンも豊富ですし、簡単にたべれます。
カリウムも含まれているので、むくみにも良いんです。

睡眠不足

睡眠不足は身体を老化させる一番の原因になり得ることです。
アンチエイジングなら、まずはしっかりとした睡眠から始めましょう。
成長ホルモンが新陳代謝や肌の若返りに効果的です。
睡眠記事一覧はこちら:https://lily.media/archives/category/health/sleep/

20代のエイジングケア:体臭編

実はエイジングケアで意外と多いのが「加齢臭」。
年とともに体臭が気になってしまうこともありますよね。
30代後半から40代にかけて、臭いを発しやすくなります。
体に毒素が溜まっているのが原因ですので、しっかり対策していきましょう。

リンパマッサージ

まずは身体の溜まった毒素は流すこと。
オイルを使ったマッサージはとっても肌に良いんです。
首から鎖骨、二の腕、ふくらはぎなど、リンパを流していくことで、体臭を防ぎましょう。

首から鎖骨のリンパマッサージ

頭や首回りは体臭を発しやすい皮脂腺が有るので、入念に。

ふくらはぎのリンパマッサージ

二の腕のリンパマッサージ

二の腕から脇にも皮脂腺が有るので、ここも入念にやりましょう。

食事と体臭

食事で気をつけることは大きく3つです。

1. 動物性の脂質に気をつける
2. 加工食品をできるだけ摂取しない
3. 野菜やフルーツを積極的にとる

動物性の脂質は、皮脂腺に反応して、皮脂を分泌、結果加齢臭を加速させます。
また、加工食品は老廃物がたまりやすくなってしまうので、体臭が残りやすいです。
皆さんも、「ポテトチップス食べた後に体臭がちょっと」という体験ありませんか?
加工食品は体に残りやすいんです。
最後に野菜やフルーツなどの自然な食品を摂取するよう心がけましょう。

20代のエイジングケア:ストレス編

深呼吸でストレス解消

ストレスは副交感神経を高めてあげることで改善できる可能性があります。
緊張状態にある方は、ゆったり呼吸をしてあげましょう。

大豆が大事!

大豆の効果はいくつかありますが悪玉コレステロールを減らしてくれたり、ホルモンバランスを整えるのにも役立ちます。
自律神経に関係するので、メンタルにはGood.
これは「トリプトファン」という成分のためです。
毎日の生活に、大豆や豆腐、豆乳などを取り入れていきましょう。


 

エイジングケアに早すぎることなんてない

以上、アンチエイジングの時期と具体的な方法を紹介しました。
エイジングケアを始めるのに、早すぎることはありません。
自分にあった習慣から、少しづつ取り入れていきましょう。

 

関連記事!アンチエイジング

前屈できない人でもできる!簡単前屈練習のやり方と効果

前屈できない人でもできる!簡単前屈練習のやり方と効果

「笑いながら運動がアンチエイジングに良いらしい」老化は運動で防ぐ!

「笑いながら運動がアンチエイジングに良いらしい」老化は運動で防ぐ!

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード