睡眠は、マットレスが超重要!正しいマットレスの選び方

眠りは健康を左右するとっても大事な活動。
人生の約3分の1を眠るのですから。
正しいマットレスを選択することで、より快適な睡眠を得られます。
睡眠が悪いとストレスの元になってしまうので、「良い環境に越したことはない」ですよね。
睡眠から健康になっていきましょう!
まずは、睡眠環境をしっかり整えるためのマットレスの選び方を紹介します。
正しいマットレスを選び、睡眠の質を向上させていきましょう。

眠りは健康を左右するとっても大事な活動。
人生の約3分の1を眠るのですから。
まずは、睡眠環境をしっかり整えていきましょう。
今日はマットレスの選び方を紹介します。
正しいマットレスを選び、睡眠の質を向上させていきましょう。

睡眠不足チェック表

最初に睡眠不足になっていないかチェックしましょう。
睡眠不足になったときの初期症状としては、こちらが主なところです。

睡眠が不足した時の初期症状でよく出るもの







数が多く当てはまる場合は睡眠不足かもしれません。
人によっては出たり出なかったりですが、まずは自分の状態としっかり向き合いましょう。

睡眠環境の重要性

睡眠と睡眠環境

眠りの環境は睡眠を大きく左右します。
ちゃんと寝ているはずなのに、なんか眠い、疲れが取れない、土日に寝すぎてしまう。
そんなあなたは、睡眠環境が問題かもしれません。
単純な時間はもちろんですが、環境も大事です。

睡眠環境が健康を作る

睡眠環境は健康と大きく関わる大事な活動です。
肥満やダイエット、肌の若々しさ、家事の能率や仕事の効率、整腸、抑うつや疲労回復などなど。
様々な面で睡眠は大事な活動なんです!

マットレス選びのための自己姿勢診断

自分の姿勢を知ることも大切です。
姿勢によってはマットレスの選び方も変わります。
自分がどんな姿勢なのかを知っておきましょう。

睡眠のための正しいマットレスの選び方

正しい姿勢とは?

寝るときの正しい姿勢は「立っている時の姿勢と同じ」です。
綺麗なS字カーブが描ける、適度な硬さと適度な柔らかさ。
固すぎず、柔らかすぎずのちょうどよさです。

横になって寝ている時もこれは同じです。
横になっている時にも沈んでしまうと腰に負担をかけてしまいます。
沈むマットレスは気持ちよくなると思いきや、体にはマイナス。
適度な硬さを大事にしてください。

マットレスの選び方は人それぞれ

実は、正解はないのですが、これは個人差があるからです。
例えば、体重が比較的軽い方は、柔らかいマットレスでも比較的大丈夫ですし、逆の方はヘコみやすくて腰に負担をかけやすくなってしまいますので、硬いマットレスがおすすめです。
また、猫背の方も比較的硬めが良いですし、逆に反り腰の方は比較的柔らかめ、などなど個人差があります。
自分に合ったマットレスを選びましょう。

枕も大事

実は睡眠環境はマットレスだけではダメ。
枕も大事です。

高すぎない枕を

人によって寝やすいポジションはありますが、高すぎる人は比較的多いです。
高い枕を使うと、首に負担がかかります。
高さは自分の軸がまっすぐで、心臓より少し高い位置が理想的。
自分の枕も確認して見てください。
また、横になった時も同様になるように、サイドが少し高くなっている枕の方がベターです。

より詳しく枕の選び方を知りたい方はこちらがおすすめです。
睡眠のための正しい枕の選び方

枕を変えれば眠りが変わる!?自分に合う枕の選び方


良い睡眠の正しいマットレスの選び方のまとめ

良い睡眠は、まずは睡眠環境を整えることから始まります。
正しいマットレスを選択することで、より快適な睡眠を得られます。
睡眠が悪いとストレスの元になってしまうので、「良い環境に越したことはない」ですよね。
睡眠から健康になっていきましょう!

【監修】
医師:澤柳すばる

関連記事:睡眠と腸の関連記事

【必読】そもそも睡眠のもたらす役割とメリットとは

布団に入ったのに眠れない…横になったまますぐにできる簡単入眠法3選!

これで眠れる!本当に睡眠に良い20の習慣

これで眠れる!本当に睡眠に良い20の習慣

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード