今日から始める予防歯科!自宅でできる歯の健康対策

歯の健康、とっても大切。
歯の健康を保つことは、身体の健康を保つこと。
美容にも健康にも大切なことです。
今日は自宅でできる予防歯科のやり方をお伝えします。
虫歯は見た目も美しくないですし、口臭の可能性もありますからね!
綺麗で健康な歯を。
「忙しくてなかなか歯医者に行けない」「自宅でもしっかり歯をケアしたい」
そんなあなたのための予防方法ですので、ぜひ実践してみてください。

歯の健康、とっても大切。
歯の健康を保つことは、身体の健康を保つこと。
美容にも健康にも大切なことです。
今日は自宅でできる予防歯科のやり方をお伝えします。
「忙しくてなかなか歯医者に行けない」「自宅でもしっかり歯をケアしたい」
そんなあなたのための予防方法ですので、ぜひ実践してみてください。

予防歯科の重要性

予防歯科とは

予防歯科とは、虫歯や歯周病を予防するためのものです。
とはいえ、忙しくて歯医者さんにかかることが難しい、という方もいますよね。
そこで今回はセルフでできる予防歯科です。
予防歯科のメリットからまずはお伝えしていきます。

歯を健康に保つメリット

予防歯科のメリットは大きく3つです。

1. 虫歯や歯肉炎、歯周病予防

まずは虫歯や歯肉炎や歯周病です。
虫歯や歯肉炎は習慣が大事。
歯垢をためていると、歯肉炎になりますが、歯垢を取り除くことが歯肉炎の予防につながります。
また、虫歯を予防する意味でも予防歯科をやっていきたいところです。

2. 口臭になりづらい

次に口臭になりづらいということ。
口臭は歯磨きを怠る、歯茎が腫れている、唾液量が減っていることが原因になります。
とにかく、毎日歯をしっかり磨くこと。
それだけでも口臭はある程度防ぐことができます。

3. 病気になりづらい

歯の内部には神経があり、血管があります。
外側はエナメル質と象牙質の二層構造になっており、これが削れたり歯茎が下がることで神経を刺激して、冷たいものが沁みたり、痛みを感じたりします。
そして全身疾患の原因になるというのは、口内細菌が血管に入り込み、全身に影響を及ぼしてしまうからです。

虫歯と歯周病の恐るべきデメリット

食事が辛い

何と言ってもデメリットはご飯が楽しめなくなる事ですよね。
食べるたびに歯が痛んだり、冷たいものが歯にしみたり。
辛い食事になる前に早めの予防をしましょう。

免疫力や病気に悪い

先ほど書いたように、病気へのリスクが高まります。
免疫力が低下したり病気になりやすくなったりします。
健康のリスクは実は歯からも始まってしまうんです。

出産に影響のある可能性

さらには、出産への影響も。
歯周病細菌が口内から胎盤に感染する可能性があります。
思い歯周病になる前に、早めの対策を。

予防歯科の3つのポイント

1. 唾液量を増やす

まずは唾液量を増やす事で、虫歯を防ぐ事。
ストレスが多く、乾燥していることで唾液量が減ってしまいます。
ストレスを軽減するようによく眠ること、乾燥しないように水をよく飲むようにしてください。

2. フッ素ジェル

フッ素ジェルは歯の再石灰化を促し虫歯や歯周病予防に効果が期待できます。
塗ったから大丈夫!というわけではありませんが、自宅でできる予防としては良いでしょう。
洗口剤もありますが、口の中にしっかり残るのでジェルがオススメ。
ジェルを塗った後、30分程度は口に何も入れないようにしてください。

3. 歯をしっかり磨く

これは普通のことですね!
ただ、歯磨きは10分ほど優しく小刻みに行うこと。
歯は16本ありますが、1箇所に対して30回程度、表と裏と上をそれぞれ磨きます。
歯と歯の間や歯と歯茎の境目なども意識しましょう。


以上、自宅でできる予防歯科のやり方とその効果、歯の健康対策のやり方を見ていきました。
歯の健康を守ることは自分を守ることでもありますし、綺麗でいるためにも大事。
虫歯は見た目も美しくないですし、口臭の可能性もありますからね!
綺麗で健康な歯を。
早めの予防と対策をしていきましょう。

【監修】
医師:澤柳すばる

合わせて読みたい!歯の健康・予防対策

え、早くない?20代のためのエイジングケア「アンチエイジングに早すぎることなんてない。」

【歯医者さんに聞く】歯磨きの基本を見直して全身の健康コントロール!

簡単で習慣にできる!本当に美容に良い食べ物4選

唾液で虫歯は防げる!今知りたい「唾液力」と健康効果

Lilyのアプリはこちらからダウンロード

継続できるダイエットのための動画アプリ「Lily」

SNSをフォローして最新情報をGET!

日々健康に気を使っているあなたへ、
SNSをフォローすれば最新の動画を毎日GET!

関連する記事

関連キーワード